トラッキング火災って何?

長期間使用しているコンセントとプラグの間にはホコリがたまってしまいますが、そのたまったホコリが湿気を帯びると通電中の電気により発火しする場合があります。このことを「トラッキング現象」と呼んでおり、「トラッキング現象」が原因となる火災が「トラッキング火災」です。

「トラッキング火災」は、電気製品を使用していなくても、電源がOFFであっても、コンセントにプラグが差さっているだけで発生してしまう、恐ろしい現象です。トラッキング火災は気付かないうちに起きてしまうので、発生した場合には思わぬ被害になることもあります。

つけっ放しのコンセント・電気コードで火災も(10/04/20) - YouTube

出典:YouTube

ほこりのたまったコンセントを放置していると起こりやすくなります。

トラッキングのメカニズム

コンセントとプラグのすき間にホコリが溜まったまま湿気を帯びると、微少電流が流れ、やがて炭化し電気の筋道(トラック)が作られます。その状態で使用を継続するとショートし、発火の原因になります。

プラグに取り付けて隙間にホコリが入ることを防ぐカバー!

プラグに取り付けて、コンセントへ接続するだけのカンタンカバーです。コンセントとプラグの間を塞いで、ホコリが入り込むことを防げます。
長期間コンセントに挿し込むテレビ・パソコンなどの家電製品の接続に便利です。

使っていないコンセントへのホコリの侵入を防止!

電源タップのコンセント内にホコリが侵入していると、いざ使用する際になってトラッキング火災が発生する可能性があります。使っていない場合はカバーを取り付けてホコリが入らないようにしておきましょう。

ごちゃごちゃした配線もスッキリ!トラッキング火災予防にも最適

電源タップ内や、コンセントとプラグの隙間にホコリが侵入しないようにカバーをするのも1つの手です。本製品のようにシンプルなケーブルカバーであれば、リビングなどに置いていても目立たず、部屋の雰囲気を壊すことがありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

地震への対策はできてますか?アイデア満載の耐震グッズ3選。

近い将来起こる可能性が高いといわれている、南海トラフ地震などの大地震に備えるための、家庭・企業用耐震グッズを…

むみょう / 3037 view

Bluetoothが繋がらない!?そんな時に確認すべきポイントiPhone版・スマホ…

Bluetoothが繋がらない、ペアリング出来ない時に確認すべきポイント。iPhone版・スマホ版・PC版

ガジェットメディア編集部 / 507471 view

初めて一眼レフ買ったら絶対必要なアイテム。

データを記録するもの、データを転送するもの、カメラを保護するもの、カメラをクリーニングするもの、の4点からア…

あいみん / 8764 view

スマホやタブレットが取り出しやすい!デジタル対応のビジネスバッグ

スマートフォンならまだしも、タブレットをパンツやジャケット等のポケットに入れて持ち運ぶことはできませんよね。…

pointow / 20786 view

なぜ?パソコンの電源が入らない!そんな時の原因と対処方法はこれだ!

パソコンの電源が入らないときは、電源周りを確認してみましょう。ケーブルやバッテリーを確認することで直ることは…

bontaku / 1762 view

HDMIセレクター(切替器)ってナニ?HDMIスプリッター(分配器)とどう違うの?

見た目はなんだか黒っぽい箱みたいだけど、いざ使ってみるととっても便利!今回は、HDMIセレクターについてご紹…

papilio / 49968 view

そのパソコン待って!友達に譲る前にやるべきこと

PCを友達に譲る時は、しっかりとやるべきことをやってから渡すようにしましょう。今回は、友人にPCを譲る際の注…

mayuripon / 2632 view

名刺を整理したい!便利な名刺用スキャナーの人気商品を比較

名刺交換は社会人の基本です。もらった名刺を皆さんファイリングして管理していますか?今、名刺はデータ化で管理す…

sunsun / 3859 view

ビジネスシーンで大活躍!プロジェクタースクリーンの“持ち運び・モバイルタイプ”おすす…

プロジェクタースクリーンを使ったプレゼンテーションは、大画面で視覚に訴え効果は抜群ですよね。今やビジネスシー…

little flower / 5482 view

知ったかぶりしてませんか?OSってどんな仕事をするの?OSの基本的な役割を学ぼう!

パソコンや携帯の基本となるのがOSですが、そもそもOSとはどんな役割をするものなのか、しっかりと学んでいきま…

mayuripon / 3498 view

関連するキーワード