USB Type-Cとは

USB Type-Cとは、USBの次世代規格「USB 3.1」で制定された新しいコネクタ規格です。
2015年3月に発売されたMacBookにUSB Type-Cポートが搭載され、非常に話題になりました。MacBookを筆頭に、最近ではZenBookやLIFEBOOKなどのノートパソコンや、XperiaなどのスマートフォンもUSB Type-Cに移行してきています。将来的には、USB Type-Cはますます普及し、パソコンやタブレット、スマートフォンなどのコネクタがUSB Type-Cに統一されることで、機能面の大きな向上が期待できます。

上下・左右の区別がない、シンメトリーなデザインのコネクタ

USB Type-Cコネクタは上下左右対称なデザインを採用しています。コネクタの挿し込み口がリバーシブルになり、どちらの向きでも挿し込むことができます。従来のUSB Aコネクタで頻繁に起こっていた、「上下反対向きだったため挿さらない」という問題は、Type-Cコネクタでは起こりません。

ホスト側もデバイス側もType-CコネクタでOK!

従来のUSBコネクタはホスト側がAコネクタ、デバイス側がBコネクタに接続するというルールがありましたが、Type-Cコネクタではホスト側もデバイス側も同じType-Cコネクタを使用することができます。
また、USB Bコネクタについては、通常のBコネクタのほかにミニBコネクタ、マイクロBコネクタなど様々な種類の規格が混在しており、USB搭載機器に合わせて異なるコネクタのケーブルを用意する必要がありました。Type-Cコネクタの場合は、1つのコネクタのみに統一されているので、1本のUSBケーブルだけで全ての機器に接続できます。複数のケーブルを持ち歩く必要がなくなります。

USB Type-CとUSB 3.1はまったく別物

意外と誤解されているケースが多いですが、USB Type-CとUSB 3.1はまったく別物です。

規格が策定された時期が近かったこともあり、コネクタ形状がUSB Type-CであればイコールUSB 3.1だと誤解されている節がありますが、
USB Type-Cはそもそもコネクタの規格なのでここは間違えないように注意しましょう。

そのため、コネクタ形状がUSB Type-Cだからといって最大転送速度は一定ではなく、ケーブル側の規格に依存します。

たとえばUSB 3.1の場合、USB 3.1 Gen 1とGen 2という2種類の規格があり、前者は最大5Gbps、後者は最大10Gbps(いずれも理論値、以下同じ)となります。

気になるのは互換性!これまでのUSBコネクタとの互換性について

USB Type-Cコネクタを持つ機器は、これまでのUSBコネクタを搭載した機器とも問題なく接続することができます。
例えばマイクロUSB BコネクタとUSB Type-Cとの変換ケーブルやアダプタを使えば、マイクロUSB Bコネクタを持った周辺機器やスマートフォン・タブレットなどをUSB Type-C搭載のパソコンなどで使用できます。また、USB AコネクタとType-Cコネクタを両端に持つ変換ケーブルを使えば、Type-Cコネクタを搭載したパソコン本体・タブレット・スマホへのUSB Aコネクタによる充電が可能です。
また、USB Type-CコネクタとUSB Aコネクタが混在するUSBハブを使えば、USB Type-Cポートを塞ぐことなく、以前使用していたマウス・キーボードなどのUSB機器を接続できます。USB Type-CコネクタとUSB Aコネクタのどちらでも使えるフラッシュメモリなど、この他にもいろいろな種類の製品が登場しています。

USB-IFの正規認証ロゴがあれば一定の信頼性が担保されている

USB Type-Cケーブルの中には、パッケージなどで「正規認証品」「規格認証品」をアピールする製品があります。

これは業界団体であるUSB-IF(USB Implementers Forum, Inc.)の認証テストをパスした製品で、その証として5Gbps対応では「Certified SuperSpeed USB」、10Gbps対応では「Certified SuperSpeed+ USB」のロゴの使用が認められています。

 たとえばエレコムの「MPA-CC13A05NBK」(実売価格2,040円)はUSB 3.1 Gen 1対応であることから「SuperSpeed USB」のロゴが、「USB3-CCP05NBK」(実売価格1,417円)はUSB 3.1 Gen 2対応であることから「SuperSpeed+ USB」のロゴが、それぞれ表示されている。これらのロゴが表示されているUSB Type-Cケーブルは、一定の信頼性が担保されていると見なして問題ありません。

ただしあらゆるUSB Type-Cケーブルがこのテストを受けているわけではなく、このロゴがないからといって必ずしも規格に適合していないわけではありません。

また一般的に、正規認証品は取得のコストが原価に上乗せされているため、そうでない製品に比べると割高であることが多いです。

USB Type-Cポート搭載機器について

MacBook Pro・MacBook

現在発売されているMacBook Pro・MacBookは、充電用・外部接続用端子がUSB Type-Cのみに集約されているので、ケーブル1本で充電・データ転送・映像出力が可能です。USB Type-Cコネクタは、従来のUSB 3.0端子より薄く小さいのでMacBook本体もさらに薄型になりました。
より便利に使うにはUSBハブやドッキングステーションを活用しましょう。USBハブは複数のUSB機器を接続でき、USB Aの周辺機器も接続可能です。ドッキングステーションは、MacBookを充電しながら複数のUSB機器を接続できます。USBハブ、HDMI出力、音声出力などの様々なポートを増やせます。

Xperiaなどのスマートフォン・タブレット

MacBookに続き、スマートフォンやタブレットもUSB Type-Cポート搭載の機器が増えてきました。コネクタが上下左右どちらの向きでも挿せるので、頻繁にケーブルを抜き挿しするスマートフォン・タブレットには魅力的なポイントです。
新型Xperiaの場合、充電ケーブルは別売なので新しくUSB Type-Cの充電ケーブルを用意しましょう。お手持ちのマイクロUSBケーブルを使いたい場合は、マイクロUSBコネクタをType-Cコネクタに変換できるアダプタを使えば接続できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

PCあるある問題!HDDが故障してしまうのはなぜ?原因を学び長くPCを使おう!

PCを使い続けていると何かと問題が発生しますが、HDDの故障に悩まされた方も多いのではないでしょうか?ではな…

mayuripon / 3076 view

快適にパソコンを使うには?電源ユニット総出力ワット数の最適値を学ぼう!

どんなに元気な人でも、ずっとフルパワーで頑張り続けたらすぐに疲れてしまいますね。そう、電源ユニットもそれと同…

papilio / 2463 view

ワットメーターつき電源タップで電気をチェックして節約上手に!

「節電しなきゃ」と頭ではわかっていても、いざ実行するとなると意外に大変なものです。でも、現在の消費電力がひと…

papilio / 3510 view

仕事効率は2倍以上?液晶モニターアームを選ぶ時の3つのポイントを解説

一度使うとやめられなくなるマルチディスプレイ。一度に2つ以上のwindowが開けるので、作業効率がぐっとアッ…

mashroomcat / 9160 view

Mac対応おすすめマウスを9つラインナップ!Macでのクリエイティブな作業にこだわり…

Macを快適に使うためには、その周辺機器であるマウス選びがとても重要になってきます。一口にマウスと言ってもそ…

Tokio_03 / 6936 view

パソコンもスッポリ収納!オシャレなビジネスバッグ5選

仕事用の鞄を選ぶ時「パソコンが持ち運びできるかどうか」は重要なポイントですよね。軽くて薄いものならいいなと思…

mashroomcat / 6162 view

お子様の運動会に大活躍!ビデオカメラの液晶モニターにフードをつけて大事な場面を逃さな…

ビデオカメラの活躍の場といえば、真っ先に思い浮かぶのがお子様の運動会の撮影ではないでしょうか。しかし、運動会…

little flower / 14794 view

今さら聞けない?!iPhoneやスマホの液晶保護フィルムにはどんな種類、機能があるの…

iPhoneやスマホの液晶保護フィルムの機能と選び方のご紹介。

あいみん / 8892 view

実はホコリや手あかだらけ?クリーニングクロスやシリコンブラシなど知っておきたいパソコ…

あなたはパソコンの掃除きちんと行っていますか?目に見えなくても実はパソコンはホコリや手垢で汚れているんです!…

sunsun / 5139 view

魔法のオーディオケーブル?iphoneなどの音楽プレイヤーをアンプにつなげて大音量で…

自分の部屋がライブハウスに大変身!?大好きな音楽を大音量で聴けるなんてたまらない…!気になる魔法のオーディオ…

little flower / 6909 view

関連するキーワード

Tokio_03

ガジェット大好きアラサーです。

わりと幅広いガジェットをまとめてみなさんにご紹介できればと考えております。
どうぞよろしくお願いします。

アクセスランキング

人気のある記事ランキング