SIMロック解除で自由度がアップした!

携帯電話の時代から、日本では主に3つの大手通信キャリアが存在していました。最大手はNTTをバックボーンに持つドコモです。そこに割って入るように、auとソフトバンクが激しいシェア争いを繰り広げています。特に、ナンバーポータビリティがスタートして以降、電話番号を変えることなく乗り換えが可能となって、さらに激しい争いが見られます。

それ以上に大きな流れとなるのが、2015年から始まったSIMロック解除の義務化です。従来は、通信キャリアが販売しているスマートフォンには、そのキャリアが提供したSIMカードのみしか使用できませんでした。それを、SIMロック解除の義務化によってSIMカードの入れ替えを自由に行うことができるようにしたのです。

これによって、格安SIM市場が一気に活性化し、今まで通信事業を行っていなかったメーカーなどが、通信事業に乗り出したのです。これにより、価格競争が発生して、通信料もスマートフォン本体の料金も一気に下がってきたのです。ただ、キャリアによってSIMロック解除の方法は微妙に異なるのです。

そこで今回は、各キャリア別にSIMロック解除の方法を紹介します。

ドコモのSIMロック解除方法は?

まだまだシェア的には業界トップのドコモですが、SIMロック解除の方法は大きく分けて義務化以前と以降に販売された機種によって、対応方法は異なります。義務化以前である2011年4月~2015年4月に販売された機種にも、SIMフリー対象機種があります。対象機種であれば、SIMロック解除手数料3,000円を払えば、ドコモショップに持ち込んで対応していただけます。

2015年4月以降に販売されたスマートフォンの場合は、購入から6か月経過している場合には解除が可能です。但し、対象回線におけるSIMロック解除実績があって、かつ前回のSIMロック解除受付から6か月経過しているケースの場合は、すぐに解除が可能となります。

手数料に関しては、現在ドコモ回線の契約がある方の場合、パソコンでの申し込みであれば無料、電話やドコモショップでの申し込みは3,000円かかります。

auのSIMロック解除方法は?

auの場合、ドコモと同様に自社のMVNOを持っているのが特徴です。auの場合でも、自分ではSIMロック解除は行うことができず、auに申込みする必要があります。ただ注意したいのは、対応周波数帯が機種別に異なる点です。auは独自の周波数を使用しているので、仮にSIMロック解除しても実際には使用できない・・・という懸念があります。

その後、SIMロック解除が可能な機種であるかを確認して、SIMロック解除の手続きに入ります。

auの場合、機種購入日から181日目以降の機種でないと解除は行えません。その条件をクリアして、パソコン、スマートフォンからSIMロック解除を申し込むと、手数料無料で行うことができます。一方で、auショップで申し込んだ場合、3,000円の手数料がかかります。au側での処理が完了したら、機種で「SIMカードの状態を更新」を行うことで、すぐに使用することができます。

ソフトバンクのSIMロック解除方法は?

常に新しいことにチャレンジするイメージのあるソフトバンクですが、意外にも自社のMVNOは持っていないので、SIMロック解除の需要が高いのです。そんなソフトバンクの場合、2015年4月迄に発売されたSIMロック解除機能のある機種であれば、すぐに解除が可能ですが、ソフトバンクショップでのみ対応が可能で、手数料が3,000円かかります。

2015年4月以降でSIMロック解除機能のある機種の場合は、My SoftBankから手続きが可能で、その場合手数料はかかりません。ソフトバンクショップでも手続きが可能ですが、手数料がかかりますし、手軽さを考えればMy SoftBankの方がお勧めですね。手続きが完了したら、機種本体側で設定をし直すことで使用することができます。

意外と簡単にできる!

いかがでしたでしょうか?SIMロック解除と言うと、とても複雑で面倒な手続きが必要なイメージがありますよね。ただ実際には、パソコンなどで申し込むだけで完了するケースもあり、実に手軽に実施できるのです。

更には、パソコンなどの申し込みの場合は手数料もかからないので、すぐにでもSIMロック解除したくなりますよね!使用する回線の周波数をしっかり確認して、確実に乗り換えできるように準備することも重要になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

iphoneのiOSの魅力は?意外と知らないiOSの特徴をご紹介!

iOSを使っている方は、iOSの何に惹かれて選んだのでしょうか?今回は、iOSの特徴や魅力についてご紹介しま…

mayuripon / 5120 view

「Qi」って何?新型iPhoneのワイヤレス充電について調べてみた

「Qi」って何なの?新型iPhoneで使用されているワイヤレス充電規格について。

むみょう / 15757 view

実はよくわからない?iCloud バックアップの正しいやり方とは

iPhoneユーザーは「iCloud」というサーバーに自分のデータを預けることができるのをご存知ですか?今回…

sunsun / 6454 view

急に遅くなった?データ通信量制限ってどういう仕組み?

スマホでネットや動画をいっぱい見ていると、月末ごろにデータ通信量制限を越えてしまうことがあります。そうなると…

papilio / 3151 view

iOS10から出現した「ホーム」アイコンの使い方

新しいiPhoneが登場し、それによりバージョンも更新されています。今回は「iOS10」から出現した「ホーム…

sunsun / 2243 view

スマートフォンで大事なアクセサリー!どんなスマホでも対応可能のおしゃれで可愛いマルチ…

スマホを持つ楽しみの一つが可愛いアクセサリー。中でも大事なのはケースです。種類を問わないマルチケースのキュー…

cocotan / 5418 view

面白いほど簡単!ワイヤレス充電&センサー搭載オートホルダーでスマホをスマート着脱

もう手動には戻れない!センサー搭載で自動開閉するギミックが面白い。置くだけワイヤレス充電スマホホルダー

UniqCorp / 51112 view

新発売iPhoneSEって何?今までのiPhoneと比較したメリット・デメリットとは

2016年3月31日(木)に新発売されたiPhoneSE。人気の64Gは在庫切れとなり、今や予約待ちの段階へ…

mashroomcat / 2638 view

イヤホンジャックがないiPhone7に便利なイヤホン5選

従来の有線イヤホンに慣れた人にとって、イヤホンジャックがないiPhone7/Plusの登場は衝撃的だったので…

papilio / 3467 view

便利だけど要注意!ApplePayを定期券として使う方法と注意点

スマートフォンシェア1位のiPhoneで、注目のサービスとしてApplePayがスタートしました。これで、つ…

pointow / 79586 view

関連するキーワード