無線通信規格として進化し続けるBluetooth

2016年12月に新規格が発表された

2016年12月に新規格が発表された

BluetoothはWi-Fiと並ぶ世界的な無線通信規格です。エリクソンやインテル、東芝などが策定し、1999年Bluetooth1.0の提供を皮切りにこれまで4.2までバージョンを発表してきました。

2016年12月にはBluetooth SIG(Bluetooth Special Interest Group)が、「Bluetooth5」を発表し話題を呼んでいます。

今回は、従来のバージョンとはどのような違いがあるのかを調べてみました。

通信速度が2倍、通信範囲が4倍、通信容量が8倍になる見込み

通信速度やキャパシティが改良

通信速度やキャパシティが改良

新規格のBluetooth5では、通信速度が2倍になると発表しています。また、通信範囲がBluetooth4.2に比べ4倍になる見込みです。通信範囲を広げるためのオプションは、Bluetooth4.2では1Mbpsでした。これを500kbps、125kbpsにあえて低下させることで誤差が少なくなり通信できる距離が最大120mに長くなるとされているのです。

通信容量(キャパシティ)は8倍になるとBluetooth SIGは豪語しており、デバイスのloT化の可能性がさらに広がるでしょう。

主な機能の更新には、4倍速、2倍速、および8倍のブロードキャストメッセージ容量が含まれます。より長い範囲は家全体と建物のカバレッジを強化し、より堅牢で信頼性の高い接続を実現します。

ナビゲーションや1対複数の伝送ができるようになる

ひとつのデバイスから複数に伝送

ひとつのデバイスから複数に伝送

Bluetooth5では従来規格から改良した点として、同時に情報を受け取れるようになるということ。メディアファイル、位置情報といった細かなデータをBluetooth5のデバイスから送信され、GPSの届かないエリアまでナビゲーションしてくれるようになります。

もう一点、メッシュ機能が追加されたことも注目すべきでしょう。これまではデバイス間で1対1の通信が一般的でしたが、メッシュ機能により1対複数の伝送が増えるようになるのです。

2017年にBluetooth5搭載のデバイスが発売

次期iPhoneに搭載される可能性が高い

次期iPhoneに搭載される可能性が高い

Bluetooth5を搭載したデバイスはリリースから2〜6ヶ月後に一般消費者が目にするだろうとBluetooth SIGは発表しています。国際的には、Xperia XZ Premiumなどすでに搭載されているスマートフォンも発売中です。

このBluetooth SIGのメンバーにAppleが2015年から加入しており、2017年に発売されるであろうiPhone8にBluetooth5が搭載するのではないかとの噂も広がっています。

Bluetooth5によりワイヤレスで高音質な音楽が楽しめるかもしれませんね。

現在使用中のデバイスは接続できない可能性が高くなる

Bluetooth5規格のレシーバーが必要になることも

Bluetooth5規格のレシーバーが必要になることも

現在、自分が使用しているスマートフォン、iPhone、パソコンがBluetooth5を使えるのか気になるところですが、新規格になるのでおそらく接続できないだろうといわれています。接続できない場合は新たなレシーバーが必要で、Bluetooth5を搭載した外付けタイプのアクセサリーが販売される可能性が高くなります。

しかし一方では、現段階でサポートされているBluetoothの最新バージョンを備えているデバイスは、Bluetooth5にアップグレードできる可能性もあるとされており詳しい情報は入ってきていません。

通信速度やキャパシティが大幅に改善される

今回は、新規格「Bluetooth5」についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

まず、従来規格と違う点は、通信速度が2倍、通信距離が4倍、通信容量が8倍になるということです。Wi-Fiに比べると無線通信規格として距離などがどうしても狭かったので、これは嬉しい改良点ですね。

Bluetooth5を搭載したデバイスはまだ少ないので、使用感などの詳細はまだわかりませんが、とても期待できるのではないでしょうか。

お読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

子どもは使用NGなの?VRの年齢制限について(PSVR・Oculus Rift・HT…

映像の世界はどんどんと進化を遂げており、多くの技術が誕生しています。その中でも、今最も注目されているのがVR…

pointow / 5852 view

ついに来た!Amazon、新Fire TVを国内でも発売開始!

Amazonのリビングルームへの野望は本気であり、メディアレシーバー、Fire TVの第2世代をまもなく発売…

ガジェット王子 ジンパチ / 3482 view

月3000分の電話が無料に!Y!mobile(ワイモバイル)のスマホを賢く使う方法

三大キャリアとまた異なる戦略、プランを打ち出し続けるY!mobile(ワイモバイル)。Y!mobile(ワイ…

hamunida / 1687 view

最近流行りのSFX電源!!売れ筋からSFX電源の特徴と用途を知ろう。

ATやATX、SFXなどなど電源にも様々種類があります。その中でも最近SFX電源が流行に乗っています。なぜS…

little flower / 26762 view

Google初のスマホ「Pixel」の特徴と気になる日本発売はいつ?

iPhoneと拮抗するスマートフォン向けOSがAndroidです。日本ではiPhone人気に押され気味ですが…

pointow / 3921 view

巻き返しなるか!?Windows 10 Mobileでスマートフォン業界での地位を築…

スマートフォンといえば、AppleのiOS、GoogleのAndroidの2強が競り合う業界です。 パソコン…

gadgetman / 4165 view

2017年夏スタート!救急対応まで!SECOM「セコム・マイドクターウォッチ」に注目

SECOMの新サービスとして「セコム・マイドクターウォッチ」が開発されました!一体どのような機能を兼ね備えて…

sunsun / 3082 view

Nature Remoをクラウドファンディングで購入!現在Nature Remoで出…

赤外線リモコンの革命 IRKitの第2段 エアコン特化型のNature Remoを購入!現在出来る事のまとめ…

ガジェットメディア編集部 / 6201 view

賛否両論のiPadPro用ペンApplePencilの充電方法が驚き!

Apple Pecncilの充電方法が驚き!キャップを外すとLightningコネクタが。iPad Proと…

ガジェットメディア編集部 / 4493 view

えっ、こんなに小さいのにパソコンなの!?最近話題のスマートフォン並に小さい高性能ステ…

最近、ガジェット好きの中でじわじわと話題になってきているスティックPC。 聞いたことはあるけど、実際どんなも…

gadgetman / 3107 view

関連するキーワード