VRを楽しむために必要なもの

VRを体感するために必要なデバイス

VRを体感するために必要なデバイス

VRが2016年に普及しはじめたことを皮切りに、続々とVR関連のデバイスが発売されています。VRヘッドセットも新商品の発表が続き、一般家庭でも購入する人が増えました。

VR=仮想現実を楽しむためにはVRヘッドセットの存在が欠かせず、性能によって体感の差も生まれます。

今回は、VRヘッドセットの選び方をご紹介します。

スマホ用かパソコン用かで決める

スマートフォンタイプが手軽

スマートフォンタイプが手軽

VRヘッドセットは大まかに、スマートフォンやiPhoneを設置して作動するものと、パソコンに連携させるものの2種類に分けられます。

スマホ用は比較的安価で販売しているものが多く、初心者や気軽にVRを楽しみたい人におすすめで、パソコン用は高性能で本格的なVR世界を楽しめますが価格はスマホ用より高価になります。

スマホやパソコンでも手持ちのデバイスが対応機種なのかを確認しましょう。

VRヘッドセットの重量

一般的には300〜400gが多い

一般的には300〜400gが多い

VRヘッドセットはさまざまな外観のものがあり、使用されている素材も異なるのです。人間の頭部に装着して使用するのでVRヘッドセットの重量を確認しましょう。

ダンボールや合皮などは100g単位ととても軽く、一般的に普及しているものはABS樹脂などを使用し、300g前後になります。重いものでは400gを超えているタイプもあり、首への負担は人それぞれなので、できれば一度店舗などで重さの確認をしてみるのも良いですね。

バンドの有無をチェック

バンドによって安定が違う

バンドによって安定が違う

VRヘッドセットには頭に装着するときに安定する「バンド」が付属しているorしていないものでも大きく分けられています。VRをじっくり体感するならやはり手がフリーになるバンド付きです。

そのバンドも、左右だけセットするのか、頭頂部と左右の2方向から装着するのかなど確認しましょう。

ヘッドホン内臓or外付けの確認

ヘッドホン付属のタイプもある

ヘッドホン付属のタイプもある

VRは視覚だけではなく音も楽しめるデバイスですが、VRヘッドセットのタイプとして、ヘッドホンが内臓なのか外付けなのかをチェックすることも必要です。

前者はVR装置と一体感があるため安定性がありますし、後者は自分の好きなヘッドホンや高性能のイヤホンを使うことができます。

パネルの質:解像度やリフレッシュシート

画像の質やなめらかさで体感に差が出る

画像の質やなめらかさで体感に差が出る

VRヘッドセットを購入するうえで最も気を配りたいのがディスプレイパネルの質です。この品質によってVRのリアルさが異なります。

・液晶パネルor有機EL
液晶パネルは一般的に普及し安価ですが、有機ELは画質が良く高価です。

・解像度(画質の良さ)
片目960×1,080ピクセルが一般的。数値が大きいほど画質が良いです。

・リフレッシュシート(画像のなめらかさ)
60Hzが多く、70Hz以上で画面のちらつきがない。90Hz以上だととてもなめらか。

・視野角(視界に入る範囲の広さ)
90~110度が一般的。数値が高いほど視界に入る範囲が広くよりリアルになる。

ディスプレイパネルの品質は公式ホームページなどに記載されていますが、中には細かく公表していないメーカーもあるので、気になる人は直接メールや電話をして必ず確認しておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

えっ、こんなに小さいのにパソコンなの!?最近話題のスマートフォン並に小さい高性能ステ…

最近、ガジェット好きの中でじわじわと話題になってきているスティックPC。 聞いたことはあるけど、実際どんなも…

gadgetman / 3865 view

これを買えば後悔しない?パソコンデスクの最新オススメ5選

パソコン用のデスクは家での作業に必要なアイテムです。デスクによって作業効率も変わってきます。今回はメーカーで…

sunsun / 16956 view

3月3日登場!Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の特徴まとめ

3月3日に発売されることが発表されたNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)。これまでのゲーム…

takataka / 2313 view

ソニー Xperia(TM) Z3 Tablet Compactを実際に使ってみた。

Xperia(TM) Z3 Tablet Compact片手でも使いやすくて便利でした。自腹レビューなんで気…

むみょう / 4811 view

これ自動ダストボックスなんです。そのギミックと住空間にこだわる人へのデザイン家電

これ自動ダストボックスなんです。そのギミックと住空間にこだわる人へのデザイン家電

UniqCorp / 848 view

触らなくても温度が分かる?非接触型の放射温度計が便利

触れずに温度測定!安全で衛生的な非接触放射温度計

ガジェットメディア編集部 / 3958 view

安定感のあるフロア・床置き式のプロジェクタースクリーン

今回は安定感のあるフロア・床置き式プロジェクタースクリーンについて紹介します。昔ながらのデザインから現代風に…

gagagaet / 2931 view

いつでもどこでも手軽に映像を楽しめる、持ち運び・モバイルタイプのプロジェクタースクリ…

イベント・パーティーや出張先でのプレゼンなどにあるとうれしい、持ち運び・モバイルタイプのプロジェクタースクリ…

papilio / 4367 view

2017年夏スタート!救急対応まで!SECOM「セコム・マイドクターウォッチ」に注目

SECOMの新サービスとして「セコム・マイドクターウォッチ」が開発されました!一体どのような機能を兼ね備えて…

sunsun / 4459 view

これはほしい!周りと差がつくおしゃれでハイセンスなUSBメモリ!

誰でも手にとったことはあるもの、また誰もが持っているであろうアイテム。それはUSBメモリ。 名前が入っている…

ガジェット王子 ジンパチ / 32749 view

関連するキーワード