AMAZON Dash Buttonとは?

ECサイトの大手として世界中で利用されているAmazon。そんなAmazonが2016年に新たなサービスを展開しました。それが「AMAZON Dash Button」です。

AMAZON Dash Buttonはボタンをポチッと押すだけで簡単に商品が注文できるという仕組みを導入。これによりスーパーへ出かけたり、パソコンやスマホを利用して買い物をするといったような、手間を省くことができるんです。

Dash Buttonの外観は画像のようなシルエットです。厚みのある角を丸めた長方形で、注文する商品のデザインがグラフィックされており、その横にボタンが装着されています。

Dash Buttonは実質無料!3ステップで商品の注文がスタート

スマホやiPhoneのアプリで設定

スマホやiPhoneのアプリで設定

出典:Pixabay

使い方はとてもシンプルです。まずはDash ButtonをAmazonから購入します。1個500円になりますが、初回注文時に注文金額から500円差し引かれるので“実質無料”です。

スマホなどのアプリからWi-Fi接続し、商品個数や金額設定をしたら好きなところにDash Buttonをセッティング。後は注文したい時にDash Buttonを1度押すだけで自動的に注文が完了し、Amazonで注文するときと同じように商品が届きます。

なので「設定→注文→商品の受け取り」といった3ステップで買い物を終えることができてしまいます。設定さえ終われば2ステップになりますね!

重複注文を防止
商品が届くまでボタンを何度押しても一回分の注文のみ。意図しない重複注文を防ぎます。(重複注文の防止をオフにする設定も可能です)また、商品の注文時に確認通知が届くので、注文内容を確認した上でキャンセルも可能です。
ポチッと押すだけで買い物ができるボタン

ポチッと押すだけで買い物ができるボタン

Wi-Fi接続だからどこにでも設置ができる

その商品の近くに設置すればさらに便利

その商品の近くに設置すればさらに便利

AMAZON Dash Buttonの嬉しい設計は、Wi-Fiで接続なのでDash Buttonを自分の好きな場所にセットできるということです。裏面には何度も貼り替えできるシール付きなで平面な場所にペタッと装着できます。

冷蔵庫や食料棚など商品の近くに設置すると商品の残量が少なくなった時に忘れずに注文できます。また取り付け用フックも一緒に同梱されるので、壁などの設置ができない時にフックに引っ掛けることも可能です。

このボタンの使いやすさも、大手ECサイトであるAmazonらしいところですね!

取り扱い商品は現在42種類

日用品を中心に販売している

日用品を中心に販売している

Amazonの公式サイトを確認してみると、現在AMAZON Dash Buttonと連携できる商品は42種類です。※2017年1月現在

飲料水、洗剤、シャンプーなどなくなるのが早い消耗品が主になります。Dash Buttonは話題となっていますし、今後ますます取り扱い商品は増えるでしょう。

日用品の買い忘れは日常生活に支障が出てしまいますよね。「そろそろ買わなきゃ」と思った瞬間にDash Buttonを押せば、なくなる前に商品が届くので便利です。

便利だけど注意点にも気をつけよう

買い物がとても便利に楽になるAMAZON Dash Buttonですが、注意点もあります。

・Amazonプライム会員のみAMAZON Dash Buttonを購入できる
・子供のいたずらや押し間違いで誤注文してしまう(注文通知は届くのでキャンセは可能です)
・価格を確認して注文できない
・価格が定期購入の方が安い

などがあります。利用するにはプライム会員への登録が必須です。注文通知が届くとはいえ押し間違いなども気をつけたいですね。最初に設定した金額と異なる場合もあるようなので、買い物時に金額を重視する人は注意が必要です。

Amazonによって買い物がもっと便利になる時代

今回はAMAZON Dash Buttonについて調べてみましたが、いかがでしたか?

ボタンをワンプッシュするだけでお気に入りの商品が届くのは嬉しいですね。仕事や子育て、介護など買い物に行く時間を節約したい人にとって便利になりそうです。

お読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

オシャレなハンドストラップ・グリップベルトで、カメラをもっと使いやすくしてみませんか…

携帯のストラップ感覚で、カメラ用ハンドストラップ・グリップベルトで遊んじゃおう!カメラの落下も防げて一石二鳥…

papilio / 1262 view

ひっそりとPCの横っちょで輝きを放つ… 見た目にも楽しい、遊び心満載のUSBメモリた…

USBメモリにも個性的で面白いデザインのものがたくさんある! アクセサリーとして、あまり目立たないこのスト…

kojihei / 1075 view

どこでも会議が開ける!プロジェクタースクリーンは持ち運べる時代に!

さまざまな場所でプレゼンを行う方におすすめしたいのが、持ち運び可能なモバイルスクリーンです。収納でき、組み立…

bontaku / 628 view

自作パソコンで必要な電源ユニット!シングルとマルチ、レーン数で何が違うの?

電源ユニットの+12Vには、“マルチレーン”と“シングルレーン”があることをご存知でしたか?なぜ、このように…

little flower / 4332 view

ソニー発のWi-Fi対応LEDシーリングライト!音楽や通話が天井から!?

眠りを最適にする方法として、音楽を聞くという方法があります。最近では、シーリングライトが音楽に対応したものが…

pointow / 2839 view

ビジネスにも個人ユースにも!Scan Snapの便利な活用法とは

スキャナーの進化が年々進んでいて、高速化・高画質化が当たり前のように進んでいます。その中でも、富士通のSca…

pointow / 538 view

どこから音がでるの?振動スピーカーの原理を徹底解説

世の中には、不思議なメカニズムな商品って多いですよね。その中でも、どこから音がでるの?と不思議に思う振動スピ…

pointow / 4873 view

透明ドア冷蔵庫で想像を絶する未来の冷蔵庫が開発されている

今まででは無かった、中身が透けて見える冷蔵庫が開発されています。どのような商品であるのかについて、詳しく解説…

pointow / 2750 view

相性バツグン!Evernoteを使えばスキャナーはもっと便利になる

人間、歳を重ねる度に記憶力が徐々に低下してしまうものですが、Evernoteというサービスを使えば、手軽にメ…

pointow / 670 view

手触りも再現されるゲームコントローラー「M-ORB」とは?

技術が進歩し今や時代は「仮想現実」の世界に進んでいます。そんな中、日本の企業が「感触」を体験できるコントロー…

sunsun / 772 view

関連するキーワード