YouTube Liveは人気沸騰中!

YouTubeと言えば、誰でも手軽に動画をアップできるサービスとして、全世界的に普及していますよね。YouTubeがあればテレビなんて見なくても良い!という方も多く、ある意味テレビ離れを表す象徴となっています。YouTubeは無料で利用できるのが魅力で、プロでなくても動画をアップできるのが素晴らしいですよね。

YouTubeと言えば、予め撮影した動画をアップするというイメージが強いのですが、実はYouTube Liveと呼ばれるライブ動画配信サービスも展開しています!これって、実はあまり知られていないですよね。それもそのはずで、ライブ動画配信サービスと言えば、やはりニコニコ動画が圧倒的なシェアを誇っていて、YouTube Liveは後発感が否めなかったためです。

それに、YouTube Liveは一般ユーザーには開放されておらず、利用するためには承認を受ける必要がありました。やっと2013年に一般ユーザーにも門戸が開かれて以降は、急速にニコニコ動画に迫る人気を博しています。では、YouTube Liveとは具体的にどのようなサービスなのでしょうか?

今回は、YouTube Liveの使い方を中心に紹介し、その魅力について解説していきます。この記事を読めば、絶対にYouTube Liveを使いたくなること間違いなしですよ!

YouTube Liveを有効にしよう!

選択して!

選択して!

YouTube Liveを利用するためには、まずはYouTubeのアカウントを作成するところからスタートしましょう。YouTubeのアカウントは無料で作成できますし、特に審査も無くあっさりと作成できます。特に、Googleのアカウントを所有していれば、より簡単にYouTubeアカウントが開設できますよ!

作成が完了したら、マイページにあるYouTubeの機能一覧から「ライブストリーミング」の項目にある「有効にする」を押しましょう。

マイページ”!

マイページ”!

次に、アカウントの確認を行う画面が表示されるので、指示に従いアカウントの確認を行います。これは、YouTubeがロボットのような自動処理を嫌っての対策のために実施するものです。SMSによる認証、電話による認証のどちらかを実施して、アカウント確認を完了させます。

アカウント確認が完了すると、そのままYouTube Liveの利用画面に移行します!以前のように利用申請する必要がなく、そのまま利用できると言うのは非常にありがたいですよね。

YouTube Liveにひつようなモノは?

YouTube Liveを利用する上で必要となるものとして、まずはアップロードするデバイスが必要です。パソコンが一般的ですが、スマートフォンやタブレット端末でもアップできますよ。次に、WEBカメラを入手してください。ただ、ノートパソコンやタブレットには既に内蔵されているものもありますので、必須というわけではありません。

WEBカメラに関しては、ライブ配信したい動画のレベルに応じて選定するようにしましょう。ただアップしたいだけであれば、1,000円程度で購入できる120万画素のカメラがおすすめです。また、高画質を求めるなら、フルHD対応のカメラもおすすめです。フルHDと言っても、以前のように高級感はなくお手軽価格で購入できます!

4Kカメラも存在していますが、流石に配信する際に動かないと言った症状が発生しますので、フルHDレベルに止めておくのが無難でしょう。

最近のWEBカメラにはマイクが内蔵されていますが、可能であれば専用のマイクも用意したほうが良いです。というのも、WEBカメラのマイクは音が拾いにくく、せっかくのライブ配信が台無しになる可能性があるためです。

マイクに感しては、高級なものではなくて構いません!歌をライブ配信するのであれば、少し性能の良いマイクを使用しても良いですが、ただ喋っているものに音質に拘っても意味が無いのです。

YouTube Liveを実際に使用する!

もうちょっと!

もうちょっと!

WEBカメラとマイクを接続したら、早速ライブ配信を行ってみましょう!まずはじめに、ライブストリームに必要な設定をしていきます。最も面倒なのはエンコード ソフトウェアの導入ですが、お気に入りのソフトを入れて対応して下さい。

その後、ストリーム情報を追加して、誰がどのようなライブ動画をアップしているのかをアピールして下さい。これだけ設定すれば、動画の配信をする環境が整いました!

あとは、YouTube Liveをオンラインとするだけで、ライブ配信がスタートします。自分のやりたいことを何でもライブ配信することができますが、注意したいのは著作権に関する点です。予め撮影した動画をアップする場合、例えばテレビ番組をアップするとすぐに公開が停止されることがありますが、ライブ配信の場合は取り返しの付かないことになることがあるので注意して下さい。

また、接続するネット回線も安定したものでなければなりません。せっかくライブ配信していても、とぎれとぎれではその魅力は半減してしまいますよ!

YouTube Liveを使いこなそう!

いかがでしたでしょうか?YouTube Liveは誰でもいつでもライブ配信できる非常に便利なサービスです。自分の趣味を披露したり、主義主張を訴える場に使用できますが、一方で著作権の問題もはらんでおり、利用する上では注意する点が多いのも事実です。

ルールを遵守した上で、YouTube Liveを有効活用してほしいですね!また、自身で利用しなくても見ているだけでも十分に使えるサービスとして推奨できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

どこがいい?人気のハンドメイド通販サイトを徹底比較

ハンドメイド通販サイトとは自分で作った手作りの雑貨を気軽に販売できるサイトのことをいいます。通常のWEB系シ…

mashroomcat / 834 view

無人コンビニからドローン配送まで!Amazonが計画中のサービス一覧

通販だけにとどまらず、国内でもさまざまなサービスを展開中のAmazon。しかし、日本国内で実現していないサー…

papilio / 283 view

abemaTVが人気になっている5つの理由とは?

番組を見るのはテレビという固定概念がまだまだ根強いのですが、最近ではネット配信も徐々に台頭している印象があり…

pointow / 653 view

正方形に写真を印刷できちゃう「ましかくプリント」が人気の秘密とは?

Instagramに写真を投稿することが当たり前の時代、正方形の写真を目にすることも多くなりました。そんな影…

kira / 214 view

音声通話ができる格安SIMカード10選

MVNO事業が拡大し、通話料やデータ通信量の価格競争はますます激しくなっています。今回は「音声通話」もできる…

sunsun / 547 view

関連するキーワード