皆が欲しがるスマホ!

スマートフォンの価格は年々上昇しています。その要因は、機能が格段とアップしているからに他なりません。4K機能も当たり前のように実装されているので、驚くべき画質でスマホを操作できるのです。それに比例して価格もパソコンと遜色ない価格になっています。

あまりに高機能すぎるので、少し型落ちでも十分使用することができます。その点に目をつけたのがSIMフリースマホです。本体価格だけでなく、利用料金も驚くべき価格設定となっています。それと同時に、最近では各キャリアから格安スマホなるものが登場しています。

特に注目を集めている格安スマホがドコモのMONOです。2016年12月9日に販売開始のスマホですが、既に各方面から賞賛されているのです。

では、MONOとはどんな特徴があるスマートフォンなのでしょうか?今回は、MONOの魅力について徹底解説していきます。

端末が実質料金648円で手に入る!

MONOの最大の魅力は、何と言っても価格です。端末価格が税込み32,400円という驚くべき価格設定となっています。最新スマホは10万円に近い価格ですので、驚くべき価格設定ですね。

そして更に端末購入サポート割引を利用すると、31,752円引きで648円にまでダウンするのです。こんなに安くて本当に大丈夫なの?と驚くべきですが、もちろん抑えるところは抑えてこの価格が実現しているのです。

本体性能はどんな感じ?

機能面を見ていくと、QualcommのSnapdragon 617を採用しています。ミドルレンジ用のプロセッサとして知られており、SIMフリースマホの中でも5万円台で販売されているモデルとほぼ同スベックとなっています。流石に重い動画処理には少し不向きですが、十分使用できるスペックとなっています。

製造自体はZTEが担当しているので、この手のコスパの高いスマホを作らせたら天下一品なのです。バッテリーに関しては、通常使いであれば3日程度持つハイパワーなものを採用しています。メインカメラは1330万画素、インカメラは490万画素であり、きれいな写真を撮影できますよ。

通信関係はBluetooth 4.1を使用し、Wi-FiはIEEE802.11b/g/nに対応していますので、街でのWi-Fi使用にも全く問題ないレベルです。他では、非常用節電モードを採用しているので、いざ非常時でも安心して利用できますね。

容量面を見ると、2GBのメモリと16GBのストレージを装備しています。これだけでは物足りない方でも、最大128GBのmicroSDXCカードを利用することができますので、十分なスペックであると言えます。

秀逸なデザイン!

デザインを見ていくと、前面と背面にコーニングの強化ガラスであるGorilla Glass3を採用しています。見た目もかっこよく、更には割れにくい素材ですので、衝撃面でも見どころ満載な機種なのです。側面は樹脂製ですが、ボタン部分はアルミを使用することで、押しやすく壊れにくいものとなっています。

サイズを見ると、約136×69×8.8mm、重さは約138gとなっています。スマートフォンの大型化が進む中で、片手で操作できるサイズ感は良いですね!女性でも軽々操作できるので、サイズ的にMONOを選ぶという方も増えるかもしれませんね。

MONOでは、画面を触らずに電話に出ることができる「スグ電」機能があります。急いで出たいのになかなかボタンが押せない!そんな心配はする必要がありません。他にも、IPX7/IP5Xの防水防塵を実現しているので、雨の日でも安心して持ち運びできます。

カラーはホワイトとブラックがラインナップしています。どちらも若干つや消し的なマッドなカラーリングであり、大人の男性でもスマートに使いこなすことができるイメージですね。

買って損はない!

いかがでしたでしょうか?MONOは単なる格安スマホではなく、機能的にも十分満足行く逸品であることがご理解いただけたかと思います。特に、デザイン面では独自のクール感があり、他とは違う”MONO”を感じますね。

人気沸騰で入手もなかなか難しい状況ですが、見どころ満載のMONOをいち早くゲットして、お友達に自慢してみませんか?

MONO MO-01J 【docomo Collection】 - YouTube

出典:YouTube

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

パソコン売却にお困りの方必見!いらなくなったパソコンの処分の仕方やオークションで高く…

古いパソコンや使わなくなったパソコンの処理の仕方に悩んでいる方はいませんか?こちらではそんなお悩みを解消する…

hamunida / 1396 view

最強手振れ補正がアクションカムにも。ソニーのFDR-X3000とHDR-AS300

最強手振れ補正がアクションカムにも。ソニーのFDR-X3000とHDR-AS300

ガジェットメディア編集部 / 2884 view

AVケーブルの端子が大きくてステレオミニジャックに入らない!?差込口のサイズを合わせ…

今回は私達が日常的に触れているスマホやパソコンにある差込口「ステレオミニジャック」について紹介します。大きさ…

gagagaet / 3762 view

SkypeやLINE通話に最適な高品質のマイク付きヘッドホンはこれ

最近は、電話での通信は古くSkypeやLINEで通話するのが当たり前となってきました。そんな時にオススメな高…

gadgetman / 8504 view

これはほしい!周りと差がつくおしゃれでハイセンスなUSBメモリ!

誰でも手にとったことはあるもの、また誰もが持っているであろうアイテム。それはUSBメモリ。 名前が入っている…

ガジェット王子 ジンパチ / 23331 view

あの「デロリアン」がスマートフォンケースに!こだわりすぎの造形美が話題の「CRAZY…

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のタイムマシン『デロリアン』が、圧倒的造形美のスマートフォンケースとし…

kojihei / 2298 view

格安スマホ最注目ブランド「HUAWEI」の凄さとは?

スマホ市場は格安の時代です。今最も注目されているブランドが「HUAWEI」。今回はHUAWEIの凄さをまとめ…

sunsun / 1846 view

最新のスーツケースがヤバすぎる!!ガジェット的おすすめスーツケース3選

出張や旅行に欠かせないスーツケースですが、近年の最新モデルは物を入れるという域を超え、凄まじい進化を遂げてい…

torico / 2737 view

ENEROID(エネロイド)って何?最大20本もの単3または単4充電池を自動で充電す…

「Kenko 急速自動充電器 ENEROID(エネロイド) EN20B」は、充電時のあらゆる問題を解決する単…

Tokio_03 / 5409 view

使い捨ては時代遅れ!何度でも温かい充電式カイロがオシャレ

寒い冬にはかかせないホッカイロ。でも最近はそんな身近なカイロにまでIT化の波がきているのです。最近流行の充電…

takataka / 6680 view

関連するキーワード