パソコン画面の理想的な高さとはどれくらいか?

慢性的なパソコン使用による肩こり

慢性的なパソコン使用による肩こり

パソコンを使用する時、モニター画面がどれくらいの高さに合わせれば、肩がこらなくなるのでしょう。それは「首の後ろの真ん中部分にある頸椎の湾曲部分」と大きなつながりがあります。壁に背中を付けて立った時、顎を少し引きます。そのまま壁に後頭部をつける、これが頸椎の生理的な湾曲の位置になります。ノートパソコンに向かった時、この姿勢で目線をやや下にする高さがベスト!これが最も肩こりを解消できる姿勢といわれているんです。

モニターアームで画面の位置をずらそう!

モニターアームを使えばここまで違う!

モニターアームを使えばここまで違う!

ノートパソコンをモニターアームなしで使用している場合、残念ながら姿勢に良い位置にモニター画面をずらすことが難しいのですが、モニターアームが使用できる環境であれば、頸椎の生理的な湾曲を意識したデスク環境作りが可能です。モニターアームなら、上下左右だけでなく、ティルト(傾き)や前後へも調整ができるので、肩こり予防にはとても効果的です。モニターアームは身長や頭の大きさ、目の位置のバランスなど、細かい部分の調節が可能なので、肩こりで悩んでいる方には是非一度使用してもらいたいアイテムです!

モニターアームで顎の位置を調節しよう!

この状態が理想の姿勢!

この状態が理想の姿勢!

肩こりを防ぐ姿勢でポイントになるのが「顎の位置」です。「まさか私に限って」と思うかもしれませんが、パソコンの業務に集中すると意外と顎が出てしまう人が多いんです。顎が突き出ている姿勢は頸椎だけでなく、脊柱全体の位置に歪みを作ってしまいます。顎の位置を意識することで、脊柱の生理的な湾曲を保持し肩こりになりにくい姿勢をキープすることができるのです。そのためには骨盤を起こし腰椎をしっかりと伸展させることが重要です。

パソコン使用による肩こりの原因は「長時間同じ姿勢」ではない!

モニターアームなしだと肩こりがつらい!

モニターアームなしだと肩こりがつらい!

職場のデスクに座って1日中パソコンに向かう。約5時間~7時間の作業はほぼ同じ姿勢が続きますよね。肩こりの原因はこの「長時間同じ姿勢」が影響していると考えている方が多いのですが、実はここにポイントがあるわけではないんです。パソコン作業による肩こりの1番の原因は「頸椎が過剰に伸展されること」です。これを予防するには、頸椎の生理的な湾曲を考慮した「画面位置」を整備することが大切です。ここで活躍してくれるのがモニターアームです。会社の予算で準備することが難しい場合でも、自腹で用意するメリットが十分にあるくらい、肩こりを軽減してくれるアイテムです。

顔を近づけなくてもいいモニターの位置

これだと小さい文字が良く見えない!

これだと小さい文字が良く見えない!

仕事に集中するとディスプレイに顔をぐっと近づけることってありませんか?予想と違った内容のメールが送られて来た時など、思わず身を乗り出して中身を確認してしまいます。しかし、この動作が意外と肩こりの原因になっているのです。理想はディスプレイから目が40センチ離れた距離で、視線を水平にしておくこと。モニター画面に目を近づけたくなったら、背中を猫背にして姿勢を崩すのではなく、背中を伸ばしたまま顔を近づけことで、肩こりを軽減することができます。最初は慣れるまでに違和感があるかもしれませんが、姿勢の良いだけで「仕事ができそう」なイメージを演出できるので、肩こりもなくなり、職場での評価まで上がるかもしれませんよ!

毎日積み重ねられる肩こりは万病の元!

たかが肩こりと見過ごしがちですが、毎日少しづつ蓄積される苦痛は長い目で見ると体調にも深刻な影響を及ぼしかねません。使い難い位置で姿勢の悪い作業を続けるよりも、モニターアームを使用することで、快適で肩こりのない職場環境を作ってしまいましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

パソコンもスッポリ収納!見た目も機能性も妥協しない女性用ビジネスバッグ

バリバリ働く女性が増えてきた昨今ですが、女性向けのビジネスバッグって意外と少ないですよね!ノートPCからお弁…

papilio / 1018 view

簡単に手に入る!モニターアームのずり落ち対策グッズ

デスクのスペースも増え角度調整も楽になるモニターアームは便利ですが、ひとつ難点を挙げるなら「ずり落ちる事」で…

sunsun / 81 view

モバイルバッテリーの寿命を延ばす5つの注意点

もはや手放すことができなくなったアイテムとしてモバイルバッテリーがあります。ただ使用しているだけですと、意外…

pointow / 853 view

旧機種と最新機種の橋渡し!!ビデオケーブル“D端子コンポーネント”の役割とは?

AV機器を使っていると、たまに旧機種と最新機種を繋げたいと思うことがあるかもしれません。そんなときに「D端子…

little flower / 512 view

耐荷重で選ぶ人気のデュアルモニターアーム5選

デュアルモニターアームを使用する上で、非常に重要なテーマとして耐荷重という点があります。どんどんとモニターサ…

pointow / 92 view

コスパ重視からハイエンドまで!!安心安全の電源ユニットメーカー“CORSAIR ”

パソコンの電源ユニットというとさまざまなメーカーがあって迷ってしまいがちですが、今回は大手電源メーカー“CO…

little flower / 744 view

スキャナーが反応しない時の主な対応まとめ

スキャナーは非常に便利なアイテムですが、何かとトラブルの多い機器でもあります。そんなスキャナーが反応しなくな…

pointow / 461 view

仕事効率は2倍以上?液晶モニターアームを選ぶ時の3つのポイントを解説

一度使うとやめられなくなるマルチディスプレイ。一度に2つ以上のwindowが開けるので、作業効率がぐっとアッ…

mashroomcat / 1469 view

アウトドア派必見!!キャンプでもスマートフォンをはじめとするガジェットを活躍させるア…

アウトドアでもスマートフォンをはじめとするデジタルガジェットを活用する人が増えてきいる昨今。 そんなアウトド…

gadgetman / 1222 view

モニターアームがあったらいいなと思う瞬間

PC・テレビのディスプレイに関して、不満を抱えていませんか?「ディスプレイのせいでデスクが狭くて…」「高さや…

papilio / 306 view