壁掛けモニターアームの需要が高まっている!

壁にダイレクトに設置!

壁にダイレクトに設置!

ブラウン管から液晶型に瞬く間に入れ替わり、今では液晶モニターが当たり前のように普及しています。薄型という特性を活かして、壁にモニターを直付けしたいというニーズが高まっています。確かに、モニターを土台に付けて設置すると、専用のラックが必要ですし土台自体が幅を取りますのでスマートな設置方法とはいえません。その点、壁に直付けすれば確かにスマートに設置できるのですが、角度が調整できないというデメリットもあります。せっかく設置したのに、見づらいとなると意味が無いですよね。IPS方式でないモニターの場合は、見る角度によって色合いや明るさが違うという問題もあります。よって、これらの問題をクリアしつつ、壁に近い位置に設置できるアイテムとして壁掛けモニターアームがあります。壁掛けモニターアームは、土台を壁にセットし、その土台からアームを伸ばしてアームの先にモニターをセットします。これにより、アーム部を調節すれば自由な角度でモニターを視聴することが出来ますし、ある程度のスマートさも確保することができます。いいとこ取りのアイテムとして、高い人気を誇っています。

ただ、便利なアイテムである壁掛けモニターアームにおいても、注意点が存在しています。では、具体的にどのような点を注意すべきなのでしょうか?

間柱があるかどうかをチェックする!

石膏ボードの場合は要注意!

石膏ボードの場合は要注意!

壁掛けのモニターアームを設置する場合は、まずは土台を打ち付ける場所をどこにするのかを決める必要があります。打ち付ける場所として、木材など硬い素材に打ち付けるのが一般的です。モニター+モニターアームの重量に耐えることができる場所に打ち付ける事になりますが、モニター操作時にも力が加わるので、より重量がかかることを想定しておきましょう。最も設置において注意すべきなのは、石膏ボードの場合です。石膏ボード自体は強度が非常に低く、モニターアームの設置には向きません。

石膏ボードにモニターアームが設置できないわけではなく、石膏ボードには間柱が入っているケースがあります。壁表面からは分かりませんが、実は裏側に間柱という細い柱が通っていることがあります。打音等で音が違う場所があれば、そこに間柱があるので、そこに土台をセットすることになります。但し、間柱もない石膏ボードもあります。その場合は、石膏ボードを補強する特殊の加工が必要となります。

高さの設定は特に注意!

一度設置するとそれっきり!

一度設置するとそれっきり!

壁掛けのモニターアームの場合、アーム部が極端にないものもよく販売されています。それは、無駄を排除してほぼ壁に密着するかのように設置したいというニーズが高いことによります。こんなアームの場合は、一度設置場所を決めて土台を付ければ、その位置に固定されてしまいます。固定されるということは、自由に高さを調節できないという事にもなります。仮に設置後に高さが違った!と言っても後の祭りなのです。土台の位置を変えることは出来ますが、壁に穴を更に開てしまうことになりますので、できれば避けたいですね。

また、アーム部が長くてある程度高さ調整できるタイプのものでも、高さ設定は非常に重要な問題です。例えば、人が立った状態で目線の位置にモニターを設置する場合、人の身長によって高さをある程度調整できますが、頻繁に高さを変更するのもアームの劣化に繋がるのでできれば避けた方がいいです。平均的な身長の高さで最適に見れる高さに設置して、なるべく高さ調整が不要な位置に設置して下さい。

水平出しをしっかり行なうこと!

水平器を使用する!

水平器を使用する!

1アームの壁掛けモニターアームの場合は、平行出ししてどの位置にモニターを設置しても平行になるようにする必要があります。それを担保するためには、土台の設置が重要なテーマになります。土台を仮に設置して、しっかりとどの位置にアームが動いても水平になるように角度を調整して下さい。この作業を怠ると、実際にモニターを取り付けた時に後悔することになります。

どうしてもうまく平行出しできない場合は、アーム側で水平を調整できるタイプのアームを購入することをお勧めします。これであれば、仮に水平が出ていない場合でも微調整することで問題を解消することが出来ます。ただ、その場合でも位置によって微調整しなければならないことに変わりありません。基本はしっかり平行出し!これを徹底することを推奨します。

お読み頂きありがとうございました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

パソコンデスクを買う前に注意したい5つのポイント

大人になって必要になってくるのがパソコンデスクです。仕事だけではなく家庭でも使用する人が増えたためその需要が…

sunsun / 2761 view

今更聞けない!AVケーブルやオーディオケーブルの種類、ステレオミニジャックの選び方

音楽制作の際に役立つアイテムは何となく知っているのもの、詳しい情報については認識できていない・・・。という方…

hamunida / 8144 view

運動のお供に最適!運動中にスマートフォンを使うならアームバンドがオススメ!

手をフリーにしたい時や、手軽にスマートフォンを取り出すことのできるアームバンド。一つ持っておくととっても便利…

mayuripon / 4702 view

ラクさの追求!?マイルームでゆったりスマートフォンを使うためのスタンドを集めました!

マイルームでゆったりと横になりながらスマートフォンを使いたいと思っている方は多いことでしょう。 そんな夢を叶…

gadgetman / 3030 view

挿し間違いに注意!!電源コネクタの「EPS12V」や「ATX12V」って?たくさんあ…

自作PCを始めたいけど、電源コネクタの種類が多くて、自分に合った電源コネクタがわからない…。そんな方もいるの…

little flower / 54615 view

【PR】フリーソフトで愛用のパソコンを保護(バックアップ)してみよう!

完全無料のデータバックアップソフト EaseUS Todo Backup Freeを使ってバックを方法を解説…

ガジェットメディア編集部 / 2788 view

スマホの電源が落ちる原因は?仕組みが分かれば簡単解決!

スマホの電源が突然切れる。回数も多くなった。なぜそうなってしまうのでしょう?原因が分かればすぐに直せるんです…

mayuripon / 27732 view

テレビビデオケーブルには3種類ある!それぞれの大切な役割とは?

DVDやブルーレイ、プロジェクター、PC、果てはスマートフォンなどなど、テレビやディスプレイ、スクリーンに接…

little flower / 6877 view

海外旅行に持って行きたいガジェット5選!楽しい旅行を手助けするアイテムをご紹介

年末年始休暇や卒業旅行で海外旅行へ出かける方も多いと思います。持って行くと意外と便利なものをご紹介します。

むみょう / 3794 view

関連するキーワード