Evernoteを有効利用しよう!

様々なデバイスとリンク!

様々なデバイスとリンク!

Evernoteと言えば、手軽にメモを取ることができるサービスとして知られていますよね。スマートフォンやパソコン上で利用できるメモ代わりのサービスであり、作成したメモはクラウド上でどのメディアでも共有化してチェックできますし、何よりも無料というのが素晴らしいですね。

そんなEvernoteですが、単にメモ代わりに使用するだけではなく様々な活用方法があるサービスです。その中でも、スキャナーとのリンクでより多様な使い方ができるのです。実は、Evernote自身がオリジナルのスキャナーを販売しているのです!これが実に便利で使い勝手が良いアイテムであります。

その他にも、Evernoteでは一般的なスキャナーとの相性も抜群で、高い親和性を誇っていることで知られています。如何にEvernoteとスキャナーをリンクさせて使うことができるかが、重要なファクターとなっています。では、具体的にEvernoteとスキャナーはどのようにリンクして使用するものなのでしょうか?今回は、あまり知られていないEvernoteとスキャナーの上手な利用方法を紹介します。是非参考にしていただき、より生活を効率よく過ごすかのきっかけにしていただきたいですね。

Evernoteとスキャナーはどのようにリンクする?

どんなスキャナーとも融合!

どんなスキャナーとも融合!

Evernoteは、オリジナルのScanSnapというスキャナーがあり、ボタン一つで簡単にスキャンすることができます。ただ、ScanSnap以外のスキャナーとも抜群の相性の良さを示します。Evernoteでは、設定でインポートフォルダというものがあります。特定のフォルダに保存した内容を、Evernoteに自動で転送するという機能です。

具体的な方法を紹介しますと、スキャナーで取り込んだ画像の保存先をAフォルダとします。そのAフォルダをEvernoteでインポートフォルダに設定します。そうすると、スキャナーで取り込んだ画像がAフォルダに保存され、それが自動でEvernoteに転送されるというイメージです。これなら、Evernoteで取り込むなどの操作が不要になります。例えば、備忘録などをスキャニングしておき、スマートフォンなどのEvernoteが使用できるデバイスで外出先でチェックなどといった使用方法があります。これは非常に便利なものですね。

Evernoteではどんな画像でも好き放題保存できるの?

容量の制限はあります

容量の制限はあります

スキャナーで取り込んだ画像は手軽にEvernoteにアップすることができるのですが、好き放題保存できるわけではありません。一定の容量規制が存在しているのです。Evernoteでは、無料プランであるベーシックとプラス版、そしてプレミアム会員の3種類があります。それぞれアップロードの容量が制限されています。各プラン別の月間アップロード容量は以下になります。

・ベーシック:60MB
・プラス版:1GB
・プレミアム会員:10GB

無料会員であるベーシックの場合は、60MBですのでかなり容量的には少ない印象です。少し解像度が高く取り込むと、50枚程度の写真ですぐに容量オーバーになります。

ヘビーユーザーの方の場合は、ベーシックは物足りなくなりますのでプラス版の使用を検討したいところですが、月額3100円もかかるのです!それであれば、プラス版の10倍の容量を誇るプレミアム会員の方がお得です!価格は5200円ですが、これだけの容量であれば不自由することなく好き放題使用することができますね。

Evernoteでスキャナー画像を保存しすぎた場合の方法は?

とりあえずローカルディスクに!

とりあえずローカルディスクに!

仮にEvernoteのアップロード制限を超えてしまい、それ以上のアップが不可能になった場合はどのようにすればよいのでしょうか?幾つか方法がありますが、まずは保存先を一時的に変更することが重要です。Evernoteの設定画面で、新しいノートを作ります。その際に種類でローカルノートブックを選択すると、オフラインでノート作成が可能です。但し、当然の事ながら共有化は出来ません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

360度丸ごと撮影!リコー・シータの全天球カメラは迫力満点でこんなにすごい

最近の天体ブームで、より注目を集めているのが全天球カメラです。その中でも、リコーシータの人気が抜群に高くなっ…

pointow / 1968 view

ちょっとしたプレゼントにも最適! 部屋の中に置いたら、一際目立つ、個性派スマホスタン…

スマートフォンの置き場所にして、部屋の中を飾るオブジェにもなる。 それが「スマホスタンド」です。 可愛らし…

kojihei / 4425 view

プレゼンの力強い味方!キングジム振動式スピーカー BTSP10さえあればもう声が小さ…

お客様へのプレゼンテーションの場で、どうしても自信がないと声が小さくながちですよね。そんな時におすすめなのが…

pointow / 2195 view

家庭でも使えるポータブルプロジェクター3選!

ホーム・リビング用としても使いやすいポータブルプロジェクター3選。

むみょう / 10298 view

手触りも再現されるゲームコントローラー「M-ORB」とは?

技術が進歩し今や時代は「仮想現実」の世界に進んでいます。そんな中、日本の企業が「感触」を体験できるコントロー…

sunsun / 2600 view

玄関にスマホをかざすだけ?Bluetoothを使ってのスマートロックの未来はもうすぐ…

セキュリティ面でもドンドンと進化が続いているわけですが、Bluetoothを使用したスマートロックがもうすぐ…

pointow / 6878 view

世界中のママが熱望した?全自動洗濯物たたみ機が登場、その実力とは?

洗濯物に費やす時間約18,000時間。その約半分を占めると言われる畳む時間を自由にしてくれる夢のような機械「…

sunsun / 2579 view

オシャレなハンドストラップ・グリップベルトで、カメラをもっと使いやすくしてみませんか…

携帯のストラップ感覚で、カメラ用ハンドストラップ・グリップベルトで遊んじゃおう!カメラの落下も防げて一石二鳥…

papilio / 2806 view

AR×スポーツ「HADO(ハドー)」が凄い

ARを初めて体験した日は「これだけ安くて簡易な作りなのに面白い!」と大興奮だったのを覚えています。株式会社m…

mashroomcat / 2256 view

夢のシアタールーム!おすすめのホームシアターは〇〇式?

ホームシアター作りが夢だという方も多いのでは?誰もが一度は家に圧倒的大画面のホームシアターを作りたいと思うで…

little flower / 3936 view

関連するキーワード

pointow

スマホ好きでいろいろなアイテムを試しています!

アクセスランキング

人気のある記事ランキング