Evernoteを有効利用しよう!

様々なデバイスとリンク!

様々なデバイスとリンク!

Evernoteと言えば、手軽にメモを取ることができるサービスとして知られていますよね。スマートフォンやパソコン上で利用できるメモ代わりのサービスであり、作成したメモはクラウド上でどのメディアでも共有化してチェックできますし、何よりも無料というのが素晴らしいですね。

そんなEvernoteですが、単にメモ代わりに使用するだけではなく様々な活用方法があるサービスです。その中でも、スキャナーとのリンクでより多様な使い方ができるのです。実は、Evernote自身がオリジナルのスキャナーを販売しているのです!これが実に便利で使い勝手が良いアイテムであります。

その他にも、Evernoteでは一般的なスキャナーとの相性も抜群で、高い親和性を誇っていることで知られています。如何にEvernoteとスキャナーをリンクさせて使うことができるかが、重要なファクターとなっています。では、具体的にEvernoteとスキャナーはどのようにリンクして使用するものなのでしょうか?今回は、あまり知られていないEvernoteとスキャナーの上手な利用方法を紹介します。是非参考にしていただき、より生活を効率よく過ごすかのきっかけにしていただきたいですね。

Evernoteとスキャナーはどのようにリンクする?

どんなスキャナーとも融合!

どんなスキャナーとも融合!

Evernoteは、オリジナルのScanSnapというスキャナーがあり、ボタン一つで簡単にスキャンすることができます。ただ、ScanSnap以外のスキャナーとも抜群の相性の良さを示します。Evernoteでは、設定でインポートフォルダというものがあります。特定のフォルダに保存した内容を、Evernoteに自動で転送するという機能です。

具体的な方法を紹介しますと、スキャナーで取り込んだ画像の保存先をAフォルダとします。そのAフォルダをEvernoteでインポートフォルダに設定します。そうすると、スキャナーで取り込んだ画像がAフォルダに保存され、それが自動でEvernoteに転送されるというイメージです。これなら、Evernoteで取り込むなどの操作が不要になります。例えば、備忘録などをスキャニングしておき、スマートフォンなどのEvernoteが使用できるデバイスで外出先でチェックなどといった使用方法があります。これは非常に便利なものですね。

Evernoteではどんな画像でも好き放題保存できるの?

容量の制限はあります

容量の制限はあります

スキャナーで取り込んだ画像は手軽にEvernoteにアップすることができるのですが、好き放題保存できるわけではありません。一定の容量規制が存在しているのです。Evernoteでは、無料プランであるベーシックとプラス版、そしてプレミアム会員の3種類があります。それぞれアップロードの容量が制限されています。各プラン別の月間アップロード容量は以下になります。

・ベーシック:60MB
・プラス版:1GB
・プレミアム会員:10GB

無料会員であるベーシックの場合は、60MBですのでかなり容量的には少ない印象です。少し解像度が高く取り込むと、50枚程度の写真ですぐに容量オーバーになります。

ヘビーユーザーの方の場合は、ベーシックは物足りなくなりますのでプラス版の使用を検討したいところですが、月額3100円もかかるのです!それであれば、プラス版の10倍の容量を誇るプレミアム会員の方がお得です!価格は5200円ですが、これだけの容量であれば不自由することなく好き放題使用することができますね。

Evernoteでスキャナー画像を保存しすぎた場合の方法は?

とりあえずローカルディスクに!

とりあえずローカルディスクに!

仮にEvernoteのアップロード制限を超えてしまい、それ以上のアップが不可能になった場合はどのようにすればよいのでしょうか?幾つか方法がありますが、まずは保存先を一時的に変更することが重要です。Evernoteの設定画面で、新しいノートを作ります。その際に種類でローカルノートブックを選択すると、オフラインでノート作成が可能です。但し、当然の事ながら共有化は出来ません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

普段アクセで使いたい♡女子向けのオシャレで便利なウェアラブルデバイス

ここ数年で一気に増えたのがウェアラブルデバイスです。身に付けるというよりはアクセサリー感覚のものが多く、女性…

pointow / 1702 view

自作パソコンで必要な電源ユニット!シングルとマルチ、レーン数で何が違うの?

電源ユニットの+12Vには、“マルチレーン”と“シングルレーン”があることをご存知でしたか?なぜ、このように…

little flower / 4332 view

手触りも再現されるゲームコントローラー「M-ORB」とは?

技術が進歩し今や時代は「仮想現実」の世界に進んでいます。そんな中、日本の企業が「感触」を体験できるコントロー…

sunsun / 771 view

安定のハブサン「X4 HD」など!初心者が扱いやすいドローンのオススメ3選

今やドローン市場はとても賑わっており、飛行させてみたい!という初心者も増えています。今回は初心者でも扱いやす…

sunsun / 1291 view

ビジネスにも個人ユースにも!Scan Snapの便利な活用法とは

スキャナーの進化が年々進んでいて、高速化・高画質化が当たり前のように進んでいます。その中でも、富士通のSca…

pointow / 537 view

最後の五感!香りとITの新しい取組みも始まっている

視覚と聴覚をコンプリートしたガジェット。その他の五感は開発が進んでいない状況でした。しかし最近その一つである…

sunsun / 1633 view

AMAZON Dash Buttonのすごさと注意すべきこと

Amazonの新サービス「AMAZON Dash Button」。通販からさらに進化した“買い物サービス”が…

sunsun / 215 view

満点の星空の下お気に入りの音楽を楽しみたい!アウトドアで使えるスマホ用スピーカー

アウトドアでも音楽を楽しみたいから、防塵・防水・耐衝撃スピーカーを探しました。どれもデザイン性が高いからアク…

mo_mo / 1173 view

20代のビジネスマンに人気のビジネスバッグブランド5選

「機能性にもデザインにもこだわりたいけど、あまり高すぎるものは手が届かないし…」そんな20代のビジネスマンに…

papilio / 932 view

360度丸ごと撮影!リコー・シータの全天球カメラは迫力満点でこんなにすごい

最近の天体ブームで、より注目を集めているのが全天球カメラです。その中でも、リコーシータの人気が抜群に高くなっ…

pointow / 812 view

関連するキーワード