mAhはどれくらい電力を貯められるかの指標

mAhの数値が大きいほど大容量

mAhの数値が大きいほど大容量

よくパッケージに大きく「○○mAh」と表示されており、それを元にみなさん購入するかと思いますが、mAhはモバイルバッテリー内に蓄積できる電気の量の指標です。もちろん大きな数値の方が電気の量が多いというわけです。

しかし8000mAhあるからといって2000mAhのスマホが4回充電できるというわけではなく、バッテリーには変換ロスというものが発生するため実際は8000mAhの60%=4800mAhになってしまうのです。それもあり最近では、大容量のモバイルバッテリーが主流になってきています。

容量が大きいと値段も高くなるのが一般的

容量が大きいと値段も高くなるのが一般的

もう一つ注目したいのが入力電流と出力電流

ここの数値の大きさも確認

ここの数値の大きさも確認

そこでmAhの数値が大きい方を選びがちですが、もう一つ注目したいのが「入力電流」と「出力電流」です。入力電流はモバイルバッテリー側が受け取れる電流の値で、出力電流はモバイルバッテリーから排出できる電流の値です。説明書やパッケージにはInputやOutputと表示されていることも多いです。

1Aや2Aなどと「A(アンペア)」の記号ですが、この数値が大きいほど入力や出力の速さが速くなります。大容量モバイルバッテリーはモバイルバッテリーの充電にも時間がかかるのでこの「Input 5V/1A」などの値も確認することが大切です。

一方のOutputですが、2つ表示されている場合出力ポートが2つあります。スマホは1Aくらいで十分ですが、タブレットなどは2Aくらいあった方が充電スピードが速くなります。

タブレットが2Aに繋ぐと速く充電出来ます。スマホだとどっちに繋いでもほとんど速さは変わりません。ただし、iPhone6やiPhone6 Plusなどタブレット並みの入力値を持っているスマホは2Aの方に繋いだ方が充電が速いです。

モバイルバッテリーの中身には種類がある

スマホなどはリチウムポリマー電池

スマホなどはリチウムポリマー電池

繰り返し使える乾電池型

繰り返し使える乾電池型

まずモバイルバッテリーと一言で言ってもその中に使われているバッテリーには種類があります。

・ニッケル水素電池
エネループなど大手メーカーが作っている単三乾電池タイプ。普通の乾電池との取り替えが可能です。

・リチウムイオン電池18650型
厚みがあるモバイルバッテリーによく使用される。重量は軽めです。

・リチウムポリマー電池
スマホのバッテリーに使用されているタイプ。薄くて軽いのが特徴です。

と、このように分類できます。ニッケルやリチウムポリマーなどは比較的安全と言われています。自分のモバイルバッテリーがどのタイプなのか把握しておくことも大切です。

大容量タイプは故障にも注意する

セルの数が多いほど故障しやすい

セルの数が多いほど故障しやすい

そしてもう一つ注意しておきたいのが大容量タイプは故障する可能性もあるということです。バッテリーには「セル」と呼ばれる電力の格納庫が存在します。大容量になるとこのセルの枚数も増えるのですが、セルがたくさんあると壊れやすいという特徴があります。

リチウムイオンの18650だと、1セルあたり3000mAh程度しか溜め込むことができません。リチウムポリマーは1セルあたり3000mAhを越すものもあります。なので同じ容量でもモバイルバッテリーに搭載されているバッテリーの種類でセルの数が変わります。

このセルが国産なのか外国産なのかでも品質が異なりますので、できるだけ調べて購入するようにしましょう。

必要な容量やバッテリーの種類を見て購入する

今回はモバイルバッテリーを選ぶ際に気をつけたいことをまとめてみましたが、いかがでしたか?

各メーカーが強調することもあり「mAh」の値にばかり目がいきますが、実はInputやOutputのアンペア数も確認することが大切でした。また使用されているバッテリーの種類でも違いが出てくるので気をつけたいですね。

大容量ということばかりにこだわらないで、上記の点に気をつけてモバイルバッテリーを選びましょう!お読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

今さら聞けない・・・でも知らなきゃ恥、「USB Type-C」基礎知識をまとめてみた

USB Type-Cとは、USBの次世代規格「USB 3.1」で制定された新しいコネクタ規格です。

Tokio_03 / 6428 view

カメラバッグとしても大活躍!一眼レフも入るビジネスバッグ5選

ビジネスバッグはただビジネスだけで使用するのってもったいない感じがしますよね。できればプライベートでも使用し…

pointow / 14145 view

ポイントはズームレバー?ビデオカメラを正しく持って綺麗に撮る方法は?

動画を上手に撮影するためには、まず“持ち方”を正すことが基本。ビデオカメラの正しい持ち方をマスターして、綺麗…

little flower / 3844 view

プラグイン方式の電源ユニットってどんなの?通常の方式とどう違うの?

プラグイン方式電源ユニットを賢く使えば、ケース内のゴチャつきが解消できて本体内部に熱がこもりにくくなります。…

papilio / 5278 view

より良い音質でテレビを見るならコレ!TVスピーカー“Solo 15 series I…

高音質でテレビを楽しみたい!という方に人気のTVスピーカー“Solo 15 series II TV sou…

little flower / 5969 view

フルハイビジョンを超えた「4K映像」について調べてみた

「4K」について知らないことだらけだったので調べてみました。

むみょう / 3039 view

高さ調節できるパソコンデスクのオススメ商品

多くの現代人にとって、パソコンはお仕事や毎日の生活に必要不可欠なアイテムですね。でも…パソコンそのものだけで…

papilio / 9869 view

30代のビジネスマンに人気のビジネスバッグブランド5選

取引先など他社とのコミュニケーションも必要とするビジネスマン。身なりに気をつけることは必須で、その中でもビジ…

sunsun / 3524 view

暑い夏を乗り切ろう!手元用、外出時用のミニ扇風機3選。

小型の扇風機やサーキュレーターがあれば、クーラー・エアコンへの頼り過ぎを防げます。対策グッズ3つをご紹介。

むみょう / 3362 view

知っておこう!デュアルモニターの最適な姿勢・角度はこれだ!

モニターのダブル使いは職業によっては必須でしょう。しかしただ並べるだけでは体に負担をかけてしまいます。今回は…

sunsun / 37449 view

関連するキーワード