mAhはどれくらい電力を貯められるかの指標

mAhの数値が大きいほど大容量

mAhの数値が大きいほど大容量

よくパッケージに大きく「○○mAh」と表示されており、それを元にみなさん購入するかと思いますが、mAhはモバイルバッテリー内に蓄積できる電気の量の指標です。もちろん大きな数値の方が電気の量が多いというわけです。

しかし8000mAhあるからといって2000mAhのスマホが4回充電できるというわけではなく、バッテリーには変換ロスというものが発生するため実際は8000mAhの60%=4800mAhになってしまうのです。それもあり最近では、大容量のモバイルバッテリーが主流になってきています。

容量が大きいと値段も高くなるのが一般的

容量が大きいと値段も高くなるのが一般的

もう一つ注目したいのが入力電流と出力電流

ここの数値の大きさも確認

ここの数値の大きさも確認

そこでmAhの数値が大きい方を選びがちですが、もう一つ注目したいのが「入力電流」と「出力電流」です。入力電流はモバイルバッテリー側が受け取れる電流の値で、出力電流はモバイルバッテリーから排出できる電流の値です。説明書やパッケージにはInputやOutputと表示されていることも多いです。

1Aや2Aなどと「A(アンペア)」の記号ですが、この数値が大きいほど入力や出力の速さが速くなります。大容量モバイルバッテリーはモバイルバッテリーの充電にも時間がかかるのでこの「Input 5V/1A」などの値も確認することが大切です。

一方のOutputですが、2つ表示されている場合出力ポートが2つあります。スマホは1Aくらいで十分ですが、タブレットなどは2Aくらいあった方が充電スピードが速くなります。

タブレットが2Aに繋ぐと速く充電出来ます。スマホだとどっちに繋いでもほとんど速さは変わりません。ただし、iPhone6やiPhone6 Plusなどタブレット並みの入力値を持っているスマホは2Aの方に繋いだ方が充電が速いです。

モバイルバッテリーの中身には種類がある

スマホなどはリチウムポリマー電池

スマホなどはリチウムポリマー電池

繰り返し使える乾電池型

繰り返し使える乾電池型

まずモバイルバッテリーと一言で言ってもその中に使われているバッテリーには種類があります。

・ニッケル水素電池
エネループなど大手メーカーが作っている単三乾電池タイプ。普通の乾電池との取り替えが可能です。

・リチウムイオン電池18650型
厚みがあるモバイルバッテリーによく使用される。重量は軽めです。

・リチウムポリマー電池
スマホのバッテリーに使用されているタイプ。薄くて軽いのが特徴です。

と、このように分類できます。ニッケルやリチウムポリマーなどは比較的安全と言われています。自分のモバイルバッテリーがどのタイプなのか把握しておくことも大切です。

大容量タイプは故障にも注意する

セルの数が多いほど故障しやすい

セルの数が多いほど故障しやすい

そしてもう一つ注意しておきたいのが大容量タイプは故障する可能性もあるということです。バッテリーには「セル」と呼ばれる電力の格納庫が存在します。大容量になるとこのセルの枚数も増えるのですが、セルがたくさんあると壊れやすいという特徴があります。

リチウムイオンの18650だと、1セルあたり3000mAh程度しか溜め込むことができません。リチウムポリマーは1セルあたり3000mAhを越すものもあります。なので同じ容量でもモバイルバッテリーに搭載されているバッテリーの種類でセルの数が変わります。

このセルが国産なのか外国産なのかでも品質が異なりますので、できるだけ調べて購入するようにしましょう。

必要な容量やバッテリーの種類を見て購入する

今回はモバイルバッテリーを選ぶ際に気をつけたいことをまとめてみましたが、いかがでしたか?

各メーカーが強調することもあり「mAh」の値にばかり目がいきますが、実はInputやOutputのアンペア数も確認することが大切でした。また使用されているバッテリーの種類でも違いが出てくるので気をつけたいですね。

大容量ということばかりにこだわらないで、上記の点に気をつけてモバイルバッテリーを選びましょう!お読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

映画好き必見!夢のホームシアターを作るためのおすすめプロジェクター3選

映画好きな人たちであれば、誰もが一度は夢見るホームシアター!しかし、ホームシアターを作るにはプロジェクターが…

little flower / 1542 view

海外でモバイルバッテリーを充電する時に注意すべきこと

コンセントの形状や電圧の違いから、使うなら注意が必要なモバイルバッテリー。「海外で使用するならどうやって充電…

mashroomcat / 4548 view

覚えておきたい!!スマートフォンのカメラで綺麗に写真を撮るコツ!!

携帯電話にカメラ機能がついてからというもの、携帯電話やスマートフォンで写真を撮る人の数はどんどん増えてきてい…

ガジェットム / 2565 view

コスパ重視!今売れてる人気のスキャナーを徹底解剖

IT技術が進化し続け便利な機器が増える中「ただ情報を読み取って保存する」機能のスキャナーが根強い人気を誇って…

mashroomcat / 529 view

スマートフォンの見過ぎ?疲れ目にオススメな「PCメガネ」を使ってみませんか?

テレビやパソコン、スマートフォンの見過ぎで疲れ目になっていませんか?そこでオススメなのが「PCメガネ」。では…

mayuripon / 1909 view

テレビビデオケーブルで使われている「S端子」って何?いつ・どんな時に使えばいいの?

テレビビデオケーブル(AVケーブル)の用語で良く耳にする“S端子”。これには、どんな役割があるのでしょうか?…

little flower / 1093 view

高音質で便利なBluetooth片耳イヤホン5選

ハイレゾがもてはやされている昨今、イヤホンもそれに呼応したものが続々登場しています。その中で、昔ながらの片耳…

pointow / 6767 view

押し入れから撮影フィルムがでてきた!その場で中身が確認できるフィルムスキャナ

大量に眠っている撮影フィルム。捨てきれずに悩んでいるなら、データ化してスッキリ保存しませんか?フィルムスキャ…

sunsun / 990 view

デスク周りすっきりで業務効率が2倍に?オフィスで役立つ優秀なケーブル収納グッズ5選

あなたのデスク周りはスッキリしていますか?デジタル機器のケーブルは絡まっていませんか?今回はオフィスで活躍し…

sunsun / 1629 view

関連するキーワード