コンパクトデジカメの世界ではtある特定の方向性で製品のシフトが進んでいます。普及型コンデジと言われるタイプのカメラが激減して、他のタイプのカメラへの移行が行なわれています。

理由は恐らくご想像の通りで、携帯電話やスマートフォンのカメラの性能の向上が原因です。今の最新のスマートフォンのカメラは一昔前の携帯電話のカメラのようないわゆる「携帯くさい」写真を作らなくなりました。一見したぐらいでは観賞用、作品作りにも十分な画質を実現しています。

コンパクトデジカメは生き残りをかけて、スマートフォンのカメラと差別化を行える機種に重心を移す形で製品のジャンルをシフトさせているのです。

そんな中、今一番盛り上がりを見せていると思われるのが「1型センサー搭載コンデジ」と言われるタイプのデジカメです。高級コンパクトデジカメと呼ばれるタイプのデジカメは、いまはほぼこのタイプのカメラに移行を済ませた形です。

今回は、この高級コンパクトデジカメの1機種で最も人気の高いカメラの1つである、キヤノンのPowerShot G7X MarkIIをご紹介します。

キヤノンの高級コンデジ、スタンダード機の2代目

PowerShot G7X MarkIIは機種名に「MarkII」と付くことからも分かるとおり、キヤノンのこのラインのデジカメの2代目になるカメラです。初代のPowerShot G7Xは、キヤノンが初めて作った1型センサー搭載高級コンデジでした。

PowerShot G7Xは要所を押さえつつ無難にまとめたカメラで、かなりのヒット商品となりました。PowerShot G7X MarkIIはPowerShot G7Xに対するユーザーの要望を汲み上げ、非常に着実にその不満点をつぶして完成度を向上させた機種です。

結果として非常に実用性の高いカメラに仕上がっています。

1型センサーを積んだメリット

1型センサーと呼ばれるイメージセンサーは、スマートフォンのカメラで使われているイメージセンサーの数倍以上の面積を持つ大きなイメージセンサーです。

イメージセンサーは受けた光を電気信号に変換して画像を作り出します。このためセンサーの面積が大きければ大きいほど、画質が良くなる特性を持っています。

この部分はイメージセンサーの絶対的な制約で、スマートフォンの小さなイメージセンサーのカメラでは残念ながらどれだけ頑張っても、絶対により大きなセンサーを搭載したカメラに画質面で太刀打ちすることは出来ません。

1型センサーはスマートフォンよりもずっと高い画質や高感度特性を確保しつつカメラを従来のコンデジのサイズにまとめられる、今時点でのコンデジ用センサーとしてベストバランスと考えられるパーツなのです。

PowerShot G7X MarkIIはよりEOSに近い操作性を実現

初代のPowerShot G7Xはメニューの構成がキヤノンのコンパクトデジタルカメラ寄りの形になっていて、同社の一眼レフのEOSシリーズとは異なる形式でした。このためEOSのサブ機として利用するには、少しだけ難点となっていた部分がありました。

PowerShot G7X MarkIIではメニュー構成がEOSシリーズに揃えられ、EOSと併用する際にも非常にスムーズな使用感が実現されました。

最新の映像エンジンDIGIC7を搭載

今のデジカメでは画質の高い画像を作り上げるために、イメージセンサーだけではなく映像エンジンと呼ばれる専用プロセッサの働きが極めて重要になっています。PowerShot G7X MarkIIにはキヤノンの映像エンジンの最新版である「DIGIC7」が搭載されています。

DIGIC7は1世代前のDIGIC6よりも大幅に処理性能が上がり連写性能も向上していますし、画像のノイズを消す処理が非常に上手くなっています。

PowerShot G7X MarkIIではPowerShot G7Xよりも実際に高感度の画質がかなり向上していて、PowerShot G7XのISO800とPowerShot G7X MarkIIのISO1600がほぼ同レベルの画質になるとされています。

結果として暗い場所などでの撮影の自由度がその分高くなります。

例えば、三脚を使わない夜景撮影をかなりの画質を保ったまま行なうことも出来るようになります。とりあえず記録として写ったというだけではなく、ある程度作品作りも可能なレベルの画質の写真をきちんと残せます。

このカメラが1台あればとりあえず何でも

PowerShot G7X MarkIIは非常にスタンダードなカメラですが、その分、とても広いジャンルの撮影に対応できるようになっています。サイズもとてもコンパクトで電源を切ると厚みもかなりスリムになり、持ち運びにも不便がありません。それでいながら画質も良く、本格的な作品作りも出来るだけの機能も持っています。

スマートフォンのカメラに不満を感じたら、ステップアップ先としてとても適したカメラの一台と言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

使い捨ては時代遅れ!何度でも温かい充電式カイロがオシャレ

寒い冬にはかかせないホッカイロ。でも最近はそんな身近なカイロにまでIT化の波がきているのです。最近流行の充電…

takataka / 8403 view

主要な駅やコンビニが提供するWi-Fiサービスまとめ

お出かけ先に無料Wi-Fiサービスがあればネットでの調べものなどもサクサク進みますし、パケ代の節約にも役立ち…

papilio / 4941 view

HDDはもう古い?これからはSSDの時代!乗り遅れないためのSSDのメリット・デメリ…

皆さんSSDって知ってますか?以前はHDDが主流でしたが、今少しずつSSDに注目が集まっているんです!今回は…

mayuripon / 13863 view

デザイン性で選ぶ!オシャレなパソコンデスク5選

パソコンを一人一台は持つような現代はパソコンデスクの需要も高まっています。それに伴いデザインにこだわったアイ…

sunsun / 9375 view

アウトドアにもってこい!野外で音楽を聴くなら“TREK Flex”がおすすめ☆

大容量なスマートフォンやポータブルプレーヤーが登場して、音楽を外に持ち歩くことが簡単になりました。そんな中で…

little flower / 4781 view

端末価格が実質648円?ドコモの格安スマホ「MONO」の実力をチェック!

スマートフォンの本体価格が上昇している中で、安さを売りとしている格安スマホが若者を中心に爆発的にヒットしてい…

pointow / 1653 view

イベントやセミナーで欠かせないAV機器といえば持ち運び・モバイルタイプのプロジェクタ…

イベントやセミナーでスライドや映像などを映したい場面は意外と多いのではないでしょうか。今回はそんなときに役立…

gagagaet / 2145 view

レトロな雰囲気が大人気!アマダナがレコードプレーヤー「シブレコ」を発売した理由とは?

レトロなアイテムに人気が集まる中で、音楽業界でも未だにレコードの人気が高いです。その中でも、シブレコが大変高…

pointow / 5404 view

賛否両論のiPadPro用ペンApplePencilの充電方法が驚き!

Apple Pecncilの充電方法が驚き!キャップを外すとLightningコネクタが。iPad Proと…

ガジェットメディア編集部 / 5013 view

ついに来た!Amazon、新Fire TVを国内でも発売開始!

Amazonのリビングルームへの野望は本気であり、メディアレシーバー、Fire TVの第2世代をまもなく発売…

ガジェット王子 ジンパチ / 3952 view

関連するキーワード