コンパクトデジカメの世界ではtある特定の方向性で製品のシフトが進んでいます。普及型コンデジと言われるタイプのカメラが激減して、他のタイプのカメラへの移行が行なわれています。

理由は恐らくご想像の通りで、携帯電話やスマートフォンのカメラの性能の向上が原因です。今の最新のスマートフォンのカメラは一昔前の携帯電話のカメラのようないわゆる「携帯くさい」写真を作らなくなりました。一見したぐらいでは観賞用、作品作りにも十分な画質を実現しています。

コンパクトデジカメは生き残りをかけて、スマートフォンのカメラと差別化を行える機種に重心を移す形で製品のジャンルをシフトさせているのです。

そんな中、今一番盛り上がりを見せていると思われるのが「1型センサー搭載コンデジ」と言われるタイプのデジカメです。高級コンパクトデジカメと呼ばれるタイプのデジカメは、いまはほぼこのタイプのカメラに移行を済ませた形です。

今回は、この高級コンパクトデジカメの1機種で最も人気の高いカメラの1つである、キヤノンのPowerShot G7X MarkIIをご紹介します。

キヤノンの高級コンデジ、スタンダード機の2代目

PowerShot G7X MarkIIは機種名に「MarkII」と付くことからも分かるとおり、キヤノンのこのラインのデジカメの2代目になるカメラです。初代のPowerShot G7Xは、キヤノンが初めて作った1型センサー搭載高級コンデジでした。

PowerShot G7Xは要所を押さえつつ無難にまとめたカメラで、かなりのヒット商品となりました。PowerShot G7X MarkIIはPowerShot G7Xに対するユーザーの要望を汲み上げ、非常に着実にその不満点をつぶして完成度を向上させた機種です。

結果として非常に実用性の高いカメラに仕上がっています。

1型センサーを積んだメリット

1型センサーと呼ばれるイメージセンサーは、スマートフォンのカメラで使われているイメージセンサーの数倍以上の面積を持つ大きなイメージセンサーです。

イメージセンサーは受けた光を電気信号に変換して画像を作り出します。このためセンサーの面積が大きければ大きいほど、画質が良くなる特性を持っています。

この部分はイメージセンサーの絶対的な制約で、スマートフォンの小さなイメージセンサーのカメラでは残念ながらどれだけ頑張っても、絶対により大きなセンサーを搭載したカメラに画質面で太刀打ちすることは出来ません。

1型センサーはスマートフォンよりもずっと高い画質や高感度特性を確保しつつカメラを従来のコンデジのサイズにまとめられる、今時点でのコンデジ用センサーとしてベストバランスと考えられるパーツなのです。

PowerShot G7X MarkIIはよりEOSに近い操作性を実現

初代のPowerShot G7Xはメニューの構成がキヤノンのコンパクトデジタルカメラ寄りの形になっていて、同社の一眼レフのEOSシリーズとは異なる形式でした。このためEOSのサブ機として利用するには、少しだけ難点となっていた部分がありました。

PowerShot G7X MarkIIではメニュー構成がEOSシリーズに揃えられ、EOSと併用する際にも非常にスムーズな使用感が実現されました。

最新の映像エンジンDIGIC7を搭載

今のデジカメでは画質の高い画像を作り上げるために、イメージセンサーだけではなく映像エンジンと呼ばれる専用プロセッサの働きが極めて重要になっています。PowerShot G7X MarkIIにはキヤノンの映像エンジンの最新版である「DIGIC7」が搭載されています。

DIGIC7は1世代前のDIGIC6よりも大幅に処理性能が上がり連写性能も向上していますし、画像のノイズを消す処理が非常に上手くなっています。

PowerShot G7X MarkIIではPowerShot G7Xよりも実際に高感度の画質がかなり向上していて、PowerShot G7XのISO800とPowerShot G7X MarkIIのISO1600がほぼ同レベルの画質になるとされています。

結果として暗い場所などでの撮影の自由度がその分高くなります。

例えば、三脚を使わない夜景撮影をかなりの画質を保ったまま行なうことも出来るようになります。とりあえず記録として写ったというだけではなく、ある程度作品作りも可能なレベルの画質の写真をきちんと残せます。

このカメラが1台あればとりあえず何でも

PowerShot G7X MarkIIは非常にスタンダードなカメラですが、その分、とても広いジャンルの撮影に対応できるようになっています。サイズもとてもコンパクトで電源を切ると厚みもかなりスリムになり、持ち運びにも不便がありません。それでいながら画質も良く、本格的な作品作りも出来るだけの機能も持っています。

スマートフォンのカメラに不満を感じたら、ステップアップ先としてとても適したカメラの一台と言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

どっちがいい?GoogleHomeとAmazon Echoの違いについて

「GoogleHome」と「Amazon Echo」は、どちらも声での呼び掛けに反応し音楽を再生したり天気予…

takataka / 323 view

進化する無線通信!新規格「Bluetooth5」は従来とどう違う?

2016年12月、Bluetoothの新規格である「Bluetooth5」の採用が発表されました。今までバー…

sunsun / 358 view

思いついたらすぐメモる!手でメモをとるのが馬鹿らしくなるデジタルメモの最新版「ポメラ…

みなさんメモはとっていますか?思いついたらどこでもガジェット「ポメラ」の最新モデル「DM200」は効率的な文…

Tokio_03 / 1109 view

大人も夢中に!!スマートフォンやタブレットと連携して遊べる未来の玩具!!

最近では大人でも楽しめる玩具が多く登場しています。 子供心に戻って楽しんでいる方や自分の子供と一緒に楽しんて…

ガジェットム / 1278 view

ゲームで見たことある!お馴染みのAVケーブルRCAプラグの役割って何?

今回はゲームなどでよく見るAVケーブル「RCAプラグ」について見ていきます。普段使っているAVケーブルですが…

gagagaet / 958 view

巻き返しなるか!?Windows 10 Mobileでスマートフォン業界での地位を築…

スマートフォンといえば、AppleのiOS、GoogleのAndroidの2強が競り合う業界です。 パソコン…

gadgetman / 1954 view

結婚式やパーティに便利!「スマホ de チェキ」は撮った写真をポラロイド風に変身でき…

スマホにストックしている画像をただプリントするだけでは面白くありません!富士フィルムの「スマホ de チェキ…

sunsun / 1236 view

リング式も登場?高機能マウスを使いこなせば、プレゼンの印象もアップ!

マウスアクセサリーはここまで進化しています!新感覚の指にはめて操作するマウス「リングマウス」は高性能で人気の…

sunsun / 809 view

2016年秋に発売予定!プレイステーションVRの凄さとは?

Wiiなどのような体感型ゲームは既にたくさんありますが、2016年秋に発売予定のプレイステーションVRはゲー…

papilio / 1023 view

フロア・三脚式プロジェクタースクリーンのメリットデメリットをしっかり把握しよう

今回はフロア・三脚式プロジェクタースクリーンのメリットデメリットをご紹介します。良い点も悪い点もしっかりと認…

gagagaet / 771 view

関連するキーワード