フィルムスキャナー ネガスキャナー 517万画素

大事な思い出が蘇る!

大事な思い出が蘇る!

楽天の通販サイトで第一位を獲得したのはフィルムスキャナーのネガスキャナーです。とにかくやり方が簡単で機械音痴の人でもできると大評判。 保存したデータはテレビなどの大画面で家族や友人・恋人とくつろぎながら見ることだってできるんです。

フィルムスキャナーのネガスキャナーは517万画素のCMOSイメージセンサーを搭載。解像度は最高で3600dpiでのスキャニングが可能なんです。専用ソフトを使えば、画像は簡単に補正ができます。コンセントが不要のUSB電源が使えるので、充電しながらデータをPCに取り込むことが可能です。

フィルムを乗せるトレーには、マグネットがついています。丸まりやすい昔のネガも、磁気の力でぴんと真っすぐに。「使いやすい」と評判です。

昔の写真が生まれ変わる!

昔の写真が生まれ変わる!

上蓋を開けるとこんなスタイルに!

上蓋を開けるとこんなスタイルに!

Kenko フィルムスキャナー KFS-1400

パソコンの操作が苦手な人にもおすすめ!

パソコンの操作が苦手な人にもおすすめ!

ケンコーから2012年の6月に発売されたのがフィルムスキャナー「KFS-1400」。発売から約4年が過ぎましたが人気は継続。口コミでは「前回の機種に比べて、手軽にスキャンでき、それなりに使えるように開発されている」との意見も。

フィルムスキャナーは1462万画素のCMOSイメージセンサーで実施。パソコンを使わずに35mmフィルムのSDカードに保存できるのが特徴です。ポイントはキズやホコリをスキャン時に修正する「スクラッチモード機能」。パソコンで補正する手間が省けると人気です。本体の大きさは従来機種と比べて約20%小さくなり、より運びやすくなりました。

plustek OpticFilm 8200i Ai フィルムスキャナー

フィルムスキャナーの中で見た目はこれが1番!

フィルムスキャナーの中で見た目はこれが1番!

PlustekのOpticFilmシリーズはスライドやネガフィルムをデジタル化するために開発された専用ツール。プロの写真家、グラフィックデザイナー、マルチメディアインベンターまでもが愛用するプロから認められたフィルムスキャナーなんです。

その分お値段がはるのでは?と思いますよね!やはりやや高めの価格設定にはなりますが、それでも使いたいと思わせるポイントがいくつかあるのでご紹介します。

SliverFastのマルチエクスポージャー技術を利用

補正する時間を大幅に減少できる!

補正する時間を大幅に減少できる!

Plustek OpticFilm 8200i Aiは世界でも有名なソフトウエアであるSilverFastを取り入れており、ダイナミック範囲を拡大、影の影響を重要視し、影の干渉現象のリスクを減らす技術が搭載されています。

このことにより、撮影中に映ったホコリとかすり傷痕などをソフトウエアが自動で消去。編集や補正に費やす時間を大幅に短縮することができるのです!どうでしょう、これってもうプロが使う品物という響きですよね。カメラ好きなら間違いない!plustek OpticFilm 8200i Ai フィルムスキャナーがおすすめです!

見た目もかっこいい!

見た目もかっこいい!

思い出を大事に保存する時間が人生を豊かにする!

アナログで写真を撮っていた時代、1枚1枚、カメラのシャッターを押す指が緊張していたことを覚えていますか?今なら撮ったそばから気に入らないものを削除。でも15年前は使い捨てカメラやフィルムを買って写真を大事に撮影していたんですよね。

あの頃のネガを、あの頃の思い出を振り返りながら、フィルムスキャナーで大事に保存する。そんな時間が人生をより豊かにしてくれる大事なひと時になるかもしれません。是非フィルムスキャナーを一度使ってみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

NW-ZX100 ウォークマンと一緒に使いたいアイテムまとめ

話題のハイレゾ音源も圧縮音源も高音質で聴ける。最新ウォークマンと合わせて使いたいアクセサリーのまとめ。

sasa8c / 2989 view

未来の暮らし!!BluetoothやWi-Fiでスマートフォン、アプリと連携する高性…

昔思い描いていた未来の暮らし。 まだまだ先のことなんて思っているかもしれませんが、現実は意外と未来に近づいて…

gadgetman / 8645 view

デュアルモニターアームのオススメモニター5選

シングルモニターの人がデュアルモニターを使った瞬間のあの喜び!「世の中にはこんなに使いやすいものがあったのか…

mashroomcat / 1945 view

HUAWEI WATCH GTを試して見た!

HUAWEI WATCH GTを試して見ました!

ガジェットメディア編集部 / 156 view

16種類のコネクタに対応するデバイスへの給電に対応したACアダプタがUMAXから「U…

12V~24Vの可変出力と多彩な変換コネクタで、さまざまなデバイスへの給電を実現するACアダプタ『UMX-A…

Tokio_03 / 5375 view

VR対応パソコンの認証VR Ready(VRレディ)とは?

VR元年から年が明け、2017年にはVR対応のデバイスが続々と発表されています。しかし、VRを正しく体感する…

sunsun / 3235 view

友達と音楽で盛り上がろう!アウトドア向けのスマートフォンスピーカー

今回は外出時にスマートフォンがあれば好きな音楽を楽しめるスピーカーをかわいいものや音質にこだわったものなど幅…

gagagaet / 2820 view

AVケーブルの端子が大きくてステレオミニジャックに入らない!?差込口のサイズを合わせ…

今回は私達が日常的に触れているスマホやパソコンにある差込口「ステレオミニジャック」について紹介します。大きさ…

gagagaet / 4983 view