ゲームの世界に入り込んで、ドキドキ感を味わいたい…

ゲームにハマッた経験があるなら、「自分も実際にこの世界に入ってみたい」と思ったことがありますよね?3D映画や遊園地のアトラクションなんかも迫力満点ですが、あまりにも大掛かりすぎて家庭で体験するわけにもいきません。
でもこの秋に発売予定の「プレイステーションVR」なら、SF映画のようなバーチャルリアリティーが家庭で体験できるようになるんです!

プレイステーションVRってなに?

プレイステーションを販売しているソニー・コンピューター・エンタテインメント(SCE)から「プレイステーションVR」(2016年10月ごろ販売開始予定)が発表され、全世界で注目を浴びています。ヘルメットとゴーグルが一体化したような本体を装着することで、既存の3D映画などとは比べ物にならないリアルなバーチャルリアリティーの世界を体験できるようになります。
ほかにも「Oculus Rift」「Vive」などのバーチャルリアリティディスプレイがすでに登場していますが、世界に通用するプレイステーションブランドを持っているプレイステーションVR(以下PSVR)はより身近なVRシステムになりそうです。

ぜひ自分で体験してみたい!プレイステーションVRのスゴイところ

自分の動作に合わせてキャラクターが動き、ゲーム空間の中にいるような感覚が味わえる

VRヘッドセットの左右の目の部分にそれぞれ5.7インチのディスプレイ(それぞれ960×RGB×1080の映像を表示)が装備され、実際にゲームの世界に入り込んだかのようにリアルな映像を見ることができます。
またスティックタイプの「プレイステーション ムーブモーションコントローラー」を使うことで、実際に見えているものを掴んで動かす・銃を撃つなどのアクションを体験できます。(従来のPS4向けコントローラー「Dualshock4」も使用可能です)

PS4ユーザーなら、PSVRを購入するだけでハイクオリティなVR体験ができる

PSVRは既存のPS4の周辺機器という扱いになるので、すでにPS4を持っているユーザーは使い慣れたPS4とPSVRとを組み合わせて使うことができます。PSVRのディスプレイで動画を見ることができる「シネマティックモード」を使えば、ブルーレイディスクやなどゲーム以外の機能も迫力倍増!
もちろんPSVRのためにPS4を新しく購入するユーザーも多いと思われますが、過去のPSを使った経験があるならば全く新しいゲーム機に一から慣れるよりずっとハードルが低いでしょう。
PSVRの価格はPS4本体より約1万円ほど高いですが、「Oculus Rift(本体価格+送料で、日本円にして90000円前後)」など他のVRディスプレイと比べてもかなり安く設定されています。

賛同するゲーム・コンテンツパートナーの多さ

すでに国内外で230以上の企業がなんらかのPSVR向けゲーム・コンテンツが開発されており、2016年内に発売されるタイトルだけでもすでに50本以上あることがわかっています。
知名度の高いものでは「FF14」「初音ミクライブ」「鉄拳7」「サマーレッスン」「ダンガンロンパ」「アクエリオン」「グランツーリスモスポーツ」などがPSVR対応になるとのことです。

PSVRを装着していないプレイヤーと複数人で遊べる

PSVRを使用しているプレイヤーとは別視点の映像をテレビモニターに映す「ソーシャルスクリーン機能」の搭載により、PSVRを装着していないほかのプレイヤーと一緒に遊ぶこともできます。
またPSVRのディスプレイから見える映像をモニターを通じて他の人に見せることもできるので、「面白そうで興味があるけど、実際にプレイするのは難しそうで…」という家族も一緒に楽しめます。

いかがでしたか?本格的なバーチャルリアリティーが自宅で楽しめるPSVR、発売日が待ち遠しいですね!お読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

最近流行りのSFX電源!!売れ筋からSFX電源の特徴と用途を知ろう。

ATやATX、SFXなどなど電源にも様々種類があります。その中でも最近SFX電源が流行に乗っています。なぜS…

little flower / 11769 view

未来の暮らし!!BluetoothやWi-Fiでスマートフォン、アプリと連携する高性…

昔思い描いていた未来の暮らし。 まだまだ先のことなんて思っているかもしれませんが、現実は意外と未来に近づいて…

gadgetman / 6859 view

早くも品薄?格安スマホの決定版「HUAWEI nova」の機能をチェック

2017年2月に発売し、すでに話題となっている「HUAWEI nova」。一体どのような機能を搭載しているの…

kira / 949 view

賛否両論のiPadPro用ペンApplePencilの充電方法が驚き!

Apple Pecncilの充電方法が驚き!キャップを外すとLightningコネクタが。iPad Proと…

ガジェットメディア編集部 / 3386 view

最近よく聞く「有機ELテレビ」は何がすごいの?液晶との違いは?

「有機ELテレビ」というのをよく耳にするようになりましたが、一体どのようなテレビなのでしょうか?液晶テレビと…

kira / 2122 view

触らなくても温度が分かる?非接触型の放射温度計が便利

触れずに温度測定!安全で衛生的な非接触放射温度計

ガジェットメディア編集部 / 2059 view

ソニー Xperia(TM) Z3 Tablet Compactを実際に使ってみた。

Xperia(TM) Z3 Tablet Compact片手でも使いやすくて便利でした。自腹レビューなんで気…

むみょう / 2553 view

TVの音声をワイヤレスヘッドセット・スピーカーに飛ばす方法

寝静まった中、自分一人でTVを楽しみたい時ありませんか? TVの音声をワイヤレスヘッドセットやスピーカーに飛…

ガジェットメディア編集部 / 11798 view

Google初のスマホ「Pixel」の特徴と気になる日本発売はいつ?

iPhoneと拮抗するスマートフォン向けOSがAndroidです。日本ではiPhone人気に押され気味ですが…

pointow / 2432 view

PCだけじゃない!電源メーカーの素晴らしさを知ろう!アメリカ大手のAntecとは

パソコンを購入する時や使う時、電源メーカーはどんなものがいいのか、気にしたことはありますか?気にしない人の方…

mashroomcat / 1490 view

関連するキーワード