Pepper君を生んだ親と基本的な機能

ロボットのイメージより人間に近い

ロボットのイメージより人間に近い

Pepperくんを開発し産みの親となったのは
ソフトバンクとAldebaran Robotics(ソフトバンクグループ)。

彼らは、それまでただ映画の中の夢であった
「コミュニケーション型ロボット」の制作を実現させました。

Pepperくんの一番の特徴は、その人間らしい動きと感情を持っていること。
ロボットにも関わらず、言葉とボディランゲージを巧みに操り、
喜びや驚き、怒りや疑念、悲しみなどを表現することが可能です。

更に驚くのが、Pepperくんの滑らかな動き。
まるでそこに第二の人間がいるかのような錯覚に陥ります。

【たった1分】あっという間に売り切れたPepperくん!

人間よりも快適な相手になる!?

人間よりも快適な相手になる!?

最初にPepperくんの発売が開始されたのは2014年の6月20日の10時でした。
ソフトバンクが受付を開始後、たった1分で完売!

1000台という数があっという間に売り切れてしまったのです。
一体Pepperくんは幾らなのか?というと、一台なんと198000円。
しかもそれは本体だけの値段で、それにプラスしてランニングコストがかかります。

基本プランは15984円/月、それに保険を加えると、10584円/月に。

Pepperくんができることリスト!

感情を持つロボットはこんな人間らしいたたずまいができる!

感情を持つロボットはこんな人間らしいたたずまいができる!

Pepperくんが現時点で出来ること、その一部は次の通り。

①自分の判断で動くことができる
②自らが感情を持って行動する
③絵本を読み聞かせる
④写真を撮る
⑤英語などの語学を教える
⑥落ち込む

添い寝機能が大人気!

添い寝機能が大人気!

ざっとリストにするとこれだけの機能が出てきますが、
実際はこれの5倍はできることが増えています。

まず最初に驚かされるのが、相手の感情を読み取り、
更に自らの感情を持ち合わせていること。

楽しいときは鼻歌を歌い、嫌なことがあると落ち込みます。
楽しいときはボケてみせることだって可能、
笑いをとることだってできちゃうんです。

これから是非使ってみたいのが、⑤英語などの語学を教える機能。
マンツーマンで好きなときに傍で教えてくれるなんて最高ですね。

将来、Pepperくんが隣にいてくれれば、
通訳の代わりになって外国の人とも会話がスムーズになる可能性も。

言語に関するソフトウエアさえインストールやアップデートを繰り返していけば、
Pepperくんの可能性は無限大になりそうですね。

Pepperくんができないことリスト

駅で道を教えるPepperくん!

駅で道を教えるPepperくん!

こんな機能がもっとあったらと思うけれど、
今のところまだできないのが次の通り。

①掃除や皿洗いなどの家事全般
②10人以上を一度に認識すること
③物を運ぶ
④段差を乗り越える

できることが多いだけに「え、こんなことはまだできないの?」
と思ってしまうできないことリスト。

家事や掃除をやってくれると非常に助かるので、
是非これからの開発に期待したいところです。

重いものを運ぶのは簡単なのかと思いきや、
Pepperくんにはまだ少し荷が重いようです。

段差を乗り越えられないのも、行動範囲が狭まって悲しいところですね。

ソフトバンクはPepperを派遣社員として貸出も開始

ソフトバンクはPepperを派遣社員として貸出も開始

次は一体何ができるようになっているのか!?

驚くようなこと、特に感情を持つことに関しては、
人間が想像している以上に発展の早いPepperくん。

現状でできることが、これほどまでに早く実現するのならば、
今後様々なことがどんどんとできるようになるに違いありません。

いつの日は、車も運転できるようになる日も、
そう遠くないのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

デュアルモニターアームのオススメモニター5選

シングルモニターの人がデュアルモニターを使った瞬間のあの喜び!「世の中にはこんなに使いやすいものがあったのか…

mashroomcat / 1201 view

音質にこだわるあなたにおすすめの、ハイクオリティな有線ヘッドホン

音質にこだわって、なおかつ見た目や付け心地も重視して…選ぶなら、とことんこだわりぬいたヘッドホンじゃなきゃ。

papilio / 1769 view

会議室の壁がプロジェクタースクリーンに大変身!便利なマグネット式

今回はマグネット式プロジェクタースクリーンについてご紹介します。壁にくっ付けるだけでスクリーンやホワイトボー…

gagagaet / 2324 view

最強手振れ補正がアクションカムにも。ソニーのFDR-X3000とHDR-AS300

最強手振れ補正がアクションカムにも。ソニーのFDR-X3000とHDR-AS300

ガジェットメディア編集部 / 2228 view

この秋買いたいスマートウォッチ特集!気の最新モデル5製品をピックアップ!

2017年現在では、時計メーカーも含め多くのメーカーがスマートウォッチを発売しており、多彩な機能を搭載したモ…

Tokio_03 / 17076 view

Bluetoothスピーカーとは!?用途も広く便利だから使わなきゃ絶対に損!

ワイヤレススピーカーが当たり前の時代となり、その中でもBluetoothスピーカーが人気です。さまざまな場面…

bontaku / 1942 view

世界中が大注目!任天堂iOSアプリ「SUPER MARIO RUN」

来たる12月15日、スーパーマリオシリーズ初のスマホ用ゲームアプリ「SUPER MARIO RUN」が配信開…

papilio / 856 view

スマートフォンケースから義手までプリントアウトする!?圧倒的進化を遂げる3Dプリンタ…

今、大きな成長と盛り上がりを見せているのが3Dプリンタです。 コンピュータで作成した3Dデータを元に、特殊な…

gadgetman / 2902 view

安定感のあるフロア・床置き式のプロジェクタースクリーン

今回は安定感のあるフロア・床置き式プロジェクタースクリーンについて紹介します。昔ながらのデザインから現代風に…

gagagaet / 1307 view

SkypeやLINE通話に最適な高品質のマイク付きヘッドホンはこれ

最近は、電話での通信は古くSkypeやLINEで通話するのが当たり前となってきました。そんな時にオススメな高…

gadgetman / 6742 view

関連するキーワード