Qiは充電器もケーブルもいらない?

充電にはケーブルが必須でした・・・

充電にはケーブルが必須でした・・・

スマートフォンは今や無くてはならない私たちの生活アイテムです。

インターネット検索・SNS・写真など便利な機能は助かりますよね。しかし残念なのが充電がなくなるのが早いということ。よく使用する人は何度も充電器に接続しなければなりません。

しかしその充電のストレスを軽減してくれるアイテムが登場しました!それがQi(チー)規格のワイヤレスチャージャーです。

Qi(チー)とは一体なにもの?

電磁誘導方式の充電法

電磁誘導方式の充電法

Qi(チー)規格をご存知でしょうか?

Qi(チー)はワイヤレスチャージャーの国際標準規格のことを指します。(Wireless Power Consortium; WPC)が策定したこの規格のワイヤレスチャージャーが便利で機能性もよく話題になっているんです。

現在、携帯電話やスマートフォンを対象とした15W以下の低電力向け規格のみ策定されている[1]。名称の由来は中国語の「氣」

Qiは、古くから実用化されていた「電磁誘導方式」を元にしている。これは、2つの隣接するコイルの片方に電流を流すと発生する磁束を媒介して、隣接したもう片方に起電力が発生する電磁誘導の原理を用いたものである。

スマートフォンやタブレットをぽんっと上に置くだけ

置いて放っておくだけで充電完了

置いて放っておくだけで充電完了

Qi(チー)規格のワイヤレスチャージャーの特徴はケーブル無しで端末を充電できるということになります。

ケーブルやアダプタが不要でワイヤレスチャージャーの上にスマホなどの端末を置くだけでなんです。またQi(チー)規格に対応しているタブレットも充電が可能です。

これなら端末のコネクタの蓋を開けて差し込む手間暇や、充電器の接続不良などの不具合も起こりにくいのでストレスフリーになれますね。

しかし残念なのがiPhoneはQi(チー)規格のワイヤレスチャージャーに置いても反応しません。iPhoneで使用する場合は、Qi規格対応のiPhoneケースを購入する必要があります。これさえあればiPhoneの充電ストレスを軽減することが可能です。

PCから電源供給、外出先でもチャージOKなアイテムもある

モバイルバッテリー搭載なら外でもケーブル無しで充電

モバイルバッテリー搭載なら外でもケーブル無しで充電

全てのメーカーではないですが、ワイヤレスチャージャー自体にモバイルバッテリー搭載の機能を保持するアイテムもあります。出かける前に充電しておけば外出先の電源が確保できないエリアでもスマホを充電することが可能です。

Qi(チー)規格のワイヤレスチャージャー自体はUSBケーブルで電源を確保する仕組みになっており、パソコンなどからも電源供給ができます。

値段もお手ごろ、デザインは薄くて持ち運びにGOOD

丸型や木目などデザインも多様

丸型や木目などデザインも多様

Qi(チー)規格のワイヤレスチャージャーは1000円代で購入可能なアイテムで、誰でも手に入れやすい値段もオススメポイントの一つです。

デザインはそのほとんどがとても薄くスタイリッシュな見た目が目を引くこと間違いなしです。端末を置くとLEDランプが光り、きちんと充電できていることを知らせ、表面や裏面に滑り止めを施しているのでデスクの上に置いてもズレにくく、端末も滑って充電が中止!なんていうこともありません。

知ってしまうとGETしたくなる

知ってしまうとGETしたくなる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

安定感のあるフロア・床置き式のプロジェクタースクリーン

今回は安定感のあるフロア・床置き式プロジェクタースクリーンについて紹介します。昔ながらのデザインから現代風に…

gagagaet / 1055 view

ライバルと差をつける!プレゼンの成功を呼び込むモバイルプロジェクター3選

モバイル系のアイテムの充実ぶりには目を見張るところがあるのですが、最近ではなんとプロジェクターもモバイル化し…

pointow / 1070 view

キッチンからお風呂場まで!!家中どこでも音楽を聴くならソニーの“SRS-X1”がおす…

スマートフォンから携帯音楽プレーヤーなどなど、今やいつでもどこでも気軽に音楽が聞けるようになりました。そこで…

little flower / 3142 view

SONYが開発した、現代人のヘルスケアをサポートするスマホ・アクセサリー『Smart…

何だか毎日疲れが取れない- そんな悩みを抱えている現代人に、何とも頼もしいスマートフォン・アクセサリーがこ…

kojihei / 2718 view

最近話題のVR技術ってなに?

最近のトレンド技術として、VR技術というものがあります。まるで目の間に実物があるかのようなリアリティさが魅力…

pointow / 1038 view

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」活用術

1話から見ていたドラマをうっかり見逃してしまった…しかも録画もできていない。なんて悲しい経験、皆さんも一度は…

mashroomcat / 868 view

いつでもどこでも手軽に映像を楽しめる、持ち運び・モバイルタイプのプロジェクタースクリ…

イベント・パーティーや出張先でのプレゼンなどにあるとうれしい、持ち運び・モバイルタイプのプロジェクタースクリ…

papilio / 1276 view

Nature Remoをクラウドファンディングで購入!現在Nature Remoで出…

赤外線リモコンの革命 IRKitの第2段 エアコン特化型のNature Remoを購入!現在出来る事のまとめ…

ガジェットメディア編集部 / 3811 view