ビデオカメラも4Kが当たり前に!

こんな美しい動画も!

こんな美しい動画も!

テレビの進化はテクノロジーの進化そのものと言っても過言ではないですよね。テレビ放送が始まってもう数十年経過していますし、今では衛星放送なんて当たり前な時代となっています。

衛星放送の始まりかけのころ、BSのチャンネルにハイビジョン放送がありました。そのハイビジョン放送はもはや誰でも視聴できるものとなっていますよね。最初ハイビジョン放送を見た時の衝撃は、今でも忘れることができません。

残念ながら、今では単なるハイビジョン放送は古い時代になってきました。それに変わる新しい放送として、4K放送があります。単純に言うと、フルハイビジョンの4倍美しい包装が4Kなのです!あれだけ美しいものがさらに美しく放送されるなんて、今でも信じられないというのが正直な感想です。

そんな4Kですが、実は市販のビデオカメラでも4Kに対応したものが続々と登場しているのです。プロユースな印象が強いのですが、実はそんなことはなく誰でも手に入れるアイテムとなっています。

では、具体的に4Kビデオカメラはどんなもので、どのメーカーが販売しているものなのでしょうか?今回は、2016年に主流となるであろう4Kビデオカメラの魅力について紹介していきます。

4Kビデオカメラとはどんなもの?

なんとiPhoneでも!

なんとiPhoneでも!

4Kについて、もう少し詳しく解説しますとフルハイビジョンの4倍の画素数であると申し上げました。フルハイビジョンの画素数は1920x1080なのに対し、単純に4Kの場合は3840x2160という画素数になっています。

これにより、より細部まで動画を再現できるのが魅力的なのです。結構ハードルが高い印象があるのですが、実はiPhoneなどでも対応しているので意外と対応機種が多いのが特徴です。

録画するアイテムは実に多く、今回紹介するビデオカメラ以外でもデジタルカメラやドローンのカメラなどでも活用されています。なぜあまりメジャーでないのかについては、大型テレビで4K対応するとコストが高くなってしまう点があります。逆に、スマートフォンレベルであればすでに多くのもので4K対応しているので、2016年は4Kの時代になるとも言われているのです。

画質にこだわるならやはりSONY!

安定感抜群なのが魅力。

安定感抜群なのが魅力。

ビデオカメラといえばSONYという方も多くいらっしゃいますよね。プロユースの大きめのアイテムからコンパクトカメラの業界まで、SONYの幅広さには頭がさがる一方ですね。

2014年に販売したFDR-AX100は20万円以上もする高級機種でありましたが、徐々にプライスダウンしたモデルが登場しています。画質の良さは言うまでもなく高いのが魅力的です。

画質の良さは明らかなのですが、その分だけ少し筐体としては大きめのモデルが多いのが特徴です。コンパクトビデオカメラより少し大きめなのですが、十分片手で持って撮影することができるサイズ感となっています。軽さもありますので、かばんに入れても特に重さを感じないのが魅力です。

もちろん、一般的な手ぶれ補正やカラーフィルター機能もあるので、使い勝手も抜群に良いのです。

コンパクトさとお手軽がPanasonicの魅力!

Leicaレンズですよ!

Leicaレンズですよ!

ビデオカメラ業界でもうひとつ有名なのが、Panasonicですよね。松下産業機器時代からビデオカメラを製造し続け、世界の松下と呼ばれていましたよね!

当然、4Kビデオカメラの業界にも力を入れているのは言うまでもありません。プロが使用するものからミドルクラスのものまで、その商品ラインナップは他のメーカーを凌駕するものがあります。

特に、HC-VX980M-Tあたりですと10万円を切る価格設定となっていてご家庭でも使用されている方が多いのではないでしょうか?もちろん、安いからといって手を抜いているわけではなく、しっかりと4Kに対応しているあたりが流石ですね。

Panasonicが誇るレンズであるLEICAレンズを使用しているので、リアリティのある画像を再現できるのです。また、画質だけでなくDIGAとの親和性が高い点も見逃せません。これにより、撮影した動画をすぐに転送することができますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ノマド必須のMacBook+iPad取り付け金具が超絶便利!

ノマド御用達のiPad取り付け金具をご紹介。たまたま新聞で見てて便利だと思ったので取り上げました

ガジェットメディア編集部 / 1601 view

Google初のスマホ「Pixel」の特徴と気になる日本発売はいつ?

iPhoneと拮抗するスマートフォン向けOSがAndroidです。日本ではiPhone人気に押され気味ですが…

pointow / 1780 view

EOSのサブ機としての使い勝手も更に向上。PowerShotのスタンダード機G7X …

EOSのサブ機としての使い勝手も更に向上。PowerShotのスタンダード機G7X MarkII

ガジェットメディア編集部 / 1538 view

ガジェット周りを木目デザインで統一!木にこだわるとこんなに違う

スマホやパソコン周辺のアクセサリーを統一すると素敵になりますよね。これらは無機質なツールですが、自然素材のア…

sunsun / 1496 view

最強のBluetoothスピーカー!!お風呂やアウトドアで音楽を聴くなら“OMAKE…

スマートフォンやポータブルプレーヤーなどの普及で、今やいつでもどこでも音楽を聴くのが当たり前の時代になりまし…

little flower / 1459 view

電話と言ったら“受話器”でしょ!そんなこだわり派におすすめの「ハンドセット」とはどん…

こだわり派必見!ヘッドセットやイヤホンでの電話は電話じゃない!受話器を使った電話がしたい人には「ハンドセット…

little flower / 10596 view

まるで近未来!?耳を塞がないヘッドホンが大注目!

耳を塞がない「新感覚ヘッドホン」の潜在力 骨伝導で、自分以外の人にはほぼ聴こえない

ガジェット王子 ジンパチ / 3845 view

コンパクトなスピーカーを使って、アウトドアでも音楽を満喫しよう

お出かけ先やアウトドアシーンでも、ハイクオリティな音楽を楽しみたい。そんなあなたにオススメなスピーカーはコチ…

papilio / 1540 view

ボタン1つでOK!書いたものがそのままデジタル化する電子ノート「Bamboo Spa…

え!書いたらすぐにデータになるの!?そんな素敵なものがあったら、会議の議事録も趣味のデザインもサクッとできそ…

ヨシ / 2983 view

デジカメいらず!?スマートフォンのカメラで本格的な写真を撮影するための外付けレンズア…

スマートフォンのカメラは今やデジカメの代わりとも言えるレベルで高性能化しています。 しかし、デジカメには敵わ…

ガジェットム / 2231 view

関連するキーワード

pointow

スマホ好きでいろいろなアイテムを試しています!

アクセスランキング

人気のある記事ランキング