最近では、写真をクラウドで管理できるサービスが増えてきています。
今回は、その中でもGooogle社が提供している「Gooogle Photo」とAmazon社が提供している「Amazon プライム・フォト」を比較してみようと思います。

クラウドでの写真データ管理

クラウドでの写真データ管理

Gooogle Photoのメリットとデメリット

メリット

容量の範囲内であれば、無料・無制限で使えます。画像の容量は1600万画素(写真を圧縮して保存する「高品質モード」)まで、動画の容量は解像度がFullHD(1920×1080)であれば完全無制限です。圧縮と言っても、スマートフォンで撮影した写真であればほとんど気にならないレベルです。

アプリの使い勝手もいいです。デスクトップもモバイルもAmazon プライム・フォトより使いやすく感じると思います。優れた検索機能があるので、写真も探しやすい。また、ストーリーやコラージュといった撮影した写真や動画に対して素敵な作品にデザインし直してくれるアシスタント機能もGoogleにしかありません。

デメリット

Gooogle Photoは容量無制限で保存する場合、自動的にサイズを圧縮して保存するため、スマートフォン以外の本格的なカメラ(一眼レフなど)での撮影をする方にとっては少し不満足感が残る可能性が高いです。

1600万画素以上の「元のサイズモード」で保存すると無制限ではなくなり、保存が出来るのは最大で15GBまでです。(容量の追加は課金制)
また、一眼レフなどの本格的なデジカメで使うRAWファイルを使う事ができず、2GBを超える動画には対応していません。

Amazon プライム・フォトのメリットとデメリット

メリット

画像ファイルならば容量無制限で保存ができます。
また、ファイルを無圧縮・無劣化のまますることが可能です。Gooogle Photoのように1600万画素以下という制約もありません。そして、ここがGooogle Photoとの一番の違いであり最大のメリットなのですが、RAWデータも無制限に保存できます。
「カメラで撮影したものが無圧縮・無劣化のまま残る」ということなので、カメラが趣味の方、カメラを使った職業の方にとってはとても嬉しいものではないでしょうか。類似サービスのほとんどはRAWファイルを扱えないため、プロの写真家でも使える数少ないクラウドサービスだと思います。
これまで写真を保存するために購入していた外付けHDDの代わりに、Amazon プライム・フォトに保存することで安上がりにもなりますし、破損のリスクがあるHDDよりも安心できるはずです。

デメリット

画像以外の動画やPDFファイルなどは、5GBまでしか使えません。動画をメインで使っている方は物足りなさを感じるかもしれません。また、1つのファイルで2GBを超える容量のデータはデスクトップからしかアップロード出来ないなどの制限もあります。

そして、「amazonプライム」というサービスの一部です。Amazonプライム・フォト以外の様々なサービスを利用することが可能ですが、年間3900円(月額にして325円)の料金が発生します。この点は、無料のサービスであるGooogle Photoとの決定的な違いです。

Amazonプライム会員の特典

上記の通り、Amazon プライム・フォトはAmazonプライム会員になる必要がありますが、会員特典である以下のものが受けられます。

・お急ぎ便が無料
・お届け日時指定便が無料
・特別取り扱い商品の手数料が無料
・プライム会員限定先行セールがある
・自分以外に家族2人まで同じサービスを受けられる
・Kindleの本が月に1冊無料
・動画が見放題の「プライム・ビデオ」
・音楽聞き放題の「プライムミュージック」

などなど、たくさんあります。

結局どっちがいいの?

じゃあ、結局どっちがいいの?という方向けに簡単にまとめました。

Gooogle Photoをおすすめしたい人

・お金をかけずにお得に使いたいと言う方
・撮影のメインはスマートフォンだという方
・動画をたくさん撮る方
・検索機能やデザイン機能など、アプリの使い勝手を重視したい方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

急速充電できるモバイルバッテリーの見分け方とは

モバイルバッテリーはもはやスマートフォン所有者の場合は一人で一つずつ持つマストアイテムとなっています。そんな…

pointow / 3033 view

アウトドア派必見!!キャンプでもスマートフォンをはじめとするガジェットを活躍させるア…

アウトドアでもスマートフォンをはじめとするデジタルガジェットを活用する人が増えてきいる昨今。 そんなアウトド…

gadgetman / 5265 view

アナログだけど高画質!テレビ・ビデオケーブルの赤・青・緑の「コンポーネント端子」って…

映像を伝送するオーディオケーブルは、現在デジタルのものが増えています。これはプレーヤーなどがデジタル化してい…

papilio / 17162 view

ケーブル選びはとても重要!オーディオケーブル1つで音質が変わる!?

オーディオ機器だけではなく、オーディオケーブルも慎重に選びましょう。ケーブルによって再生される音質は変化して…

bontaku / 3162 view

買い間違え注意!!AVケーブルにはそれぞれ役割がある!!

テレビやパソコン、オーディオなどなど今や私たちの生活の中でAV機器が活躍する場面は多岐にわたります。そんな数…

bontaku / 9039 view

電源ユニットの切り替えスイッチってどうしてついてるの?切り替えるとどうなる?

ケーブル差込口の横に、数字が書かれた小さなスイッチがついていることがあります。一体、何のためについてるんでし…

papilio / 5061 view

至福の音楽を楽しむ!10万円以上のイヤホン5選

音楽や動画を外で楽しむ人が増えています。そんなみなさんにおすすめしたいのが高性能イヤホン。今回は10万円以上…

sunsun / 4310 view

ドメインだけ調べたい!等の要望に答えてくれるExcelの文字列操作関数についての悩み…

今回はExcelの文字操作関数についてどんなものかわからないという悩みを少しでも解消できればと思います。

gagagaet / 3055 view

小型PCを組む際にオススメの電源メーカー“SILVERSTONE”の魅力!

自作パソコンというと「タワー型のケースを使った大きいデスクトップ」というイメージが強いですが、最近では各パー…

little flower / 4666 view

【テレビ取り付けの基礎】同軸ケーブルの選び方 3ステップ

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けてテレビも4K,8Kなど高画質のものが次々発売されています。…

Tech_Civili / 1074 view

関連するキーワード