懐かしさが漂うレトロなガジェット

あの頃に戻ってみましょう

あの頃に戻ってみましょう

ガジェット機器は日々進歩しており、現在でも利便性やユニークさを追求してさまざまな機器が開発されています。

新しいガジェットが登場する一方で、消えていったアイテムもありました。今回はとても懐かしく感じるレトロなガジェットを5つご紹介します。

公衆電話に長蛇の列ができたポケベル

NTTドコモが発売したポケベル

NTTドコモが発売したポケベル

当時電話機のボタン打ち込みの速さを競い合ったのではないでしょうか?

ポケベルは現在のNTTが開発した「無線呼び出し」という小型の受信機のことを指します。電話回線から相手が持つ電話番号に連絡すると、液晶画面に自分の番号が表示される仕組みでした。

発売当初はただ自分の番号が表示されるだけの受信機でしたが、1987年頃に番号と合わせて10桁の数字を送信できるようになり、その数字の羅列で会話できるようになったのです。

当時外出先での送信手段が公衆電話しかなく、街中の公衆電話には女子高生の列ができるのが当たり前でした。1994〜97年に学生の間で流行していたポケベルも、携帯の普及とともにブームが去り、2007年には大手の通信業者がサービスを終了しました。

この表を頭に入れて受話器の前にスタンバイ

この表を頭に入れて受話器の前にスタンバイ

安価な料金が魅力で2000年初頭まで利用者がいたPHS

携帯電話とそっくりなPHS

携帯電話とそっくりなPHS

携帯電話とそっくりなのに低価格の料金が人気だった携帯電話機です。

PHSという名で親しまれたガジェット。PHSは小型の電話機を携帯して外出先等で長距離間で通信ができるシステム自体の名称でした。

一昔前の携帯電話と似た様なデザインですが、通信区分は明確に分けられており、PHSの基地局のカバー力は半径500m程度というとても狭いものでした。

料金は比較的低価格でしたが、山間部や田舎などでは通信ができず、また高速道路でも通話できずよく途切れるといったトラブルも多くありました。

その料金の安さから学生ではポケベルからPHSへ移行する人も増え、2000年初頭までは中高年にも人気があった電話機です。

任天堂初の携帯型液晶ゲーム機・ゲーム&ウオッチ

国内外で4000万個以上を売り上げたゲーム機

ゲーム&ウオッチは1980年に任天堂が初めて発売した「携帯型液晶ゲーム機」です。

本体内のROMにすでにゲーム仕様が書き込まれており、「1ハード1ソフト」でカートリッジを交換してさまざまなゲームを遊ぶことはできませんでした。しかし難易度は「低めのGAME A」と「高めのGAME B」から選択することも可能でした。

ゲーム&ウオッチはゲームで使用しない時には時計として利用できることから、名称にウォッチの名が付いているのです。

手元で遊べる手軽さが話題となり、日本での売り上げは1287万個、日本国外では3053万個を売り上げたヒット作品でした。

子供から大人まで楽しめたファミリーコンピュータ

老若男女みんなが楽しめるゲーム機

老若男女みんなが楽しめるゲーム機

一家に一台はあるような爆発的にヒットしたゲーム機だったのではないでしょうか。

1983年に大手ゲームメーカー任天堂が発売した「家庭用ゲーム機」がファミリーコンピュータです。ゲーム機本体にロムカセット差し込み、それを交換することでさまざまなゲームを楽しむことができました。

本気の発売と同時にリリースされたゲームは「ドンキーコング」や「ポパイ」シリーズの3本のみでしたが、その後「五目ならべ 連珠」と「麻雀」が発売され、子供から大人まで楽しめる家庭用ゲーム機という名称通りになったアイテムです。

当時家庭用ゲーム機をさまざまなメーカーが発売していましたが、ファミリーコンピュータは群を抜いて高性能と評判でした。

ゲーム&ウオッチの次世代型ゲーム機・ゲームボーイ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

最後の五感!香りとITの新しい取組みも始まっている

視覚と聴覚をコンプリートしたガジェット。その他の五感は開発が進んでいない状況でした。しかし最近その一つである…

sunsun / 4196 view

ここまできた!見たままの風景を撮影できるカメラ付メガネが登場

これまでカメラ以外のもっと便利なもので、「これが撮りたい」と思った瞬間に、撮影ができたらと思ったことはありま…

mashroomcat / 2057 view

20代のビジネスマンに人気のビジネスバッグブランド5選

「機能性にもデザインにもこだわりたいけど、あまり高すぎるものは手が届かないし…」そんな20代のビジネスマンに…

papilio / 2633 view

両手が使えなくても楽々!iPhone6sを支えるiPhoneスタンドで快適暮らしを実…

家にいる時や出先など、両手を使わずにiPhone6sで動画など楽しめたらもっと快適に過ごせますよね。今回はi…

mayuripon / 3052 view

ホビーの最高峰!「カーズ」をリアルに再現するスフィロ社の LIGHTNING McQ…

映画「カーズ」の主人公がそのまま飛び出してきたかのようなSphero社のカー・トイは、一見、よくできたラジコ…

Tokio_03 / 3473 view

AMAZON Dash Buttonのすごさと注意すべきこと

Amazonの新サービス「AMAZON Dash Button」。通販からさらに進化した“買い物サービス”が…

sunsun / 802 view

ビジネスにも個人ユースにも!Scan Snapの便利な活用法とは

スキャナーの進化が年々進んでいて、高速化・高画質化が当たり前のように進んでいます。その中でも、富士通のSca…

pointow / 1092 view

映してよし、書いてよし!使い方無限大のマグネット式プロジェクタースクリーンとは?

プロジェクタースクリーンとホワイトボードのイイとこ取り!?さあ、あなたもマグネット式プロジェクタースクリーン…

papilio / 1390 view

手触りも再現されるゲームコントローラー「M-ORB」とは?

技術が進歩し今や時代は「仮想現実」の世界に進んでいます。そんな中、日本の企業が「感触」を体験できるコントロー…

sunsun / 1996 view

最新ガジェット!スマートベルトWELTがスマートすぎてもはや死角なし!

「スマートベルト WELT(ウェルト)」は、スマホアプリと連携することで、着用するだけで消費カロリーや歩数な…

Tokio_03 / 24629 view