AmazonPrimeNOWはどんなサービス?

みんなが利用しているAmazon

みんなが利用しているAmazon

インターネット通信販売はパソコンやスマホの普及とともに拡大していきました。Amazonもそんな通信販売会社の一つで、世界中に店舗展開しています。

今まではワンクリックで購入ボタンを押しても、商品が届くのには最低1日は必要でした。しかしAmazonはその常識を覆し、わずか1時間以内で商品を届けるという新サービスを開始しました。

それが「Amazon Prime Now」なのです。

大手通信販売メーカーのAmazonが配達にまで着手

専用の紙袋で届けてくれる

専用の紙袋で届けてくれる

Amazonといえば、グローバルに展開している大手通信販売メーカーですよね。品揃えの多さと他社に比べて安い価格設定で、多くの人が利用しています。

Amazonのサイトで掲載されている商品をショップの画面から注文し、数日後に届く、というのが今までの運営方法でしたが、2015年11月からAmazon自身が商品を配送し1時間以内で届けるというコンセプトのサービス「Amazon Prime Now」がスタートしました。

対象となるのはAmazonにて3,900円(税込)の年会費を支払っているプライム会員になります。

Amazon Prime Now - YouTube

出典:YouTube

18,000点の商品から購入できる

ほぼ全ての商品が購入可能

ほぼ全ての商品が購入可能

注文受付は専用アプリの「Prime Now」のみです。このアプリはiPhoneとAndroid両方でダウンローでできます。はじめは配達対象エリアなのかを確認する画面からのスタートになります。

取り扱っている商品の数はなんと18,000点で、日用品から生活必需品・本やゲーム・家電など品揃えも半端ではなく、欲しい商品がきっと見つかるでしょう。また配達時間の短さから冷凍食品や冷たいドリンクなども注文することが可能です。

送料890円で1時間以内で届けてくれる

早朝から深夜まで選択可能

早朝から深夜まで選択可能

Prime Nowの最大の魅力は配達時間の短さにあります。送料890円を支払うと1時間以内で商品が届き、2時間後以降だと送料は無料になります。さらに翌日配送も指定可能です。

配送は早朝6時から深夜12時まで2時間ごとに細かく指定ができるので、一般とは生活リズム違う人にとっても嬉しいですね。またこれなら予定も細かく立てることができそうです。

配達可能エリアは東京都・神奈川県・千葉県・大阪府・兵庫県(一部地域対象外)になっているので、主要都市に住んでいる人は自分が対象地域なのかをチェックしましょう。

一点気をつけたいのが、Prime Nowを利用するには購入する商品の金額が2,500円以上必要です。また初回利用分だけは5,000円以上購入しなければなりません。

しかし時期によっては初回購入時に1,000円〜2,000円のクーポン券を取得して使用できるそうなので、購入費用を抑えることができます。

配送状況が地図で確認できる

今購入商品がどこにいるのかを確認

今購入商品がどこにいるのかを確認

Prime Nowの面白い機能は配送状況が地図上で確認できるという点です。配達員の氏名と出発地点・到着地点をアイコンで確認することができ、画面下には配送状況を文章でチェックできます。

商品到着の間際には、初期登録時に設定したメールアドレスなどに連絡が来るようになっています。

Prime Nowは自宅だけではなく指定すると会社にも商品を届けてくれるので、対象エリアであれば緊急に必要な商品もすぐに注文することが可能です。

そのすごさに利用経験者は驚いています

そのすごさに利用経験者は驚いています

今回は2015年11月にスタートしたばかりの新サービス。Amazonの「Prime Now」について調べてみました。

送料890円を支払えば1時間以内に商品を届けていくれる、というコンセプトは今までの配送の常識を覆したのではないでしょうか。さらに2時間以降なら送料無料というのもお得だと思います。

利用条件のプライム会員であること・配送エリア内・合計2,500円以上の商品(初回は5,000円以上)さえ満たせば誰でも利用できます。

緊急で必要なものや一人で持ち帰るのが大変な商品など注文したい時に便利なシステムですね。皆さんも機会があれば利用してみましょう。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

夜更かし注意!?寒い日の休日に最適なスマートフォン・パソコンで楽しめる動画配信サービ…

寒い季節、休日は外に出ないでマイルームでぬくぬくと暖かに休んでいたいもの。 しかし、ただマイルームでにいるだ…

ガジェットム / 3600 view

我らのChatWorkが自動連携サービス Zapier(ザピアー)に対応!

我らのChatWorkが自動連携サービス Zapier(ザピアー)に対応!ChatWorkとZapierで使…

ガジェットメディア編集部 / 13278 view

未来の通貨?ビットコインで使えるオススメウォレットアプリ

最近じわじわと利用者が増えている仮想通貨「ビットコイン」。Suicaなどの電子マネーと違って実際に紙幣やコイ…

papilio / 3996 view

dマガジンだけじゃない!続々参入雑誌読み放題アプリ比較

雑誌の読み放題アプリの人気が高まり、サービスが続々登場しています。今回はそんな雑誌読み放題アプリを比較してみ…

sunsun / 4192 view

デジタルとアナログの融合!?スマートフォンと連携するメモ帳やカメラアプリを使ってスマ…

今やビジネスシーンでスマートフォンは必須とも言える存在です。 ペーパーレス、デジタル化が進むそんなビジネスシ…

gadgetman / 4319 view

ゲリラ豪雨対策にピッタリ!「Yahoo!防災速報」「Yahoo!天気」の2つの無料ア…

Yahoo!Japanが配信している、「防災速報」「天気」という2つのアプリで、ゲリラ豪雨などから見を守ろう…

むみょう / 5049 view

自分好みにカスタマイズ!iPhoneでもキーボードアプリが使えるように!

iPhoneでもサードパーティ製のキーボードアプリが使えるようになって随分経ちましたが、まだデフォルトのキー…

gadgetman / 4437 view

世界No.1音楽サービス「Spotify」の凄さとは?

世界No.1音楽サービス「Spotify」が日本に上陸して早数ヶ月。もうダウンロードしましたか?今回はまだ知…

sunsun / 4023 view

iOS10の新機能まとめ

2016年9月14日に最新の「iOS10」がリリースされましたが、もうアップデートはしましたか?今回は便利に…

sunsun / 3383 view

HDDや本体ストレージに保存するのはもう古い!今やデータ保存の常識、無料のクラウドス…

データやファイルの保存といえば、HDDや本体ストレージに保存するというのが基本です。 しかし、HDDや本体の…

gadgetman / 6023 view

関連するキーワード