撮影フィルムをデータ化可能!

大量に残ってしまうフィルム

大量に残ってしまうフィルム

写真といえば10数年前までは撮影フィルムが主流でした。

そのフィルムを写真屋さんで現像しアルバムに保存。そして大量のフィルムも一緒に残る・・・そんな時代でしたよね。

掃除してたら見つけた押し入れにあった撮影フィルム。思い出もいっぱい詰まっている宝物を現代に蘇らせてスッキリと保存しませんか?

サンワダイレクトが発売しているフィルムスキャナーなら、眠っていたままのフィルムをデータ化し、SDカードに保存することができるんです。

ネガをホルダーにセットするだけの簡単操作

1枚ずつしっかりスキャン

1枚ずつしっかりスキャン

使い方はとてもシンプルです。

まずは保存用のSDカードを差し込み、データ化したいフィルムを本体のホルダーにセットします。フィスムスキャンには2.4インチ型のカラー液晶モニター搭載で、そちらから1枚ずつ思い出の写真をスキャンニングし、SDカードに取り込みます。

また、シチュエーションや用途に合わせてカラー・モノクロ・アップ・正方形の4つのパターンから選んでスキャンニングできるので、自分好みのデータが作れます。スキャン自体は1枚約5秒ですので、待つ時間の煩わしさも少ないでしょう。

写真に合わせて選べる4つのタイプ

写真に合わせて選べる4つのタイプ

シンプルなデザインが使いやすい

わかりやすいボタン配列

わかりやすいボタン配列

高性能なデジタル機器で一番困るのが、その多様すぎる機能が挙げられますよね。

操作ボタンが小さく大量にあるとどれを押せば良いのか迷うことも・・・。そして結局使いこなせないで終わってしまうことが多くあります。

しかしフィルムスキャナーのボタンはたったの6個。大きなボタンとわかりやすい表示や配列で簡単に操作ボタンを見分けることができます。

USBコードで接続してパソコンで細かな編集が可能

パソコンでさらに編集が可能に

パソコンでさらに編集が可能に

フィルムスキャンはデータ取り込み時に4つのスキャンニングパターンを選べますが、専用ソフトをダウンロードしておけば、パソコンでUSB接続することによって、さらに細かな画像編集が可能になります。接続用のアクセサリーはセット用品に含まれているので、他で取り揃える必要はありません。

専用ソフトのアークソフト社が提供する「Media Impression」はWindows(7/vista/XP)とMac(OSX 10.5以上)の両方に対応しています。そちらで赤目補正・カラーエフェクト・トリミングなど細かい編集をすることで、昔の撮影フィルムの写真を現代に美しく加工することができます。

本体仕様や付属アクセサリーはこちら

本体仕様や付属アクセサリーはこちら

10,000万円以下の低価格が嬉しい

高性能でも低価格

高性能でも低価格

大量の撮影フィルムを取り込むことができ、取り込みパターンの選択・他のデバイスとの安易な接続など高性能なフィルムスキャナー。一体どれだけの価格なのか・・・と気になるところですが、なんと販売価格は8,800円(税込)と、10,000以下で購入が可能なんです。さらに送料もSANWAダイレクトが負担するなど、価格の面でもかなり魅力的になっています。

また、専用のクリーナーブラシが付属されているので、読み取り部分をささっとお手入れすることが可能。これがあればいつまでも本体を綺麗に保ち、性能を落とすことなく使い続けられます。

自動でクリーニングしてくれる

自動でクリーニングしてくれる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

これは便利!多目的ワークデスクの新しい使い方

シンプルなデザインでコーディネートしやすい上に、お手頃な価格で手に入る多目的ワークデスク。何十万円もするブラ…

mashroomcat / 2230 view

ワンルームでもOK!人気の省スペースパソコンデスク5選

最近はワンルームでもパソコンデスクを設置したいというニーズが増えています。もちろん容易く対応できるものではな…

pointow / 10304 view

AndroidからiPhoneへ変えたい人必見!ケースやアプリケーションソフトを使っ…

日本の携帯電話業界において、電子マネーというものはガラケーの時代から標準装備されるほど、必須の機能となってい…

gadgetman / 6292 view

自作パソコン初心者向け!電源とコネクタの接続方式”プラグイン式”と“直出し式”の違い…

パソコン自作を始めたい方で、躓く部分の1つとして、電源ユニットのコネクタの種類ではないでしょうか?電源のコネ…

little flower / 8971 view

いらないAV機器をお金に買えよう!ショップの買取サービスがオススメ!

新しいものを買った時、古いものは粗大ゴミで捨てていませんか?まだ使えるのに捨てるなんてもったいないです。AV…

mayuripon / 4244 view

今更聞けない!AVケーブルやオーディオケーブルの種類、ステレオミニジャックの選び方

音楽制作の際に役立つアイテムは何となく知っているのもの、詳しい情報については認識できていない・・・。という方…

hamunida / 8279 view

abemaTVをスマホで録画する方法

abemaTVをスマホで見たことがある人なら一度くらい「録画することってできないの?」なんて思ったことがある…

mashroomcat / 23502 view

HDMIセレクター(切替器)ってナニ?HDMIスプリッター(分配器)とどう違うの?

見た目はなんだか黒っぽい箱みたいだけど、いざ使ってみるととっても便利!今回は、HDMIセレクターについてご紹…

papilio / 51809 view

映像だけではなく音質にもこだわりたいあなたへ!薄型テレビに最適な“横長スピーカー”を…

液晶テレビ・プラズマテレビの普及で薄型テレビをお持ちの方は本当に多くなりました。省スペースで、高画質だけれど…

little flower / 4363 view

どうしてこんなに熱くなるの!?PCが熱くなる問題が発生したときの正しい対処法

ただパソコンを使っているだけなのに、電源が熱くなる!なんて経験をしたことがある方も多いのでは?パソコンはなぜ…

little flower / 96885 view