ハイレゾスピーカーがなぜ受けている?

ハイテクの申し子!

ハイテクの申し子!

少し前までは、携帯音楽といえば聞ければそれで良いという感じで、音へのこだわりは少なかったのが実情です。高音質を臨むのは、むしろナンセンスと思われるほどの扱いであったのですが、スマートフォンの普及による大容量化により、より高音質な音楽を楽しむ事ができるようになったのです。

その中で誕生したのが、ハイレゾです。従来の技術では、どうしても収録しきれなかった音域というものが存在していました。それを全て収録するための技術として、ハイレゾが誕生したのです。ハイレゾはCDの約6.5倍の情報量を収録できるのが魅力となっています。これはすごい技術ですよね。

ハイレゾは、主に音楽配信で音源を手に入れることができます。手軽に入手できるのは魅力的ですが、それを再現できるだけのスピーカーが無いと何の意味もありません。最近では、ハイレゾスピーカーを各メーカーでラインナップしており、その技術も熟成しつつあるのが実情です。

では、具体的に各メーカーでハイレゾスピーカーに特徴があるものなのでしょうか?そして、その音質はどの程度違うものなのでしょうか?今回は、ハイレゾスピーカーの各メーカー別の特徴や魅力を比較します。

スピーカーといえばBOSE!ハイレゾにも当然対応。

高音質スピーカーの代名詞といえば、真っ先に思いつくのがBOSEです。プロもその実力を認めるメジャーなスピーカーを提供していますが、このCompanion2 IIIは、実は正式にはハイレゾ対応スピーカーではないのですが、再現性は最高に高くさすがBOSEといったところがあります。特に高音質での再現性の高さが圧倒的に高く、買ってよかった!を実感できるスピーカーなのです。

非常にコンパクトで、パソコン周りに設置しやすいのも特徴です。小型で音質はどうなの?と疑いたくなりますが、そこはBOSEなので全く心配ご無用です。USB接続しているにもかかわらず、これだけの音を再現できます。更には、パソコンだけでなく携帯プレイヤーとの相性も抜群なのです。

ハイレゾの申し子!?sonyも侮れない。

ハイレゾといえばsonyという方も多くいらっしゃいます。それだけ、sonyはハイレゾに心血を注いでいる感じがあります。このSRS-X9は、何とWi-Fi接続でこれだけの高音質を実現しているのに驚きます!少し大型ですが、パソコン周りにも設置しやすいのも良いですね。この筐体に、何と7ユニットスピーカーを入れ込んでいるのは、素晴らしいの一言です。

海外でも、当然高い評価を受けているスピーカーになります。Definitive Outline (ディフィニティブアウトライン)と呼ばれる手法でデザインされた筐体は、インテリアアイテムとしても抜群のかっこよさがあります。独特の光沢も非常にかっこいいですね!見た目も音質も最高にイケてるアイテムなんですよ。価格面では少々お高めですが、十分満足できるアイテムとなっています。

ヤマハもかなり力を入れている!

スピーカーメーカーとしても有名なヤマハでも、もちろんハイレゾスピーカーを多くラインナップしています。PCに接続するタイプから、ポール型の大型モデルまで、多種多様なアイテムを販売しています。このNS-BP182というモデルは、ハイレゾスピーカーでありながら何と2万円以下でゲットできるコストパフォーマンスの高さが魅力となっています。この例のように、ノートパソコン周りでも邪魔にならないサイズ感も魅力です。

すっきりとしたデザインで、3cmアルミドーム型トゥイーターと13cmコーン型ウーファーの構成となっています。スピーカー端子での接続となっており、アンプと接続して使用するスタイルとなります。この方が音質的には良いものとなりますね。木目調のデザインがインテリアアイテムとしても高く評価できます。ハイレゾスピーカーの入門編としては最適なアイテムであるといえます。

お読み頂きありがとうございました

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ワンルームでもOK!人気の省スペースパソコンデスク5選

最近はワンルームでもパソコンデスクを設置したいというニーズが増えています。もちろん容易く対応できるものではな…

pointow / 1911 view

【PR】フリーソフトで愛用のパソコンを保護(バックアップ)してみよう!

完全無料のデータバックアップソフト EaseUS Todo Backup Freeを使ってバックを方法を解説…

ガジェットメディア編集部 / 806 view

魔法のオーディオケーブル?iphoneなどの音楽プレイヤーをアンプにつなげて大音量で…

自分の部屋がライブハウスに大変身!?大好きな音楽を大音量で聴けるなんてたまらない…!気になる魔法のオーディオ…

little flower / 1400 view

無いと困る?ビデオ撮影時に必須の予備バッテリーの選び方3つの視点!

4K撮影などどんどん高画質高性能になっていくビデオカメラ。そんなビデオカメラをお持ちの皆様は予備用バッテリー…

little flower / 824 view

iPhone6sが熱くなる!そんなときは電源ボタンを使って問題解決!

あなたがお持ちのiPhoneは大丈夫ですか? 近年発売されたiPhone6sの本体が熱くなるという問題が生じ…

little flower / 13851 view

今話題のTranscend(トランセンド)って何者?!Transcendの魅力をご紹…

メモリ製造メーカーTranscendの魅力に迫る!製品も中の人も魅力的?!

ガジェットメディア編集部 / 3617 view

英文資料もその場でスキャンして翻訳!持ち歩けるペン型ハンディスキャナがビジネスマンに…

外国語の資料が読めないという時代はもう終わり!英語がまったく読めなくてもこのアイテムを使えば読めてしまう。そ…

ヨシ / 2071 view

Gooogle PhotoとAmazon プライム・フォトどちらがオススメ?

話題の「Gooogle Photo」と「Amazon プライム・フォト」は、一体どちらがいいのでしょうか? …

ヨシ / 1093 view

コンポジット?HDMI?用途に合わせてビデオケーブルを選べば綺麗な映像を楽しめる!

様々な種類のビデオケーブルが存在する現代。イマイチよく分からないという方のために、ビデオケーブルの種類の違い…

little flower / 1752 view

アウトドア派必見!!キャンプでもスマートフォンをはじめとするガジェットを活躍させるア…

アウトドアでもスマートフォンをはじめとするデジタルガジェットを活用する人が増えてきいる昨今。 そんなアウトド…

gadgetman / 1880 view

関連するキーワード

pointow

スマホ好きでいろいろなアイテムを試しています!

アクセスランキング

人気のある記事ランキング