子供が生まれたから、動画配信をしたいから、スポーツを記録したいから……などなどビデオカメラの需要は高くなってきています。
そこで、最近始めた・これから始めるといった初心者の方がより綺麗にうまく撮影できるように熟練者たちなら知っていて当たり前のビューファインダーの覗き方について解説致します!
いい機材なのに熟練者のようにうまく撮れない、見たものと違って映っているなど、初心者にありがちな悩みを解決できることでしょう。

皆様、ビデオカメラのビューファインダーを覗く目が、右目の人、左目の人、それぞれいらっしゃるかと思います。
しかし、初心者の方などはそのビューファインダーの覗き方などについて、特に意識したことはないかもしれません。

しかし、この覗き方によって初心者か、熟練者かが分かってしまうのです!
ぜひとも、熟練者の覗き方を覚えて、よりよい撮影を行いましょう!

“利き目”による違い

カメラにも利き目がある?

カメラにも利き目がある?

まずは、実際にビデオカメラを持ちビューファインダーを覗いてみてください。

…右目で覗きましたか?左目で覗きましたか?

一般的に、右目でビューファインダーを覗いた人は利き目が右目、左目で覗いた人は利き目は左目ということになります。
実は目にも、手と同様利き目が存在しているのです。

利き目を知る簡単な方法があります。
まず、目の前で手を使って輪っかをつくります。
そして、その中を両目で見てください。
その後に左右の目のどちらかを閉じて、輪っかの中を見ます。
その時、両目で見た時より、大きくズレているとそちらは利き目ではないということになります。
人間の目は左右の目のズレを補正しながら、立体的に見ています。
しかし、左右どちらかの目が利き目として働き、利き目に頼った視界になるので、このように大きなズレが生じるのです。

また、これもちょっとした豆知識ですが、利き手で表すと日本人には左利きの人が5~10%程度しかいませんが、利き目が左目の人は約30%以上もいるのだそう。

カメラの設計

カメラの基本設計

カメラの基本設計

日本人がビデオカメラのビューファインダーを見る目は、左目に比べて“右目”の方が多いとのこと。

上で紹介した右目が利き目の人と左目が利き目の人の割合を考えるとわかるかと思います。
なので、カメラの設計も基本的に“右目でビューファインダーを覗いて右手でシャッターボタンを押す”ようになっています。
これはハサミなどでもよくあることですね。

手と目の両方が右利きの人は特に気にする必要もありませんが、手と目が左利き、目だけが左利きの人は少し使いづらいと感じるかもしれません。
中には、どちらの目で見ても使いやすいよう設計されたカメラもあるので、そちらを検討するのも良いでしょう。

ビューファインダーの覗き方で○○が分かる!?

覗きこんでない方の目に注目!

覗きこんでない方の目に注目!

次は、ビデオカメラのビューファインダーを覗き込んでない方の目に注目してみましょう。
あなたはビューファインダーを覗き込んで“いない”方の目は閉じていますか?開いていますか?

どちらが正しいかというと正解はありませんが、実はビデオカメラ初心者ほど目を閉じている傾向が多く、反対に熟練者ほど目を開いている傾向が多いようです。

熟練者は被写体を肉眼とファインダー越しの両目で捉え、シャターチャンスを 狙っている

つまり、肉眼とファインダー越しの両方で被写体を捉えることで、ファインダー越しでは見えていなかった部分も把握することが出来、シャッターチャンスをより狙いやすくしているということです。
例えば、ファインダー越しのみでは、全体の光の動きを把握しづらく、ファインダー外から突然入ってくる影や光に対応できません。
子供の運動会や発表会などで、ファインダー越しばかりで自分の子供を中心に撮影していたら、突然目の前に人やものが現れるなんて経験があるのではないでしょうか?
ファインダーを覗いていない目を開けていれば、そういった障害物もファインダーに入る前に把握できて、上手に回避することができるでしょう。

まとめ

このように熟練者たちはビューファインダーを覗く行為1つとってもさまざまなことを考えています。
ただのビデオカメラのビューファインダーの覗き方でと言っても、それだけでさまざまなことがわかってきます。
初心者でも、熟練者のように格好良く綺麗に撮影するためには、ビューファインダーの覗き方について正しく理解することが大切です。

また、あなたのカメラ友達のビューファインダーの覗き方をちょっぴり観察してみると新たな発見があるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

意外と知らない!?intelCPUの主な種類や性能、Core i5やCore i7の…

CPUとは別名プロセッサーともいい、人間に例えると頭脳に該当します。マウスやキーボードなどの周辺機器からデー…

hamunida / 1322 view

ネット通販好きにオススメの不在時に便利な宅配ボックス5選

ネット通販で買い物をすることが多い人は、宅配ボックスを設置すると不在などで荷物の受け取りを心配する必要が少な…

kira / 2617 view

お風呂の時間を楽しく過ごそう!お風呂で使えるAV機器集

お風呂は一日の疲れを洗い流す大事な時間。湯船にゆっくりと浸かって癒されたいですよね。そんな時にオススメなお風…

mayuripon / 1985 view

パソコンデスクを買う前に注意したい5つのポイント

大人になって必要になってくるのがパソコンデスクです。仕事だけではなく家庭でも使用する人が増えたためその需要が…

sunsun / 1043 view

あなたのパソコンの使用目的は何?目的に合わせた正しいOSの選び方とは

パソコンの選び方において、一番大切なのは“自分の使用目的”に必要な機能や性能を知ることです。特に大切なのがO…

little flower / 1454 view

意外と便利!?ビジネスにも使えるExcelの数学/三角関数

Excelには数学/三角関数というものがあります。数学という名前がつくので会社などでは使わないと思われている…

gagagaet / 1414 view

スポーツの秋!!ランナー向け、快適なランニングを手助けするイヤホン・ガジェット・スマ…

スポーツの秋です! 涼しくなり運動するなら快適な季節になりました。ランニングやジョギングなどで、紅葉など季節…

gadgetman / 2294 view

どっちが便利?充電式と乾電池のモバイルバッテリーそれぞれの特徴

現代人に欠かせないモバイルバッテリー!便利なアイテムですが、充電式と乾電池式はどちらが良いのでしょうか?今回…

sunsun / 21078 view

仕事効率は2倍以上?液晶モニターアームを選ぶ時の3つのポイントを解説

一度使うとやめられなくなるマルチディスプレイ。一度に2つ以上のwindowが開けるので、作業効率がぐっとアッ…

mashroomcat / 3589 view

ケーブル選びはとても重要!オーディオケーブル1つで音質が変わる!?

オーディオ機器だけではなく、オーディオケーブルも慎重に選びましょう。ケーブルによって再生される音質は変化して…

bontaku / 796 view