今や多くのオーディオ機器がデジタル化しています。
それに合わせて、ケーブルもデジタル対応のものが増えてきいますよね。
でも、まだまだアナログタイプのAV機器を使っているという方も多いのではないでしょうか。

アナログというと、デジタルに比べて画質が悪いなんて思っているかもしれません。
しかし、実はそんなことはありません!!
ちょっと古いAV機器でよく見かける、アナログ式のコンポーネント端子(色差端子とも呼ばれます)はHD出力にも対応しているのです。
見た目はRCA端子と似ていますが、RCA端子の黄・白・赤に対して緑・青・赤の3色になっているのがコンポーネント端子の特徴です。

そこで、今回はこの緑・青・赤のコンポーネント端子についてご紹介します!
まだまだ現役でアナログタイプのAV機器を使いたい人必見です!

コンポーネント端子とは

アナログの映像端子

アナログの映像端子

緑色の端子(Y)で輝度、青色の端子(B-Y、Cb、Pb)および赤色の端子(R-Y、Cr、Pr)で色信号をそれぞれ伝達します。
輝度と色信号をそれぞれ別のケーブルで伝送するため、信号同士が干渉することが少なく綺麗なまま映像を伝送することが可能です。
他のアナログケーブルであるコンポジット端子やS端子は1つのケーブルですべての信号伝送しているので、コンポーネント端子を使えばそれらより圧倒的に高画質が実現します。

また、ハイビジョン信号(720P,1080i等)まで伝送できますので、元の映像がHDでも安心して使用できます。
それぞれの信号が別々で干渉が起こりにくいので、比較的長いケーブルでも劣化なく映像を伝送することができるのが嬉しい点ですね。

専用ケーブルがあれば、D端子に変換できる

3本のケーブルを1本にまとめられる

3本のケーブルを1本にまとめられる

コンポーネント端子の短所は3本も接続しなければならないわずらわしさがあります。
しかし、専用の変換ケーブルさえあればD端子に一本化することができます。
D端子とは簡単にいえば、コンポーネント端子を1つにまとめたものと考えて間違いないです。
新しい機種では、コンポーネント端子が存在しない場合もありますが、D端子であればまだまだ最新機種でも対応していることが多いです。

なので、最新機種と古い機種を接続する際はこの変換ケーブルを使えば大丈夫です。

とは言え、これからはHDMIが主流

地デジとともにHDMIが普及

地デジとともにHDMIが普及

これまでコンポーネント端子についてご紹介してきましたが、やはり最近のAV機器ではHDMI端子が主流となっています。
HDMI端子は、これ1本で音声・映像をデジタル信号として劣化させることなく伝送することができるのです。

なので、今後新しいAV機器を購入する場合は、D端子があるものを選びましょう。
また、どうしてもHDMIしかない場合は、変換用の機器を使用することで、コンポーネント端子をHDMIに変換することができます。

アナログでも綺麗なコンポーネント端子

いかがでしたか?

デジタル式のHDMI端子が主流の現在、アナログ式のコンポーネント端子・D端子は減少傾向にあります。
しかし、まだまだ旧機種でも現役で活躍できる機会は多いですし、旧機種でもハイスペックモデルならば、現在のハイスペック機と遜色ないものもあります。
そんなときに、このコンポーネント端子を使えば、例え古い旧機種でも綺麗に映像を映し出すことができます。

もし、家の中で眠っているアナログ式のAV機器があったら、コンポーネント端子を使って再利用してみてはいかがでしょうか!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

最近流行りのアクションカム!!アウトドア好きな人にオススメなビデオカメラをご紹介!!

ビデオカメラの高性能化と共に小型化も進んできた現在。アウトドア界隈で流行っているのが「アクションカム」です。…

bontaku / 1205 view

海外でモバイルバッテリーを充電する時に注意すべきこと

コンセントの形状や電圧の違いから、使うなら注意が必要なモバイルバッテリー。「海外で使用するならどうやって充電…

mashroomcat / 5179 view

挿し間違いに注意!!電源コネクタの「EPS12V」や「ATX12V」って?たくさんあ…

自作PCを始めたいけど、電源コネクタの種類が多くて、自分に合った電源コネクタがわからない…。そんな方もいるの…

little flower / 10521 view

スマートフォンのアクセサリーケースの選び方やワイヤレスキーボードの種類

スマートフォンにはさまざまな種類のケースがあるため、どのタイプを選べばいいか悩んでしまうことはありませんか?…

hamunida / 1160 view

仕事のスピードアップ!人気のデュアルモニターアームの使い方

パソコン・タブレット・テレビなどディプレイのある機器はいつの間にか増えます。デスク上に置くと作業スペースが狭…

sunsun / 940 view

暑いから更に熱く?夏場のモバイル冷却グッズ特集

だんだん暑くなってくる今日この頃ですが、気温だけでなくスマホやタブレットなどのモバイルグッズまで熱くなって困…

papilio / 3020 view

業務用ビデオカメラ=高画質高性能じゃない?業務用ビデオカメラのメリットとデメリットと…

業務用ビデオカメラというと、一般的に、高機能であると思われています。その名の通り、仕事用として使われることの…

little flower / 2786 view

地震への対策はできてますか?アイデア満載の耐震グッズ3選。

近い将来起こる可能性が高いといわれている、南海トラフ地震などの大地震に備えるための、家庭・企業用耐震グッズを…

むみょう / 1835 view

フロア・床置き式プロジェクタースクリーンがあれば、賃貸住宅などでも本格的なホームシア…

ある程度のスペースさえあれば、大がかりな取り付け工事なしでどこにでもセッティングできるのがいいところ。

papilio / 1435 view

youtubeで動画編集できるYouTube動画エディタの使い方

動画の編集って難しそう・・・。そんなイメージがありますが、YouTubeの「動画エディタ」を使えば、簡単に動…

sunsun / 1029 view

アクセスランキング

人気のある記事ランキング