ビデオカメラを買うタイミングといえば、やっぱりお子さんが生まれる時が一番多いのではないでしょうか?
我が子の成長や思い出を綺麗な映像で残したいというのはやはり親心というもの。
しかし、いざビデオカメラを選ぶとなると、あまりにも種類が多くてどれを選べば良いのかわからないという方も多いことでしょう。

ビデオカメラには大きさや形などさまざまな種類があり、機能部分でもアイピースやキャリングハンドル、ズームレバーなどの難しい単語が飛び交いどんなものを選べばいいのかわからなくなってしまいますよね。

そこで今回は、ビデオカメラの基本情報を知り、そこからお子さんの成長を記録するのにふさわしいビデオカメラの選び方をご紹介したいと思います。

ビデオカメラの種類

3ランクに分けられる

3ランクに分けられる

ビデオカメラには大きく分けて、“放送用”、“業務用”、“民生用”の3つが存在します。

放送用は、テレビの制作用に使用されているビデオカメラで最高の技術が盛り込まれていますが、かなりの高額になります。ハイビジョン撮影や4K撮影ができるものになると、1,000万近くもの価格になります。
業務用は、下位のテレビ制作、ブライダル等の記念撮影として使用されるカメラで、放送用よりも価格は下がりますが、それでも数百万などと高価です。
民生用はそれらよりも低価格で、ご家庭で使用することを前提としたビデオカメラです。

どうせ撮るなら綺麗な画質でと放送用や業務用も気になるところですが、さすがにそこまで手が出ないというのが本音でしょう。
しかし、最近では民生用カメラでも綺麗に撮影できますので、ご安心ください!

タテ型・ヨコ型が存在する

形態による区分

形態による区分

さて、用途によっての種類がわかりましたが、続いては形の違いになります。
民生用ビデオカメラには、“タテ型”と“ヨコ型”のビデオカメラが存在します。

タテ型というのは、その名の通りタテに長く作られたカメラになります。
テープを利用する時代であれば、こちらのタテ型も多く存在しており、ヨコ型よりもコンパクトな機種が多く販売されていました。

メディアがテープからSDカードなどに変わり、ヨコ型でも十分小型となった現在は、サイズ的なメリットよりも、デザインの好みの問題のように思われます。

ヨコ型というのは、おそらく皆さんが最も多く目にする形ではないでしょうか。
ビデオカメラの代表的な形態と言えば、ヨコ型と言えるレベルです。
普及機から高級機までさまざまなランクにラインナップされています。

デザインに無理が無く、カメラとしての取り扱いも容易。

現在は機種が減ってしまいましたが、タテ型のビデオカメラはコンパクトで使いやすいのが特徴的です。
ヨコ型はのビデオカメラは、その種類の豊富さが特徴と言えます。

サイズ的な差がほぼなくなってきている現代ですので、どちらを選ぶかは好みの差と言えるでしょう。
しかしながら、種類の豊富さを考えるとヨコ型が優位です。

ビデオカメラの各部名称

各部分を詳しく説明

各部分を詳しく説明

ビデオカメラには、さまざまな部分があります。
使用用途によって必要な機能や不必要な機能もあり、初心者の方には専門用語も多くて取捨選択が難しいかもしれません。

そこで、ビデオカメラの各部位について詳しくご紹介します。

アイピース

ビューファインダーを覗くときに顔との隙間を塞ぎファインダーを見やすくするアイテム。顔とファインダーが接触したときに怪我をしないための役割もある。

ファインダーの保護に使われる部分になります。

アクセサリーシュー

マイクや、ライトを装備するための取り付け金具。スチルカメラのフラッシュ取り付け部と同じサイズなので、それぞれのアクセサリーをやり取り出来る。

様々な付属品を取り付けるための部品です。

液晶モニター

この10年で非常に進歩した部品の1つで、昔は直射日光が当たると全く見えなかったが、最近の液晶モニターは明るさも明るくよく見える。

ファインダーを覗かなくても、撮影できるのが嬉しいですね。

キャリングハンドル

小型の普及機では装備されている機種が少ないが、少し重量の有る機種では、キャリングハンドルが有る方が便利。子供や、動物を撮影する場合に、低い位置から撮影した方が良いがこういった場合にもキャリングハンドルは威力を発揮する。

カメラを持つためのハンドルになります。低い位置での撮影時に屈まなくても大丈夫になります!

鏡筒

レンズを収める筒状の部分。小型のビデオカメラでは、本体と一体化してしまっていて、区別の付かないものもあります。

民生用カメラは鏡筒は本体と一体化してる場合がほとんど。

ズームレバー

レンズの焦点距離を変化させるレバー。高級機では、ズームを操作するためのリングを装備するものも有るが、ピントリングほど必要では無い。

その名の通り、ズームするためのレバー。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

暑い夏を乗り切ろう!手元用、外出時用のミニ扇風機3選。

小型の扇風機やサーキュレーターがあれば、クーラー・エアコンへの頼り過ぎを防げます。対策グッズ3つをご紹介。

むみょう / 1963 view

手書きをデジタルに!デジタルノートのオススメ5選

手書きでサッと書いたメモやアイデアをパソコンやスマートフォンに取り込めるデジタルノート5選をご紹介します。

takataka / 30757 view

意外に少ない?A3対応のスキャナーまとめ

紙媒体の情報保存などあると何かと便利なスキャナーですが、出回っているのはA4対応サイズばかり。今回はA3サイ…

sunsun / 19300 view

実は重要!電源ユニットのファンの役割って?取り付けるときはどこに注意すればいいの?

パソコンの電源ユニットについている大きなファンには、とっても大切な役割があるんです。今回は、この「ファン」に…

papilio / 1342 view

ビジネスシーンで大活躍!プロジェクタースクリーンの“持ち運び・モバイルタイプ”おすす…

プロジェクタースクリーンを使ったプレゼンテーションは、大画面で視覚に訴え効果は抜群ですよね。今やビジネスシー…

little flower / 2820 view

至福の音楽を楽しむ!10万円以上のイヤホン5選

音楽や動画を外で楽しむ人が増えています。そんなみなさんにおすすめしたいのが高性能イヤホン。今回は10万円以上…

sunsun / 2072 view

夏真っ盛り!でも、車が熱い。。。車の暑さ対策まとめました!

全国的に梅雨も終わり、いよいよ夏本番!!でも、どこかに出かけようとしても車が暑すぎる。。。そんなときのための…

came. / 2989 view

あなたはタテ型派?ヨコ型派?自分に合ったビデオカメラの選び方

たくさんの思い出を隅々まで収めたい!そんなときに活躍するのがビデオカメラ。あなたに合った型のビデオカメラを購…

little flower / 2041 view

あると便利!出張・旅先のビジネスホテルで使えるガジェットアイテム5選

出張、旅行などでビジネスホテルを使う時、有ると無いでは大違いな5つのアイテムをご紹介します!

トヨピィ / 3781 view