ビデオカメラを買うタイミングといえば、やっぱりお子さんが生まれる時が一番多いのではないでしょうか?
我が子の成長や思い出を綺麗な映像で残したいというのはやはり親心というもの。
しかし、いざビデオカメラを選ぶとなると、あまりにも種類が多くてどれを選べば良いのかわからないという方も多いことでしょう。

ビデオカメラには大きさや形などさまざまな種類があり、機能部分でもアイピースやキャリングハンドル、ズームレバーなどの難しい単語が飛び交いどんなものを選べばいいのかわからなくなってしまいますよね。

そこで今回は、ビデオカメラの基本情報を知り、そこからお子さんの成長を記録するのにふさわしいビデオカメラの選び方をご紹介したいと思います。

ビデオカメラの種類

3ランクに分けられる

3ランクに分けられる

ビデオカメラには大きく分けて、“放送用”、“業務用”、“民生用”の3つが存在します。

放送用は、テレビの制作用に使用されているビデオカメラで最高の技術が盛り込まれていますが、かなりの高額になります。ハイビジョン撮影や4K撮影ができるものになると、1,000万近くもの価格になります。
業務用は、下位のテレビ制作、ブライダル等の記念撮影として使用されるカメラで、放送用よりも価格は下がりますが、それでも数百万などと高価です。
民生用はそれらよりも低価格で、ご家庭で使用することを前提としたビデオカメラです。

どうせ撮るなら綺麗な画質でと放送用や業務用も気になるところですが、さすがにそこまで手が出ないというのが本音でしょう。
しかし、最近では民生用カメラでも綺麗に撮影できますので、ご安心ください!

タテ型・ヨコ型が存在する

形態による区分

形態による区分

さて、用途によっての種類がわかりましたが、続いては形の違いになります。
民生用ビデオカメラには、“タテ型”と“ヨコ型”のビデオカメラが存在します。

タテ型というのは、その名の通りタテに長く作られたカメラになります。
テープを利用する時代であれば、こちらのタテ型も多く存在しており、ヨコ型よりもコンパクトな機種が多く販売されていました。

メディアがテープからSDカードなどに変わり、ヨコ型でも十分小型となった現在は、サイズ的なメリットよりも、デザインの好みの問題のように思われます。

ヨコ型というのは、おそらく皆さんが最も多く目にする形ではないでしょうか。
ビデオカメラの代表的な形態と言えば、ヨコ型と言えるレベルです。
普及機から高級機までさまざまなランクにラインナップされています。

デザインに無理が無く、カメラとしての取り扱いも容易。

現在は機種が減ってしまいましたが、タテ型のビデオカメラはコンパクトで使いやすいのが特徴的です。
ヨコ型はのビデオカメラは、その種類の豊富さが特徴と言えます。

サイズ的な差がほぼなくなってきている現代ですので、どちらを選ぶかは好みの差と言えるでしょう。
しかしながら、種類の豊富さを考えるとヨコ型が優位です。

ビデオカメラの各部名称

各部分を詳しく説明

各部分を詳しく説明

ビデオカメラには、さまざまな部分があります。
使用用途によって必要な機能や不必要な機能もあり、初心者の方には専門用語も多くて取捨選択が難しいかもしれません。

そこで、ビデオカメラの各部位について詳しくご紹介します。

アイピース

ビューファインダーを覗くときに顔との隙間を塞ぎファインダーを見やすくするアイテム。顔とファインダーが接触したときに怪我をしないための役割もある。

ファインダーの保護に使われる部分になります。

アクセサリーシュー

マイクや、ライトを装備するための取り付け金具。スチルカメラのフラッシュ取り付け部と同じサイズなので、それぞれのアクセサリーをやり取り出来る。

様々な付属品を取り付けるための部品です。

液晶モニター

この10年で非常に進歩した部品の1つで、昔は直射日光が当たると全く見えなかったが、最近の液晶モニターは明るさも明るくよく見える。

ファインダーを覗かなくても、撮影できるのが嬉しいですね。

キャリングハンドル

小型の普及機では装備されている機種が少ないが、少し重量の有る機種では、キャリングハンドルが有る方が便利。子供や、動物を撮影する場合に、低い位置から撮影した方が良いがこういった場合にもキャリングハンドルは威力を発揮する。

カメラを持つためのハンドルになります。低い位置での撮影時に屈まなくても大丈夫になります!

鏡筒

レンズを収める筒状の部分。小型のビデオカメラでは、本体と一体化してしまっていて、区別の付かないものもあります。

民生用カメラは鏡筒は本体と一体化してる場合がほとんど。

ズームレバー

レンズの焦点距離を変化させるレバー。高級機では、ズームを操作するためのリングを装備するものも有るが、ピントリングほど必要では無い。

その名の通り、ズームするためのレバー。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

スマートフォンを安く運用!!格安SIMで使ってより安くiPhoneやAndroidを…

今や大手携帯電話キャリアだけじゃなく、多くの通信業者がモバイルデータ通信や通話のプランを提供しています。 そ…

gadgetman / 1000 view

床に座るタイプのパソコンデスク、おすすめはどれ?

和室やワンルームのアパートにパソコンを置くなら、椅子ではなく床に座って使うロータイプのパソコンデスクが便利で…

papilio / 1798 view

海に川にプールに!何度水に落としても安心のスマホ防水ケースは?

防水機能を謳っているスマホケースはたくさんありますが、その見分け方を知っていますか?しっかり見分けて海やプー…

takataka / 2550 view

実はこんなにあった!?100均にあるスマートフォングッズ!タッチペンから充電ケーブル…

スマートフォンの普及に伴い、その周辺グッズが数多く販売されています。 タッチペンや充電ケーブルなど消耗品は出…

gadgetman / 3100 view

パソコン選びの基本!PCでいろんな作業をするのにはメモリの容量が重要!

パソコンを購入する際、いくつかのポイントを抑え選ぶ必要があります。しかし、実際、何が重要なのかわからない方も…

little flower / 742 view

説明書や雑誌もスキャン!達人が教えるスキャナーの意外な活用法

スキャンできる機械を持っているけど全然使わないという人は多いと思います。しかしスキャナーは案外活用法がたくさ…

sunsun / 343 view

家で豪華に演出!プロジェクタースクリーンで映像を楽しもう!

大きなスクリーンが家にもほしい!でもどんな種類があるんだろう?そんな方のために今回はプロジェクタースクリーン…

mayuripon / 580 view

初めて一眼レフ買ったら絶対必要なアイテム。

データを記録するもの、データを転送するもの、カメラを保護するもの、カメラをクリーニングするもの、の4点からア…

あいみん / 3258 view

通勤にも出張にも使えるビジネスバッグ5選

ビジネスマンは普段の通勤に短期の出張など忙しい!どんなシーンにも対応するビジネスバッグなら、あなたのビジネス…

sunsun / 1147 view

未来の照明!今使えるスマートLEDの特徴と注意点

LEDライトが省エネで節電なことは広く知られていますが、最近の照明はタイマーやスマートフォンと接続できたりと…

takataka / 94 view

関連するキーワード