iPodをはじめとする携帯音楽プレーヤーやスマートフォンの登場で、日常生活において気軽に音楽を楽しめる機会が増えました。
家にいる時はスピーカーを使えばいいですが、外にいる時はヘッドホンで音楽を聞いている方が多いことでしょう。

しかし、ヘッドホンにはさまざまな種類があり、ヘッドホンを購入する際どれを選べばいいのかわからない方も多いはず。
特に、現代では従来の有線タイプのヘッドホンやBluetoothなどの無線タイプのヘッドホンも販売されており、結局どのヘッドホンが良いのか謎は深まるばかりです。

そこで今回は、その謎を迫りつつヘッドホンの選び方を伝授していきたいと思います。

何に使用する?

用途に合ったものを選びましょう

用途に合ったものを選びましょう

ヘッドホンを選ぶ際一番最初に考えなければいけないのが“何に使用するのか”を考えることです。
ヘッドホンは目的に合ったものを選ぶ必要があります。

「何に使うって音楽を聴くのに使うに決まっているじゃないか」と思うかもしれません。
確かに、そのために買うのですから当たり前です。
しかし、ここでいう「何に使うか」というのは、更に一歩踏み込んだ用途の事になります。
例えば、音楽を優先にして使用したいのか、テレビで映画などを鑑賞するときに繋げて使用したいのか、移動中・スポーツ中に使うのか、落ち着いた環境で使うのか、ヘッドホンを使うにしても様々な用途があります。

そこで、それぞれ用途に合わせたヘッドホンを選ぶことで、より良いヘッドホンライフを送ることが出来るのです。

予算を決め、レビューを参考に

予算を決めることは大切

予算を決めることは大切

ヘッドホンだけにつきませんが、何を購入するにしてもあらかじめ“予算”を決めておくことは大切です。
ヘッドホンの価格幅は結構大きく、数千円から数十万円レベルまであります。
たまに使用するだけなら低予算のヘッドホンを、長年使うつもりなら思い切って高価なヘッドホンを購入するのがおすすめ。
また、高ければ高いほど音質が良くなります。
ただ、本当に高額なレベルになると一般人では違いがわからないことも多いです。

最高の環境で音楽を楽しみたいのであれば、数十万クラスの高級ヘッドホンを買うのが良いでしょう。
マニアレベルでは数百万円のヘッドホンなんて言うものもありますが、そこまで行く必要はないかと思います。
日常使用であれば、数千円から数万円程度のものでも十分満足の行く音質になります。
ただ、やはり、安ければ安いほど故障の割合も高くなる傾向がありますので、「安かろう悪かろう」という点を意識して、予算を決定しましょう。

また現代では、実際にその商品を購入した人の感想(レビュー)を見れるサイトも増えてきています。
そのようなサイトからレビューに触れ、自分が欲しいヘッドホンを探すのもひとつの手です。
ただ、音の善し悪しというのは人の好みによって大きく変わってきますので、一番確実な方法は実店舗に行き、実際にヘッドホンで視聴してみることでしょう。
着け心地に関しては、レビューを参考にすることである程度把握することができるので、レビューを活用することは間違いではありませんし、両方活用することがおすすめです。

有線・無線、結局どっちがいいの?

現代では、線を直接つないで音楽を楽しむ有線タイプのヘッドホンと、Bluetooth機能で線がなくてもヘッドホンから音楽を聴ける無線タイプのものがあります。

そこで、それぞれの特徴についてご説明致します。

有線タイプの特徴

有線ヘッドホン

有線ヘッドホン

まず、従来の有線タイプヘッドホンの特徴についてご説明致します。

有線タイプ、つまり、ヘッドホンから伸びているケーブルを音楽プレーヤーなどに直接接続して、音を再生するヘッドホンです。
大きな特徴として、音質の劣化が圧倒的に少ないという点があります。
無線とは違い、直接接続していますので外部要因による音質劣化が起こりにくく、またケーブルの材質も自由なので音質劣化の少ないものを使用すれば、高音質で音楽を聴くことができます。
また、対応する機器が多いという点も利点になります。
ヘッドホンを有線接続出来ない再生機器はほぼ存在しないと言えるレベルで、多くの機器に対応しています。
機器を選ばず、古い端末でも自由に使えるのは大変嬉しいことです。

しかし、有線にもデメリットはあります。
それはまさに有線が故のデメリット。
激しい動きに弱く、ケーブルを断線してしまう可能性を秘めているという点です。ケーブルの長さで使用できる範囲が決まってしまい、引っ張ったり引っ掛けたりすると断線を起こし、音が聞こえなくなることもあります。
また、ケーブルが邪魔になり、カバンの中で絡まってしまっているなんて経験もあることでしょう。

このような特徴のある有線タイプヘッドホンは、音質を重視したい人、室内で落ち着いた環境で楽しみたい人にオススメです。

無線タイプの特徴

無線ヘッドホン

無線ヘッドホン

次に、最近大きな盛り上がりを魅せている無線タイプヘッドホンについてご説明致します。

その名の通り、無線。
つまり、ヘッドホンと再生機器をつなげるケーブルが存在しないヘッドホンです。
多くの無線ヘッドホンはBluetooth通信を採用しています。
やはり、ケーブルが存在しないというのは大きなメリットです。
有線タイプのデメリットとして存在していた断線の危険性や絡まってしまう可能性は皆無です。また、通信が届く範囲であれば、どれだけ離れていても音が聞こえてきます。
なので、移動中やスポーツ中の激しい動きをしても邪魔になることは少ないでしょう。

デメリットとしては、対応していな機器もあるという点になります。
最近の端末であれば、ほぼ全てで対応していますが、古い端末などになると対応していない場合もあり、別途機器が必要になったり、そもそも使用できない事が増えます。
また、混線や外部電波による影響、電波通信という点において音質が劣化してしまう可能性が高いです。
ヘッドホンそのものの充電が必要な点も考慮する必要があるでしょう。

このような特徴のある無線ヘッドホン。
移動中に聴く、スポーツ中に聴く、特に音質に拘りはなくケーブルの邪魔さが嫌だという方にオススメです。

まとめ

以上のように、有線は少々線が邪魔になることがありますが、手軽に高音質で音楽を楽しむことができます。その反面、無線は機器の制限や音質の問題はありますが、開放感があり、激しく動いていても音楽を楽しめます。

有線タイプのヘッドホン、無線タイプのヘッドホン、メリット・デメリットに関しては一長一短でそれぞれです。
最初にご説明した「何に使うか」という点で有線か無線か自分にあった方を選び、そこから予算を決めていくのが上手なヘッドホンの選び方と言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ビジネスだけじゃない!家庭で便利に使えるクラウドサービス5選

大量の写真を保存したり、家計簿をつけたり。今、クラウドサービスは家庭でも気軽に利用できるようになりました。今…

sunsun / 3546 view

アナログだけど高画質!テレビ・ビデオケーブルの赤・青・緑の「コンポーネント端子」って…

映像を伝送するオーディオケーブルは、現在デジタルのものが増えています。これはプレーヤーなどがデジタル化してい…

papilio / 13844 view

快適操作!肥大化するスマートフォンに対応するためのタッチペンアクセサリーを選ぶポイン…

年々、スマートフォンは肥大化しています。 大きいものでは5.7インチものディスプレイサイズを誇り、片手で操作…

ガジェットム / 2775 view

スピーカーの音質に悩んでませんか?大人気の2CH PCスピーカーの良さとは?

パソコンを購入した際に、付属のスピーカーでは満足できないという方は2CHスピーカーの購入を考えるかと思います…

little flower / 6247 view

壁掛けモニターアームの注意点

モニターの大画面化により、置き場所に困るケースがありますよね。また、モニターも液晶が当たり前になり、薄型を活…

pointow / 11372 view

パソコン初心者必見!急に電源が落ちるのはなぜ?その問題の原因を追究!

パソコンの電源が急に落ちる問題が発生! パソコン初心者なら特に混乱してしまうかもしれません。 なぜ電源が落ち…

little flower / 2674 view

映像だけではなく音質にもこだわりたいあなたへ!薄型テレビに最適な“横長スピーカー”を…

液晶テレビ・プラズマテレビの普及で薄型テレビをお持ちの方は本当に多くなりました。省スペースで、高画質だけれど…

little flower / 4371 view

ケーブル選びはとても重要!オーディオケーブル1つで音質が変わる!?

オーディオ機器だけではなく、オーディオケーブルも慎重に選びましょう。ケーブルによって再生される音質は変化して…

bontaku / 2391 view

そろそろ買い替え時期?モバイルバッテリーの寿命を判断する方法

「モバイルバッテリーの寿命って一体どれくらいのものなのか?」判断する方法を知っていますか?「どうやって使えば…

mashroomcat / 78669 view

ちょっと電気借りていい?友達のスマホから充電できる便利グッズ

スマホのバッテリー切れ問題は発売から改善されつつありますが、未だ満足できないのが現状です。急いでコンセントを…

sunsun / 2708 view

関連するキーワード