ネットショップやソフマップ・ビックカメラなどなど、今や簡単にPCパーツを購入することが出来るようになりました。
その中で、なかなかハードルが高かった自作PCに手を出したいと考えている方もいるのではないでしょうか!

そこで、今回は自作PCでまず重要となってくる電源について簡単にご説明致します!

電源の種類として主にあげられるのが、“ATX用電源”と“AT用電源”があります。
ATXだのATだの言われても何がどう違うのかわからないと思います。
では、一体それぞれ、何がどのように違うのでしょうか?

“ATX”と“AT”の違い①出力電圧

出力電圧が違う

出力電圧が違う

まず“ATX用電源”と“AT用電源”の大きな違いとしてあげられるのが、扱える出力電圧の違いです。

ATX用電源は、3.3V,+5V,+12V,-5V,-12V,+5VSBの出力電圧を扱えます。
それに比べてAT用電源は+5V,+12V,-5V,-12Vの出力電圧しか扱えません。

実はこれって意外と重要です。
出力電圧が低いとあまりたくさんのパーツは付けられませんし、その後のパーツ構成に大きく関係してきます。

構成するパーツによってそれぞれ必要な電圧を確保できるものを選びましょう。

“ATX”と“AT”の違い②電源のONとOFF

電源の ON/OFFについて

電源の ON/OFFについて

ATX用電源とAT用電源の違いはまだあります。
先ほどの電圧の違いの他に、これは大きな違いともいえます。

“AT用電源”は、ON/OFFのスイッチを“人の手を介して”行うような作りになっています。
つまり、電源を動作させる際はACの入力側でスイッチをONにしなければ電源は起動しません。

“ATX用電源”のON/OFFのスイッチは“マザーボード側からの指令”で行われる作りになっています。
フロントパネルにあるスイッチは電源に接続されず、マザーボードに接続され、フロントパネルのスイッチをショートすることで「電源をONにしなさい」という指令が電源に送られ、起動します。

つまり、ATX用電源ではOS(Windowsなど)をシャットダウンすると電源そのものも停止するようになっているのです。
わざわざ電源のスイッチをオフにする必要が無いので便利ですね。

“ATX”と“AT”の共通点 マザーボード

マザーボードは同じものを使用できる

マザーボードは同じものを使用できる

“ATX用電源”と“AT用電源”は違いだけではなく、共通点もあります。

その共通点とは、ATX用電源とAT用電源では同じマザーボードを使えるということです。
ATX用電源からAT用電源への変換コネクターが必要となりますが、これを利用することでATX用電源をATのマザーボードに使用することができます。
つまり、AT電源を使用していたPCにをスペックアップなどでATX電源にしたい場合は、マザーボードを交換することなく、変換コネクターを使用するだけで変えることが出来るということです。

AT電源はもう少ない

“ATX用電源”と“AT用電源”には、違いだけではなく共通点があることが分かりました。

出力電圧が大きく違うことから、高機能なパソコンを求める方にはATX用電源が適していると言えるでしょう。
反対に、高機能なパソコンをあまり求めていない方はAT用電源でもOKです。

ただし、AT電源は今やだいぶ数が減っていて、購入する場合はかなり限られてきています。
ATX用電源だからと言って極端に高額ではないので、これから自作PCを始めたいと考えている方は、ATX用電源を選べば間違いなしと言えるでしょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

スマホ・タブレットを車で利用したい!

ドライブにあると便利な車用のアイテムをスマホホルダー、充電器、ハンズフリー、FMトランスミッター、カーインバ…

トヨピィ / 3099 view

これは便利!多目的ワークデスクの新しい使い方

シンプルなデザインでコーディネートしやすい上に、お手頃な価格で手に入る多目的ワークデスク。何十万円もするブラ…

mashroomcat / 483 view

スポーツの秋!!ランナー向け、快適なランニングを手助けするイヤホン・ガジェット・スマ…

スポーツの秋です! 涼しくなり運動するなら快適な季節になりました。ランニングやジョギングなどで、紅葉など季節…

gadgetman / 2030 view

パソコンデスクを買う前に注意したい5つのポイント

大人になって必要になってくるのがパソコンデスクです。仕事だけではなく家庭でも使用する人が増えたためその需要が…

sunsun / 750 view

駐車場や玄関にも!家庭で使える効果テキメンの優秀防犯カメラ

昔は「水と安全はタダ」なんて言われたりもしましたが、いつどこで何が起こるかわからない現代日本。自分の身を自分…

papilio / 1387 view

お父さん、お母さん必見!!子供の撮影をするのにぴったりなビデオカメラの選び方!!

ビデオカメラの購入のタイミングとしてよくあるのが、「子供が生まれたから」というものがありますよね。我が子の成…

little flower / 1073 view

ビジネスシーンで大活躍!プロジェクタースクリーンの“持ち運び・モバイルタイプ”おすす…

プロジェクタースクリーンを使ったプレゼンテーションは、大画面で視覚に訴え効果は抜群ですよね。今やビジネスシー…

little flower / 1517 view

覚えておきたい!!スマートフォンのカメラで綺麗に写真を撮るコツ!!

携帯電話にカメラ機能がついてからというもの、携帯電話やスマートフォンで写真を撮る人の数はどんどん増えてきてい…

ガジェットム / 2440 view

初心者必見!モニターアームを設置する時に注意するべきポイント5つ

PC・テレビのディスプレイを固定するモニターアームがあればデスク周りがスッキリしますし、角度や高さ調整も自由…

papilio / 2694 view

フィルムスキャナーを購入する時に注意すべき5つのこと

昔のカメラで撮影した時のフィルムをデーター化して、保管することができるフィルムスキャナーは便利なアイテムです…

sunsun / 955 view

関連するキーワード