自作パソコンの電源といえば、AT・ATX・SFXなどなど種類が多く、初めての方などはどの種類をかえば良いのか迷ってしまいます。その中で、最近SFX電源が流行しています。
「じゃあ、流行に合わせて買えばいいんじゃないか」と思うかもしれませんが、種類が分かれているのには理由があります。
なぜ、SFX電源が流行っていて、それにはどのような特徴があり、用途は何なのか。
これらを知ることで、電源選択の際の幅が広がることでしょう。

そこで今回は、SFX電源の特徴と用途を売れ筋から見ていきたいと思います。

SFX電源の主な特徴 MicroATX規格に準じた電源ユニット

SFX電源とは

SFX電源とは

まずは、SFX電源の特徴についてご紹介します。

SFX電源は、小型PC用のMicroATX規格に準じた電源ユニットです。
MicroATXというのは、マザーボード仕様で前述のとおり、小型PC向けのものです。
小型PC向けですので、電源ユニット自体はATX電源より小さくなっており、-5V出力が省略されています。
また、出力の方も100Vから400V程度までとATX電源より小出力です。

なので、ミニタワーケースといった小型のケースで自作する際に使用するのが主です。

売れ筋のSFX電源から見る用途

主な特徴がわかったところで、次はSFX電源の売れ筋商品から、その用途について考えていきましょう。
売れ筋がなぜ売れているのか、どのような用途で使われているのか知ることができれば、自分が電源を選ぶ際に大きな力となります。

売れ筋商品 “SST-ST30SF”

SILVERSTONE   SST-ST30SF [ブラック]

SILVERSTONE SST-ST30SF [ブラック]

電源メーカー“SILVERSTONE”より2013年10月に発売された「SST-ST30SF」。

お手頃な価格と優れた性能が魅力的でコストパフォーマンスが高いのが売りです。
80 PLUSブロンズレベルの効率を有し、効率レベルは以前より向上しています。
工業製品グレードの保護回路を採用しており、パワーと低ノイズ動作を実現し、使用心地抜群!

口コミでも人気のSFX電源ユニットです。

メディアサーバー向けに購入しました。
実際の消費電力は起動時でもミドルハイぐらいの構成でも300Wで十分足りるとは思いますが、コネクタが短く数も少ないので、中型以上のケースには不向きかと思います。
セミファンレスの電源は大抵そうですが、実際にファンが回ることはほぼなく、静音性を求める自分にはうってつけです。
変換効率そのものは80 PLUS Bronzeとそれほど優秀な訳ではありませんが、ファンが回らないため、実際の消費電力は80 PLUS Goldクラスです。
電源としては申し分ないです。

使用例としてはメディアサーバーというものが上がっています。
メディアサーバーなどでは、基本的に小型のケースを使いますので、SFX電源の利用例としてバッチリなものです。
SFX電源は小型なのでセミファンレスと言った形で静音性にも優れた物が多いのが嬉しい点です。

売れ筋商品 ”SST-SX600-G”

SILVERSTONE   SST-SX600-G [ブラック]

SILVERSTONE SST-SX600-G [ブラック]

同じく電源メーカー“SILVERSTONE”より2014年7月に発売された「SST-SX600-G」。

2012年に発表した画期的なSFX電源「ST45SF-G」以来、新た業界基準の開発に成功!
以前の製品と同じサイズに比べ、出力密度を大幅に増加しており、SFX電源でありながら、600W連続出力が可能です。
80PLUS GOLD認証で変換効率はとても高いのが特徴です。

ファイルサーバで使っていますが450Wでは電力不足で起動せず、構成をあきらめてたところ、当電源が発売になり即刻購入しました。現在は他社からも出ていますがSFXで高容量は貴重でした。
できるだけコンパクトに組みたかったのでSFX-Lではなく標準のSFXサイズにしました。
因みにSX500-LGもセミファンレスとなっておりますが、回り始めが41度920rpmで対してSX600-Gが45度739rpmです。
この差は非常に大きいです。
高価ですが価格通りの性能を実感しております。

コストパフォーマンスでいえば、先ほどのものより劣ってしまいますが、やはり魅力はその出力の高さです。
お話した通り、SFX電源は基本的に100Vから400V程度の出力なのですが、こちらは600Vもの出力です。
小型でありながら、この出力なので通常では電力不足になるようなパーツ構成も十分対応できるのが嬉しいところです。

省スペースでハイスペックを考えた場合の選択としてこの電源はぴったりと言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

”Xperia Z4を使ってみた” その感想と便利なアクセサリ探してみました!

”Xperia Z4を使ってみた” その感想と便利なアクセサリ探してみました!

ガジェ吉 / 1778 view

対応デバイスは?重さはどう?初心者向けVRヘッドセットの選び方

VRが一般家庭でも楽しめるような時代、VRヘッドセットも新商品が続々と発売されています。VRヘッドセットを購…

sunsun / 511 view

格安スマホ最注目ブランド「HUAWEI」の凄さとは?

スマホ市場は格安の時代です。今最も注目されているブランドが「HUAWEI」。今回はHUAWEIの凄さをまとめ…

sunsun / 724 view

デジカメいらず!?スマートフォンのカメラで本格的な写真を撮影するための外付けレンズア…

スマートフォンのカメラは今やデジカメの代わりとも言えるレベルで高性能化しています。 しかし、デジカメには敵わ…

ガジェットム / 2237 view

CDより約6倍も音が良い!最近話題のハイレゾ音源ってどんなもの?

オーディオ好きの方なら最近耳にする機会も多いであろう「ハイレゾ音源」ですが、初心者の方にとっては「???」だ…

papilio / 1988 view

生活に音楽を。SEIKO×ONKYOのマルチサウンドクロックが熱い!

大画面&ハイコントラスト液晶を使った見やすいデジタルクロックに、スマートフォンなどのBLUETOOTH®対応…

Tokio_03 / 2297 view

アウトドアにもってこい!野外で音楽を聴くなら“TREK Flex”がおすすめ☆

大容量なスマートフォンやポータブルプレーヤーが登場して、音楽を外に持ち歩くことが簡単になりました。そんな中で…

little flower / 2259 view

差し込み口は何個あっても嬉しい?優秀なポートUSB充電器特集

いろいろなUSB機器をかしこく充電できる充電器があれば、旅行先で充電争いをしたりオフィスでイライラしたりする…

papilio / 1809 view

すでにお馴染み?Pepperくんが今できること、できないこと

家電量販店などで、ディスプレイされていることもあり、実物を見たことがある人も多いPepperくん。2014年…

mashroomcat / 17941 view

触らなくても温度が分かる?非接触型の放射温度計が便利

触れずに温度測定!安全で衛生的な非接触放射温度計

ガジェットメディア編集部 / 1689 view

関連するキーワード