パソコンや電源を購入する前に、ボルトやワット、アンペアなどの電気の基礎を知る必要があります。

アンペアとは“電気の流れる量”を表し、各家庭ごと契約によって流れています。

アンペアはパソコンだけでなく、キッチンやそのほかの電気も含まれるので、パソコンを購入するときに自宅の契約アンペアを超えるようなものを購入してしまうと契約内容を変更しなければいけないなどの問題が発生しています。
アンペア不足のまま使うと、安定した電流を保てず、購入したパソコンが起動できない、ブレーカーが落ちるといったことに陥ってしまいます。

つまり、パソコンを購入する前に自宅の契約アンペアを確認しておくことが大切なのです。

契約アンペアの確認方法①分電盤

分電盤を見る

分電盤を見る

契約アンペアを確認する方法として一番手っ取り速いのは、それぞれの部屋へ電気を流す役割をもつ“分電盤”を確認する事です。

契約会社によって、色や数字でアンペアを確認することができます。
上記の画像のように、左側の主ブレーカー部分に書かていることが多いです。

契約アンペアの確認方法②明細書

検針票を見る

検針票を見る

毎月の電気代(検針票)にて、契約アンペアを確認することができます。

画像の赤枠で囲ってある部分が、あなたの自宅の契約アンペアです。
なお、契約会社によってはインターネットで確認できることもあるので、要チェックしましょう。

契約アンペアを増やしたいときは…

契約内容を変更する

契約内容を変更する

自宅の契約アンペアを確認し、もう少しアンペアが必要だと感じたときは契約内容を変更することができます。

例えば、パソコンをまだ利用していない状況で普段からブレーカーが落ちてしまうような問題がある場合、パソコンや電源を購入するまえにアンペアを増やした方が的確です。

ご契約アンペアの大きさは、同時に使用できる電気の量を表しています。
同時にどれだけの電気機器をご使用になるかが、ご契約アンペアを選ぶ際のポイントです。
1年を通じてもっとも電気をご使用になるとき(同時に多くの電気機器を使う夕食時、冷房機器を使う夏、複数の暖房機器を使う冬など)を想定してお考えください。
アンペア数の計算例

アンペア数の計算例

例えば、冬の夕食時に、キッチンと居間で電気を使っているときのアンペア数が以下のような場合、50アンペアがご契約の目安となります。

パソコンに必要なアンペアは?

PCに必要なアンペア数

PCに必要なアンペア数

パソコン1台が必要とするアンペアは、だいたい1A~3Aです。
つまり、普段使う家電類のアンペアにパソコンで必要なアンペアをプラスさせれば、パソコンを購入した際に必要なアンペア数がわかるのです。

大体の数値は以上ですが、詳しい数値に関してはパソコンや電源ユニットの説明書に詳しく記載されていますので、しっかりと確認しましょう。

1A~3Aだと「パソコン1台くらいなら特に契約を変える必要もないか」と思うかもしれませんが、他の家電で多く使っていて契約アンペア数ギリギリだった場合、パソコンを起動した瞬間にブレーカーが落ちてしまうなんてことになりかねませんし、パソコンを起動中に何かしらの家電を起動した際にもブレーカーが落ちる危険性があります。
パソコンなどの精密機器というのは、こういった状況に弱く、突然電源が落ちると、処理中のプログラムやファイルが破損してしまう可能性があります。

パソコンだけでなく家電を買う際もアンペア数の見直しは必要

今回は、契約アンペアの確認方法や計算方法についてご紹介しました。

普段、生活している分にはアンペア数なんてものは気にしないと思いますが、パソコンや家電を使用するのが当たり前の現代、この契約アンペア数というのは重要になってきます。
ご紹介した通り、契約アンペアは自宅にて簡単に確認することができます。

パソコンを購入してから、アンペア数が足りなかったなんてことが起こらなよう、事前に確認をすることが大切です。
また、パソコンだけでなく家電の買い替えや買い増しの際にもしっかり確認すれば、ブレーカーが落ちてしまうなんてことが起こらないようにすることが出来るでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

初心者必見!モニターアームを設置する時に注意するべきポイント5つ

PC・テレビのディスプレイを固定するモニターアームがあればデスク周りがスッキリしますし、角度や高さ調整も自由…

papilio / 43310 view

Bluetoothでスマホがもっと便利に!オーディオ・音声を楽しむための製品3+1選

自動車内やアウトドアなどで、音楽をもっと楽しめるBluetooth(BT)対応製品をご紹介。

むみょう / 6180 view

40代のビジネスマンに人気のビジネスバッグブランド5選

ビジネスマンの戦闘品といえばビジネスバッグです。人から見られることも多いこのアイテムは年代に合わせて選ぶのが…

sunsun / 5051 view

レンズフードって必要!?ビデオカメラのレンズフードは大切な役割3選

「レンズフードって本当に必要なのか…?」ビデオカメラ初心者なら必ず感じる疑問。実際のところ、レンズフードは必…

little flower / 6010 view

お子様の運動会に大活躍!ビデオカメラの液晶モニターにフードをつけて大事な場面を逃さな…

ビデオカメラの活躍の場といえば、真っ先に思い浮かぶのがお子様の運動会の撮影ではないでしょうか。しかし、運動会…

little flower / 12093 view

カメラバッグとしても大活躍!一眼レフも入るビジネスバッグ5選

ビジネスバッグはただビジネスだけで使用するのってもったいない感じがしますよね。できればプライベートでも使用し…

pointow / 13469 view

もう絡ませない!カバンの中にあるイヤホンやヘッドホンのケーブルの絡まりを防止する便利…

スマートフォンや小型音楽プレーヤーの普及によって、イヤホンやヘッドホンの需要は高まりました。 そんな中で、必…

ガジェットム / 22721 view

思い出はデジタルデータ化して永久保存しよう!!テープ媒体からデジタルデータを作成。

古い映像・音声をデジタルデータ化して半永久的に再生できるようにしましょう。

むみょう / 3418 view

簡単に手に入る!モニターアームのずり落ち対策グッズ

デスクのスペースも増え角度調整も楽になるモニターアームは便利ですが、ひとつ難点を挙げるなら「ずり落ちる事」で…

sunsun / 3215 view

通勤中に高音質を楽しもう!電車通勤にオススメのイヤホン、ヘッドホンをご紹介!

今はスマートフォンで音楽を聴く時代になりましたが、皆さんはちゃんと納得のいくイヤホン、ヘッドホンを使えていま…

mayuripon / 4588 view