特に夏場に多いかと思いますが、ただいつも通りパソコンを使っていたのにものすごい熱くなっている!なんてことを経験したことがあるかと思います。
パソコンが熱くなる問題を放っておくと、急に電源が落ちてしまったり、勝手に再起動がかかってしまったり、エラーが頻発してしまったりと、基盤の回路やパソコンの部品に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

そうならないためにも、なぜパソコンは熱くなるのか、どうすれば熱くならないのか、熱くなったらどう対処すればいいのか、考えていきましょう。

パソコンの熱暴走!

熱くなるパソコン

熱くなるパソコン

そもそもパソコンはなぜ熱くなるのでしょうか?

実は、電気で動くものは全て熱くなります。
「こすると熱が出る」という摩擦熱がありますが、パソコンでもそれと同じようなことが起こっているのです。
パソコンが様々なデータをやり取りしたりする時、中では目に見えないような電子が動いています。この電子の有無や配列などでパソコンはデータを扱っているのです。
この電子の動きによって生じる熱が、「パソコンが熱くなる」原因です。

パソコンの中でも特に熱を持ちやすいのがCPUと呼ばれる部分です。
CPUは簡単に言いますと、人間でいう脳の部分になります。つまり、画面上やそれ以外で行われる様々な処理を行うのがCPUなのです。
一番、利用される部分だからこそ、熱を持ちやすいということですね。
特に最近の高速で大容量なCPUほど扱う情報量も増えて、熱を持ちやすくなっています。

しかし、パソコンには基本的にこれらの発した熱を逃がすための機構が付いています。
それがファンなどの冷却装置です。

冷却装置があるなら、大丈夫じゃないか!と思うかもしれませんが、その冷却装置が十分に機能していない、もしくは性能が足りないが故に、パソコンは熱を持つのです。

そこで、どう対処すれば、パソコンの発熱を抑えられるかご紹介していきます。

デスクトップパソコンの対処法①内部をキレイに

内部を常に綺麗に保ちましょう

内部を常に綺麗に保ちましょう

デスクトップ型パソコンは、内部の空間が大きいため比較的に熱くなる問題が発生しにくいと言われています。
広い分、熱が逃げやすい・パーツ同士が離れているので篭もりにくいということです。

しかし、それでも長く使っているとデスクトップ型パソコンでも熱くなってきます。
そんなときの原因は、だいたいパソコン本体内の埃やゴミによって適切な排熱が行われていないことです。

対策として、常にパソコン内部を綺麗にしておきましょう。
特にCPUやGPUのファンは清潔に保ってください。
また、空気の通り道の吸排気口もホコリがたまりやすいので綺麗にしておきましょう。

パソコンの中を開けるなんて怖くてできないという方もいるかもしれませんが、これをしないとしたとでは、パソコンの寿命は全然違います。
埃やゴミは熱を溜めるだけでなく、ショートを起こす原因にもなりますので、定期的に綺麗することをおすすめします。

デスクトップパソコンの対処法②ファンを追加

ファンを追加しましょう

ファンを追加しましょう

埃やゴミを排除したのにまだ熱くなる場合は、冷却ファンがまともに機能していない、または足りない可能性があります。
パソコンの冷却ファンはパソコン内の空気を循環換気を行うことで、熱を篭もらせないようにしています。
これが、正しく機能していない場合はどんどん熱が篭ってしまいます。

そんな場合は、冷却ファンを追加することで空気の流れが良くなり、パソコンの内部に熱をこもらせないようにします。
追加する場合は、パソコンの前面に空気を吸い込むようなファンを追加し、背面に空気を吐き出すようなファンを追加するなどパソコン内部の空気の流れを意識して設置しましょう。
前後から両方共、吸気するような配置ではあまり意味がありません。

いささか、直接的な方法ではありますが、パソコンが熱くなる問題は大分軽減できるはずです。
自分で取り付けることが出来ない場合は、お近くのPCショップなどに相談してみましょう!

ノートパソコンの対処法①内部のクリーニング

内部を定期的にクリーニングしましょう

内部を定期的にクリーニングしましょう

デスクトップ型パソコンに比べて、ノートパソコンは熱が篭りやすいと言われています。
排熱機構が限られていて、パーツ同士もかなり隣接していて、内部空間が狭いからです。

基本的にデスクトップ型パソコンと同じく、ノートパソコンが熱くなる原因として、内部に埃やゴミが溜まっている点があります。
デスクトップに比べて、埃やゴミが入りづらい形状ですが、確実に溜まっていきますので、ノートパソコンでも定期的な清掃は必要になります。

デスクトップよりも最初は難しいかもしれませんが、パソコンを分解して内部を定期的にクリーニングすることで熱くなることを防ぐことが出来るでしょう。
分解をしたついでに、熱伝導率の高いグリスを塗布すると尚良いでしょう。
また、分解したときにファンの動きをチェックしてください。
動きが鈍くなっている場合は交換が必要になります。

自力での清掃が難しい場合は、お近くのPCショップなどに相談すると、クリーニングサービスを行っていることもあります。

ノートパソコンの対処法②排熱サポート商品

パソコンの下に設置するファンを購入してみる

パソコンの下に設置するファンを購入してみる

パソコン内部のクリーニングの他にもノートパソコンでの対応策はあります。
ノートパソコンはその形状ゆえに、排熱が十分に行われないということが起きます。
これは、ノートパソコンの本体がキーボード部分、つまりは下についているのが原因です。
机の上に置いてしまうと、下の部分はほぼ塞がってしまうので排熱が十分に行われないというわけです。

そこで活躍するのが、ノートパソコン用に販売されている、パソコンの下に設置する形状のファンです!
ノートパソコンを上に載せるだけで、強制的にパソコンを冷やしてくれるので、いい対策になります。
また、ファンだと高すぎるという方には、すのこタイプのノートパソコン台がおすすめです。
安価で、ただノートパソコンを載せるだけで排熱を補助してくれます。

また、このようにノートパソコンの台を使うことで、ディスプレイの位置が高くなり、猫背の防止にもつながるので一石二鳥です。

定期的な清掃と適切な排熱を

以上のようにパソコンが熱くなる問題の対処法を、デスクトップパソコン・ノートパソコン別に2つずつ紹介しました。

とにかく、パソコンの通気口周りや内部のファンを綺麗にしたり交換したりすることで、多くの場合パソコンが熱くなることを防ぐことが出来ます。
パソコンが熱くなってしまうと寿命も縮み、故障の原因にもつながりますので、しっかりと対策をしていくことで、長く安心してパソコンを使うことができるようになるでしょう!

パソコンが熱くなる問題にお困りの方は、ぜひご紹介した対処法を実践してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

年賀状の準備・作成に便利なおすすめサイト!手作りの年賀状をお世話になったあの方に送ろ…

手作りの年賀状をお世話になったあの方に送りませんか?年賀状作成にお役立ちのサイトを紹介していきます。

むみょう / 3430 view

あれ?モバイルバッテリーが寿命かなと思った時の対処法

スマートフォンやタブレットなどを外出先で充電することができるモバイルバッテリー。しかし「最近、やけに充電が満…

sunsun / 34733 view

Bluetoothが繋がらない!?そんな時に確認すべきポイントiPhone版・スマホ…

Bluetoothが繋がらない、ペアリング出来ない時に確認すべきポイント。iPhone版・スマホ版・PC版

ガジェットメディア編集部 / 435044 view

意外と便利!?ビジネスにも使えるExcelの数学/三角関数

Excelには数学/三角関数というものがあります。数学という名前がつくので会社などでは使わないと思われている…

gagagaet / 1482 view

今話題のTranscend(トランセンド)って何者?!Transcendの魅力をご紹…

メモリ製造メーカーTranscendの魅力に迫る!製品も中の人も魅力的?!

ガジェットメディア編集部 / 4651 view

突然の雷雨に備えて、誘導雷からパソコンを守る雷ガード製品を使おう!

落雷時、誘導雷によるパソコンの故障が起こらないように、雷対策製品を揃えよう。

むみょう / 2905 view

モバイルバッテリーの寿命を延ばす5つの注意点

もはや手放すことができなくなったアイテムとしてモバイルバッテリーがあります。ただ使用しているだけですと、意外…

pointow / 5548 view

ノマド必見!?ノマドワーカーが持っていると便利なスマートフォン・パソコンガジェット!…

最近、話題になるノマド。 特定のオフィスを持たず、カフェや休憩所などでIT機器を駆使して仕事をする人たちです…

gadgetman / 4909 view

仕事効率は2倍以上?液晶モニターアームを選ぶ時の3つのポイントを解説

一度使うとやめられなくなるマルチディスプレイ。一度に2つ以上のwindowが開けるので、作業効率がぐっとアッ…

mashroomcat / 3833 view

高さ調節できるパソコンデスクのオススメ商品

多くの現代人にとって、パソコンはお仕事や毎日の生活に必要不可欠なアイテムですね。でも…パソコンそのものだけで…

papilio / 3702 view

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のある記事ランキング