電源ユニットを選ぶときは、総出力ワット数にじゅうぶん余裕があるものを選ぶことが大切です。
経年劣化によって少しずつ供給できる電力が落ちてきますし、最大レベルで電力を供給し続けると思わぬトラブルが起こることもあります。

総出力ワット数に近い電力を長期間供給し続けると…

フルパワーでの頑張りすぎは故障の原因

フルパワーでの頑張りすぎは故障の原因

◆トラブルが起こりやすくなる 
電源ユニットに負荷がかかり熱がたくさん発生するので、電源ユニットが熱くなる・ファンの音がうるさいなどのトラブルが多くなります。 

◆電源ユニットそのものの劣化が早まる 
電源ユニットはふつうに使用していても経年劣化しますが、高い負荷をかけつづけることで寿命が早まってしまいます。

総出力ワット数が高ければ高いほどいい?

あまりに高すぎるのも、かえって良くない

あまりに高すぎるのも、かえって良くない

総出力ワット数が高ければ、上記のようなトラブルが起こるリスクは確かに低くなります。

しかし、あまりに高すぎると今度は変換効率が悪くなり大幅な電力のムダになってしまいます。
省エネの観点から見れば、「ほどほど」がベストです。

総出力ワット数の目安は30~70%以内がベスト

高出力時でも70%くらいを目安に

高出力時でも70%くらいを目安に

たとえば600ワットの電源ユニットなら、180~420ワットくらいの出力を目安にしましょう。
これ以上の出力で使用することが多いなら、もう少し余裕のある電源ユニットが適しています。

変換効率が高い80PLUS認証電源を使えば、容量が大きくても電力の無駄を少なくすることができます。

余裕を持った総出力で快適なPCへ

いかがでしたか?
パソコンを長く・快適に使いつづけるためには、電源ユニットの総出力ワット数に余裕をもたせることが大事です。
とはいえあまり総出力ワット数が高すぎると逆に電力のムダになってしまうので、30~70%以内を目安にするとよいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

あなたはタテ型派?ヨコ型派?自分に合ったビデオカメラの選び方

たくさんの思い出を隅々まで収めたい!そんなときに活躍するのがビデオカメラ。あなたに合った型のビデオカメラを購…

little flower / 2820 view

マウス腱鞘炎の対策に、トラックボールを使ってみよう!!

「マウス腱鞘炎」の予防対策に。マウスをトラックボールに置き換えてみてはいかがですか?

むみょう / 4523 view

スマートフォンのアクセサリーケースの選び方やワイヤレスキーボードの種類

スマートフォンにはさまざまな種類のケースがあるため、どのタイプを選べばいいか悩んでしまうことはありませんか?…

hamunida / 2230 view

違いが分かればもっと便利に!光学ドライブの性能の違いとは?

パソコンをもっと便利にしてくれる機能「光学ドライブ」。色々な種類がありますが、皆さんは違いが分かりますか?今…

mayuripon / 2920 view

長時間作業にオススメ!パソコンデスクに欲しいアームレスト

パソコン作業などデスクワークする職業が増えていますが、日々負担をかけている肘や手首はある日痛みが発生します。…

sunsun / 23985 view

走行中の充電切れ回避!スマホとバッテリーを固定できる自転車用シリコンマウンター

工具不要でスマートフォンと充電器を一緒に搭載できる自転車用ホルダーFanta Stick Holder BI…

UniqCorp / 26921 view

ブルーライト削減は無料で!?iOS・Androidなどでの設定まとめ。

ブルーライトによる健康被害が気になる方に朗報!各OSでのブルーライト軽減用の設定をご紹介します。

むみょう / 13161 view

パソコンはどこで買えばいい?サイトで下調べしてお気に入りを見つけよう!

色んなショップやサイトがあるけど、結局どこで買えば良いのか分からない。そんな方は、サイトで下調べをしてから検…

mayuripon / 2355 view

快適にスマートに運転!!車でもスマートフォンを活躍させるアプリとアクセサリー!!

スマートフォンが普及した車社会の日本。 今や車内でスマートフォンが活躍する場面は数多く存在します。そこで、運…

gadgetman / 24036 view

仕事のスピードアップ!人気のデュアルモニターアームの使い方

パソコン・タブレット・テレビなどディプレイのある機器はいつの間にか増えます。デスク上に置くと作業スペースが狭…

sunsun / 2413 view

アクセスランキング

人気のある記事ランキング