電源ユニットを選ぶときは、総出力ワット数にじゅうぶん余裕があるものを選ぶことが大切です。
経年劣化によって少しずつ供給できる電力が落ちてきますし、最大レベルで電力を供給し続けると思わぬトラブルが起こることもあります。

総出力ワット数に近い電力を長期間供給し続けると…

フルパワーでの頑張りすぎは故障の原因

フルパワーでの頑張りすぎは故障の原因

◆トラブルが起こりやすくなる 
電源ユニットに負荷がかかり熱がたくさん発生するので、電源ユニットが熱くなる・ファンの音がうるさいなどのトラブルが多くなります。 

◆電源ユニットそのものの劣化が早まる 
電源ユニットはふつうに使用していても経年劣化しますが、高い負荷をかけつづけることで寿命が早まってしまいます。

総出力ワット数が高ければ高いほどいい?

あまりに高すぎるのも、かえって良くない

あまりに高すぎるのも、かえって良くない

総出力ワット数が高ければ、上記のようなトラブルが起こるリスクは確かに低くなります。

しかし、あまりに高すぎると今度は変換効率が悪くなり大幅な電力のムダになってしまいます。
省エネの観点から見れば、「ほどほど」がベストです。

総出力ワット数の目安は30~70%以内がベスト

高出力時でも70%くらいを目安に

高出力時でも70%くらいを目安に

たとえば600ワットの電源ユニットなら、180~420ワットくらいの出力を目安にしましょう。
これ以上の出力で使用することが多いなら、もう少し余裕のある電源ユニットが適しています。

変換効率が高い80PLUS認証電源を使えば、容量が大きくても電力の無駄を少なくすることができます。

余裕を持った総出力で快適なPCへ

いかがでしたか?
パソコンを長く・快適に使いつづけるためには、電源ユニットの総出力ワット数に余裕をもたせることが大事です。
とはいえあまり総出力ワット数が高すぎると逆に電力のムダになってしまうので、30~70%以内を目安にするとよいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

通勤にも出張にも使えるビジネスバッグ5選

ビジネスマンは普段の通勤に短期の出張など忙しい!どんなシーンにも対応するビジネスバッグなら、あなたのビジネス…

sunsun / 6510 view

30年の歴史!!アメリカ大手電源メーカー“Antec”の信頼性の高いおすすめ電源ユニ…

自作パソコンの電源について調べると目にする機会が多い“Antec”。30年の歴史を持つAntecの電源は高い…

little flower / 2700 view

旧機種と最新機種の橋渡し!!ビデオケーブル“D端子コンポーネント”の役割とは?

AV機器を使っていると、たまに旧機種と最新機種を繋げたいと思うことがあるかもしれません。そんなときに「D端子…

little flower / 2762 view

急速充電できるモバイルバッテリーの見分け方とは

モバイルバッテリーはもはやスマートフォン所有者の場合は一人で一つずつ持つマストアイテムとなっています。そんな…

pointow / 2923 view

カメラ撮影の必需品?ハンドストラップで安定感のあるカメラ撮影を!!オススメ商品3選

あなたはビデオカメラにハンドストラップをつけていますか?つけていないという方は要注意!ハンドストラップは安全…

little flower / 6694 view

コスパ重視!今売れてる人気のスキャナーを徹底解剖

IT技術が進化し続け便利な機器が増える中「ただ情報を読み取って保存する」機能のスキャナーが根強い人気を誇って…

mashroomcat / 2751 view

今話題のTranscend(トランセンド)って何者?!Transcendの魅力をご紹…

メモリ製造メーカーTranscendの魅力に迫る!製品も中の人も魅力的?!

ガジェットメディア編集部 / 9606 view

目指せペーパーレス!学校のプリント整理にも便利なスキャナー活用法

学校の現場でもパソコンの活用が当たり前になってきました。ただパソコンを使用するだけでなく、スキャナーを利用す…

pointow / 3420 view

高音質で便利なBluetooth片耳イヤホン5選

ハイレゾがもてはやされている昨今、イヤホンもそれに呼応したものが続々登場しています。その中で、昔ながらの片耳…

pointow / 40185 view

ビデオカメラ初心者必見!アイピースシャッターってなに?どんな役割があるの?いつ必要?

ビデオカメラ初心者さんは、“アイピースシャッター”という言葉を聞いたことがありますか?今回は、気になるアイピ…

little flower / 7978 view