電源ユニットを選ぶときは、総出力ワット数にじゅうぶん余裕があるものを選ぶことが大切です。
経年劣化によって少しずつ供給できる電力が落ちてきますし、最大レベルで電力を供給し続けると思わぬトラブルが起こることもあります。

総出力ワット数に近い電力を長期間供給し続けると…

フルパワーでの頑張りすぎは故障の原因

フルパワーでの頑張りすぎは故障の原因

◆トラブルが起こりやすくなる 
電源ユニットに負荷がかかり熱がたくさん発生するので、電源ユニットが熱くなる・ファンの音がうるさいなどのトラブルが多くなります。 

◆電源ユニットそのものの劣化が早まる 
電源ユニットはふつうに使用していても経年劣化しますが、高い負荷をかけつづけることで寿命が早まってしまいます。

総出力ワット数が高ければ高いほどいい?

あまりに高すぎるのも、かえって良くない

あまりに高すぎるのも、かえって良くない

総出力ワット数が高ければ、上記のようなトラブルが起こるリスクは確かに低くなります。

しかし、あまりに高すぎると今度は変換効率が悪くなり大幅な電力のムダになってしまいます。
省エネの観点から見れば、「ほどほど」がベストです。

総出力ワット数の目安は30~70%以内がベスト

高出力時でも70%くらいを目安に

高出力時でも70%くらいを目安に

たとえば600ワットの電源ユニットなら、180~420ワットくらいの出力を目安にしましょう。
これ以上の出力で使用することが多いなら、もう少し余裕のある電源ユニットが適しています。

変換効率が高い80PLUS認証電源を使えば、容量が大きくても電力の無駄を少なくすることができます。

余裕を持った総出力で快適なPCへ

いかがでしたか?
パソコンを長く・快適に使いつづけるためには、電源ユニットの総出力ワット数に余裕をもたせることが大事です。
とはいえあまり総出力ワット数が高すぎると逆に電力のムダになってしまうので、30~70%以内を目安にするとよいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

あなたはタテ型派?ヨコ型派?自分に合ったビデオカメラの選び方

たくさんの思い出を隅々まで収めたい!そんなときに活躍するのがビデオカメラ。あなたに合った型のビデオカメラを購…

little flower / 2746 view

恐ろしいトラッキング火災から家を守ろう!基礎知識とオススメ製品3種。

コンセントと電源プラグの間にホコリが溜まると、火種がないにも関わらず、「トラッキング火災」が発生する可能性が…

むみょう / 4877 view

ノマド必見!?ノマドワーカーが持っていると便利なスマートフォン・パソコンガジェット!…

最近、話題になるノマド。 特定のオフィスを持たず、カフェや休憩所などでIT機器を駆使して仕事をする人たちです…

gadgetman / 7431 view

Appleメーカーが提供するスマートフォンのアクセサリー保護フィルムの種類や特徴

Appleメーカーが提供しているスマートフォンのアクセサリー保護フィルムには、豊富な種類が展開されているため…

hamunida / 1970 view

Windows 7使用者注目!電源が切れる問題が発生したときの対処法とは?

Windows 7を利用していたら急に電源が切れてしまった!そんなときはどんな対処法をとればいいのでしょうか…

little flower / 3292 view

通販の激安店!とにかくPCを安く手に入れたい方はここで買うべし!

PCは最新じゃなくても良い、高スペックは求めていない、そんな方は激安通販がオススメ!今回はオススメショップを…

mayuripon / 8795 view

壁掛けモニターアームの注意点

モニターの大画面化により、置き場所に困るケースがありますよね。また、モニターも液晶が当たり前になり、薄型を活…

pointow / 9042 view

簡単更新!日付/時刻関数について知り、毎日毎月のExcelファイルの更新を簡単にしよ…

今回はExcelの日付/時刻関数についての悩みを少しでも解消できればと思います。日々の売上や毎月の利益管理、…

gagagaet / 1761 view

音楽を楽しむのに最適なヘッドホンはどっち?有線VS無線どちらがいいのか!

iPodの登場からスマートフォンの普及で、手軽にどこでも音楽を楽しめるようになりました。その中で、ヘッドホン…

little flower / 61050 view

ビジネスだけじゃない!家庭で便利に使えるクラウドサービス5選

大量の写真を保存したり、家計簿をつけたり。今、クラウドサービスは家庭でも気軽に利用できるようになりました。今…

sunsun / 2840 view