アウトドア界隈で流行りの「アクションカム」ってご存じですか?
YouTubeなどで、サーフィン中の視点やスキーヤー・スノーボーダーの視点で撮影された映像が増えていますよね。
実はその撮影に使われているのがアクションカムなのです!

こういったハードな環境で使うビデオカメラというと高額なイメージがあるかもしれませんが、最近ではお手頃価格で購入が可能になってきました。
そのおかげで、YouTubeなどに投稿される数が増えました。

そういう動画を見ていると、「自分もこんなダイナミックな映像を撮りたい!」と思いますよね?
そこで今回は、アウトドア好きにオススメするアクションカムをご紹介!!

アクションカムの帝王!!GoPro

GoPro HERO4

GoPro HERO4

アクションカムといえば「GoPro」と言っても過言ではありません。
YouTubeなどに投稿されているスポーツ映像のほとんどがGoProで撮影されています。

GoProの特徴といえば、そのサイズにあります!
59mm(横)×40.5mm(高さ)×30mm(奥行き)と、手のひらに乗るくらいのサイズで、視点映像を撮る際にヘルメットにつけてもあまりじゃまにならないのが魅力!!
また、防水防塵耐衝撃とハードな環境でも使うことができるので、サーフィンやスキー・スノーボードでも活用されているのです!!
さらに4K画質にも対応しており、小さいながらも圧倒的高画質の動画を撮影できます。

アクションカム選びで迷ったら、GoProを選べば間違いはないでしょう!

手元で確認できる!!Sony HDR-AZ1VR

HDR-AZ1VR

HDR-AZ1VR

日本製のビデオカメラといえば、まず思い浮かぶのが「SONY」ですよね。
そんなSONYでもアクションカムが登場しています!!

それがこの「HDR-AZ1VR」です。
幅約24.2mm、高さ約36.0mm、奥行き約74.0mmとサイズも小さいながら、画質性能的には他社を圧倒するスペックを持っています。
一般的なビデオカメラ技術で培われた高画質撮影技術はこのアクションカムでも活かされているのです。

また、このアクションカムのスゴいところは、画像を見るとわかるのですが、腕に装着できるライブビューリモコンがついてくるところです!!
アクションカムのほとんどはヘルメットにつけるので、実際ちゃんと撮影出来ているのかリアルタイムで確認できません。
しかし、このアクションカムであれば、腕に装着したライブビューリモコンでリアルタイムに映像を確認できるのです!!

ハードに動きながら、確実に撮影を行いたい人にまさにオススメ!

とにかく手軽に!!Panasonic A1H

SONYと並んで、日本製のビデオカメラといえばPanasonicですよね。
Panasonicでもアクションカムは登場しています!

それがこのA1Hです。
画像を見てわかるかと思いますが、圧倒的に小型です!!
Φ26.0mm×83.1mmという圧倒的小ささで質量がわずか約45gなので、ヘルメットだけでなく、帽子のつばに装着なんてことも出来ちゃいます。

これだけ小型ですので、本当に気軽に装着して撮影ができます。
スポーツだけでなく、キャンプなどのアウトドア・肝試しの視点撮影なんてことにも使えますよ!
気軽に使えるからこそ、その用途は自由自在!
あなたが新しい使い方を見つけることもできるかも!?

まさに、手軽に使いたい方におすすめです。

アクションカムはこれからどんどん増える

今でもこれだけのアクションカムがありますが、これからその数どんどん増えることでしょう。
スマートフォンやスマートウォッチなどと連携するものも登場するかもしれません。

YouTubeなどで驚きながら見ていたあのダイナミックな映像が自分でも撮影できるようになるアクションカム。
アウトドア好きやスポーツ好きの方はぜひとも購入して、自分の楽しい体験をみんなで共有してみましょう!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ASUSには自作PC用の便利な計算サイトが存在していた!

PCやIT業界に興味がある人なら一度は自作PCを作ってみたいと思うものですよね。パーツには詳しい、組み立ても…

mashroomcat / 2903 view

快適にパソコンを使うには?電源ユニット総出力ワット数の最適値を学ぼう!

どんなに元気な人でも、ずっとフルパワーで頑張り続けたらすぐに疲れてしまいますね。そう、電源ユニットもそれと同…

papilio / 628 view

仕事効率は2倍以上?液晶モニターアームを選ぶ時の3つのポイントを解説

一度使うとやめられなくなるマルチディスプレイ。一度に2つ以上のwindowが開けるので、作業効率がぐっとアッ…

mashroomcat / 1949 view

飛行機に持ち込めない?空港で慌てないモバイルバッテリーの取扱いについて

飛行機における手荷物検査は年々厳しくなっていますが、身近に使用しているアイテムでも検査に引っかかることが良く…

pointow / 10900 view

上手な電源の選び方!“Seasonic”の電源から見る良い電源の選び方とは!

自作パソコンの肝となる部分といえば、電源です。上手に選べば、コストパフォーマンスのいい電源を選ぶことが出来ま…

little flower / 1026 view

初めて一眼レフ買ったら絶対必要なアイテム。

データを記録するもの、データを転送するもの、カメラを保護するもの、カメラをクリーニングするもの、の4点からア…

あいみん / 3285 view

ワットメーターつき電源タップで電気をチェックして節約上手に!

「節電しなきゃ」と頭ではわかっていても、いざ実行するとなると意外に大変なものです。でも、現在の消費電力がひと…

papilio / 632 view

スマートフォンの見過ぎ?疲れ目にオススメな「PCメガネ」を使ってみませんか?

テレビやパソコン、スマートフォンの見過ぎで疲れ目になっていませんか?そこでオススメなのが「PCメガネ」。では…

mayuripon / 1565 view

フィルムスキャナーを購入する時に注意すべき5つのこと

昔のカメラで撮影した時のフィルムをデーター化して、保管することができるフィルムスキャナーは便利なアイテムです…

sunsun / 691 view

手書きをデジタルに!デジタルノートのオススメ5選

手書きでサッと書いたメモやアイデアをパソコンやスマートフォンに取り込めるデジタルノート5選をご紹介します。

takataka / 347 view

関連するキーワード