“S端子”や“D端子”、テレビビデオケーブルの用語には種類がたくさんあって特に初心者の方は混乱してしまいますよね。

中でも耳にする機会が多いものの1つ「S端子」。

今回は、よく耳にする「S端子」とは何か?S端子にはどんな役割があるのかをまとめてみました。

S端子について

S端子とは?

S端子とは?

“S端子”とは、映像機器からの映像をテレビに送るための接続規格を差し、多くの映像機器の入出力に利用されています。

S端子の“S”は「セパレート(Separate)」の略です。
信号はアナログ信号で、従来のアナログ放送の映像をアナログ放送で伝送します。

S端子の主な特徴①映像をモニターに映す

パソコンの映像をテレビに映す

パソコンの映像をテレビに映す

S端子が搭載されているパソコンやグラフィックボードから、テレビに映像を映し出すことができます。

同様に、“アナログRGB 15ピン”の映像出力をS端子接続に変換できるパソコン用テレビ出力でも、映像の出力が可能。

いつも見ているパソコンの動画を大きな画面で迫力を感じながら楽しみたい!という方に便利な機能です。

S端子の主な特徴②データの取り込み

ビデオテープの映像をパソコンに取り込む

ビデオテープの映像をパソコンに取り込む

S端子ケーブルをビデオデッキやビデオカメラに繋げることで簡単にビデオテープの映像をパソコンに取り込むことができます。

自分で撮影した映像を編集したい方や映像をSNSや動画サイトにアップしたい方などに便利な機能です。

S端子ケーブルを使おう

S端子ケーブルの形状

S端子ケーブルの形状

こちらは販売されているS端子ケーブルの1つです。
片方をビデオカメラなどのデータ送信元に接続し、もう片方やテレビやモニターなどの受信もとに接続するだけで映像の受信が可能になります。

特別な知識はなく簡単に使用することができますので、大画面で映像を楽しみたい場合などに是非ご活用ください。

メーカーによってケーブルの長さや価格など様々な種類がありますので、最適なものをお探しください。

S端子ケーブルを活用しよう!

今回は、“S端子”の役割についてご紹介しました。

機能性抜群のS端子ケーブルは数百円~千円台で購入することができます。

パソコンの動画を大画面で楽しみたい!という方や、ビデオカメラで撮影した映像をパソコンに取り込みたい!という方は、S端子ケーブルを購入してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

パソコン電源ユニットの規格ってどうなってるの?

パソコン電源ユニットにはいくつかの規格があるので、交換・自作するときはきちんと規格が合ったものを選ぶべし!

papilio / 938 view

あなたのパソコンの使用目的は何?目的に合わせた正しいOSの選び方とは

パソコンの選び方において、一番大切なのは“自分の使用目的”に必要な機能や性能を知ることです。特に大切なのがO…

little flower / 878 view

ケーブルを知ろう!AVケーブルやオーディオケーブルの種類、光デジタルオーディオケーブ…

AVケーブルやオーディオケーブル、光デジタルオーディオケーブルなど、ケーブルとひと言で呼んでも首里や使用用途…

hamunida / 6083 view

急速充電できるモバイルバッテリーの見分け方とは

モバイルバッテリーはもはやスマートフォン所有者の場合は一人で一つずつ持つマストアイテムとなっています。そんな…

pointow / 372 view

初心者必見!モニターアームを設置する時に注意するべきポイント5つ

PC・テレビのディスプレイを固定するモニターアームがあればデスク周りがスッキリしますし、角度や高さ調整も自由…

papilio / 1505 view

説明書や雑誌もスキャン!達人が教えるスキャナーの意外な活用法

スキャンできる機械を持っているけど全然使わないという人は多いと思います。しかしスキャナーは案外活用法がたくさ…

sunsun / 353 view

光学ドライブ、Blu-rayドライブ、BD-ROM 光学ドライブの正しい選び方やBl…

CDドライブやDVDドライブ、Blu-rayドライブの総称を光学ドライブと呼びます。 今回はその光学ドライ…

hamunida / 745 view

英文資料もその場でスキャンして翻訳!持ち歩けるペン型ハンディスキャナがビジネスマンに…

外国語の資料が読めないという時代はもう終わり!英語がまったく読めなくてもこのアイテムを使えば読めてしまう。そ…

ヨシ / 1371 view

もう絡ませない!カバンの中にあるイヤホンやヘッドホンのケーブルの絡まりを防止する便利…

スマートフォンや小型音楽プレーヤーの普及によって、イヤホンやヘッドホンの需要は高まりました。 そんな中で、必…

ガジェットム / 9412 view

未来の照明!今使えるスマートLEDの特徴と注意点

LEDライトが省エネで節電なことは広く知られていますが、最近の照明はタイマーやスマートフォンと接続できたりと…

takataka / 96 view

関連するキーワード