スマートフォンやポータブルプレーヤーの普及で音楽はどんどん身近なものになりました。そして、Bluetooth通信が可能になったことで、いつでもどこでもスピーカーから音楽を流せるようになり、私たちの音楽シーンは大きく広がっています。
しかし、いつでもどこでも音楽を聴きたくても、お風呂やアウトドアなどでは水濡れや衝撃などが心配という方も多いのではないでしょうか。

そこでオススメなのが、お風呂だろうとアウトドアだろうと音楽を楽しめるアイテムBluetoothスピーカー“OMAKER M4”です。

“OMAKER M4”、様々な使用場所で音楽を聴くことを想定して作られているのです!

OMAKER M4とは

Omaker M4

Omaker M4

実際、OMAKER M4とはどんなものなんだと思うことでしょう。
まずは軽く、OMAKER M4についてご紹介!

基本スペックは以下になります。
サイズ:81 x 81 x 45mm
重量:165g
連続使用可能時間:12時間
Bluetooth対応
NFC対応
マイク搭載
防滴・耐衝撃

サイズ的にもあまり大きくないので持ち運びも簡単。
Bluetooth通信が行えるので、ワイヤレスでスマートフォンやポータブルプレーヤーと連携が可能!
さらにNFC対応で、NFC搭載スマートフォンなどとのペアリングが容易です。
そして、何より嬉しいのが防滴・耐衝撃です!!

そんなOMAKER M4はどれだけの使用場所に対応できるのでしょうか?

使用場所①「お風呂でゆったりと」

お風呂で

お風呂で

先程ご紹介したように“OMAKER M4”は、嬉しい防滴機能付き!

防滴規格は“IPX4の防水規格”とされており、IPX4は「あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない」というものです。
つまり、お風呂で体や頭を洗っているときに水しぶきがかかっても問題ないのです!
更に嬉しいのは、写真にあるようにOMAKER M4には付属品としてストラップがついてきます。
なので、お風呂のシャワーフックやタオル掛けなどにぶら下げておくことができるので、邪魔になることもありません!
また、本体自体に音量ボタンがありますので、濡れた手で音量操作も出来ちゃいます!

まさにお風呂場にぴったりなスピーカーと言えるでしょう。

使用場所②「家事をしながら」

家事をしながら

家事をしながら

“OMAKER M4”は、先ほども紹介した通り、防滴なのでお風呂以外にもキッチンで食器を洗っているときや洗濯物を干しているときなど、家事をしているタイミングでもスマートフォンからお気に入りの音楽を聴くことができます。

そして、お風呂以上にここでストラップが活きてきます!!
キッチンであれば、フックなんていくらでもありますし、洗濯物を干しているときなどは物干し竿にぶら下げられます。
画像のように余った洗濯バサミ付きハンガーにもぶら下げられちゃいます!

家事をしてる時って結構音楽を聴きたくなりますよね、そんなときに活躍することまちがいなしです!

使用場所③「アウトドアで盛り上がろう」

アウトドアにももってこい!

アウトドアにももってこい!

“OMAKER M4”は、バッテリーを内蔵していますので電源を確保する必要もなく、アウトドアで外に出た時でも気軽に楽しめます。
Bluetooth対応なので、本当に無駄なケーブルも必要なく、スマートフォンとOMAKER M4だけあればすぐに音楽を楽しめることでしょう。

キャンプなどでも、自分だけでなく友人たちもBluetoothで接続すれば、簡単に誰の音楽でも再生することが出来ます。
ストラップを使えば、車のミラーに、テントの端っこに、簡単に設置できるの嬉しい点です。
また、電気のないところでもモバイルバッテリーがあれば充電できるので、長時間音楽をかけっぱなしでも安心です。

もう一つ、最初に説明した耐衝撃がここで活きてきます。
スピーカーというと、衝撃に弱いイメージがあり、あまりアウトドアでは活躍できないイメージですが、OMAKER M4は耐衝撃設計ですので、多少の衝撃はものともしません!!

アウトドアにぴったりです!!

最強のBluetoothスピーカー“OMAKER M4“

いかがでした?
防滴・耐衝撃で、お風呂だろうとアウトドアだろうとどこでも活躍できる最強のBluetoothスピーカー“OMAKER M4”。

これだけの場所で活躍できるスピーカーですから、1つ持っているだけでいつでもどこでも気軽に音楽を楽しむことが出来ます。
また、ご紹介したい使用場所以外にも、もちろん様々なシチュエーションに大活躍できるので、ぜひとも購入してみてはいかがでしょうか!

そして、スマートフォンといつも一緒に持ち歩いて、素敵な音楽ライフをお過ごしください♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

TVの音声をワイヤレスヘッドセット・スピーカーに飛ばす方法

寝静まった中、自分一人でTVを楽しみたい時ありませんか? TVの音声をワイヤレスヘッドセットやスピーカーに飛…

ガジェットメディア編集部 / 11800 view

使い方で選びましょう!シームレスな音楽環境にはオススメのBluetoothスピーカー…

近年話題を呼んでいる“Bluetoothスピーカー”。外での利用に特化したもの、自宅の中のどこでも浸かるよう…

little flower / 1552 view

えっ、こんなに小さいのにパソコンなの!?最近話題のスマートフォン並に小さい高性能ステ…

最近、ガジェット好きの中でじわじわと話題になってきているスティックPC。 聞いたことはあるけど、実際どんなも…

gadgetman / 2095 view

アウトドアにもってこい!野外で音楽を聴くなら“TREK Flex”がおすすめ☆

大容量なスマートフォンやポータブルプレーヤーが登場して、音楽を外に持ち歩くことが簡単になりました。そんな中で…

little flower / 2801 view

2017年夏スタート!救急対応まで!SECOM「セコム・マイドクターウォッチ」に注目

SECOMの新サービスとして「セコム・マイドクターウォッチ」が開発されました!一体どのような機能を兼ね備えて…

sunsun / 1367 view

VR対応パソコンの認証VR Ready(VRレディ)とは?

VR元年から年が明け、2017年にはVR対応のデバイスが続々と発表されています。しかし、VRを正しく体感する…

sunsun / 1375 view

電話と言ったら“受話器”でしょ!そんなこだわり派におすすめの「ハンドセット」とはどん…

こだわり派必見!ヘッドセットやイヤホンでの電話は電話じゃない!受話器を使った電話がしたい人には「ハンドセット…

little flower / 15462 view

使い捨ては時代遅れ!何度でも温かい充電式カイロがオシャレ

寒い冬にはかかせないホッカイロ。でも最近はそんな身近なカイロにまでIT化の波がきているのです。最近流行の充電…

takataka / 5428 view

どっちがいい?GoogleHomeとAmazon Echoの違いについて

「GoogleHome」と「Amazon Echo」は、どちらも声での呼び掛けに反応し音楽を再生したり天気予…

takataka / 1052 view