パソコンの電源ユニットの購入を考える際に、さまざまな情報で目にすることが多い“Antec”
自作パソコン業界では三大メーカーの一つとして数えられることが多いです。

1986年に創業した電源メーカーの“Antec”は、約30年間パフォーマンスの高いコンピュータを提供してきました。
数々の賞をも受賞しており、その信頼性も高いものとなっています。

電源選びの際の鉄板として存在するAntecですが、その商品ラインナップも様々です。
そこで、今回はそんなAntecが展開する優秀な電源ユニットを3選を用途と合わせてピックアップしました。

ポイントは“エコ”!NE550C

2014年10月27日に発売された“NE550C”

容量550W、1系統12V 42Aの電源ユニットで80PLUS BRONZE認証を取得しています。
ErP Lot 6 2013をサポートしており、電力を必要としないスタンバイモード時は待機電力が0.5W以下に抑えられるといったエコが売りです。
ErP( Energy-related Products )指令とは環境配慮設計に関する欧州連合の新しい指令のことを指します。

また、全てのコンデンサに日本メーカー製コンデンサを採用しているので、その安定性も高いものとなっています。

一般的な自作パソコンに搭載するエントリーモデルの中で、待機電力を重視したい方にはこちらがオススメ!

80PLUS Platinum認証取得!EA-650 Platinum

EA-650-PLATINUM

EA-650-PLATINUM

2011年12月24日に発売された“EA-650 Platinum”

容量650W、4系統12V 30Aの電源ユニットで80PLUS Platinum認証を取得しています。
80PLUS Platinum認証とは、電源の変換効率が80%以上である認証の中での最高峰に位置します。
低負荷でも高負荷でも電力ロスが少ないのが特徴です。

また、“サーマルマネージャー機能”により温度変化に応じて回転数を制御するダブルボールベアリングファンに加え、ErP Lot 6 2013サポートにより待機電力1W以下を実現しました。
2個の6+2ピンPCI Express電源コネクタを備えているので、マルチグラフィック環境にも対応します。

グラフィック特化で高効率な電源を求める人はこのEA-650 Platinumがオススメです!!

圧倒的ハイスペック!!HCP-1300 Platinum

HCP-1300 Platinum

HCP-1300 Platinum

2014年3月15日に発売された“HCP-1300 Platinum”。

容量1300W、4系統12V 50Aの電源ユニットで“EA-650 Platinum”と同様、80PLUS Platinum認証を取得しています。

まず注目すべきはこの容量の多さでしょう。
1300Wもの大容量で、どんなハイスペックPCにも対応できることでしょう。
しかし、こんなにも大容量であっても、ErP Lot 6 2013サポートで待機電力0.5W以下を実現、大口径135mmダブルボールベアリングファン採用とファンコントロール機能・サーマルマネージャー搭載により、ハイエンド電源にありがちなファンのうるささも気になりません!

最強を求める自作パソコンユーザーにオススメの電源ユニットと言えるでしょう。

高い信頼性を持ったAntecの電源ユニット

30年の歴史を持つAntecの電源ユニットは、やはりそれだけ長い間電源ユニットを提供してきただけあって信頼性の高いものとなっています。
また、80PLUS認証を取得しているものが大変多く、変換効率の高さも折り紙つきと言えるでしょう。

その中で、今回紹介した3機種。
エコを考えた機種から、エントリーモデルとしての安定感のあるものや圧倒的ハイスペックに対応したものといった形で、初心者がちょうどいいスペックを選ぶ際に活躍できる電源と上級者の要望にも答えられるスペックの電源が用意されていて、選ぶ際に迷うことが少ないのが嬉しいです。

次々に高機能電源ユニットを開発するAntecから今後も目が離せません!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

パソコンのメモリを増設する時やるべき5つのこと

パソコンのメモリを増やすなら、メモリを増やす前にしっかりと確認しておきましょう! 今回は、パソコンのメモリを…

mayuripon / 3704 view

え?Blu-rayディスクが読み込めない!?意外な落とし穴から大事なデータを守る。

Blu-rayディスクは容量が大きい分、データが壊れると被害も増えてしまいます。大切なデータ・番組をしっかり…

むみょう / 81267 view

夢のガジェット!「長さが測れる魔法のペン」InstruMMents 01

「InstruMMents 01」は、内蔵のセンサーにより、物体の寸法を正確に測定できるペン型デバイスです…

Tokio_03 / 4986 view

スマホ操作のイライラを解消!タッチペンを使ってみよう。

スマホ・タブレットで便利なタッチペン4種をご紹介。

トヨピィ / 4711 view

パソコンもスッポリ収納!見た目も機能性も妥協しない女性用ビジネスバッグ

バリバリ働く女性が増えてきた昨今ですが、女性向けのビジネスバッグって意外と少ないですよね!ノートPCからお弁…

papilio / 20543 view

iOSとはここが違う!!Android OSの魅力はここだ!

iOSではなく、androidOSを選ぶメリットはなんなのでしょうか?androidOSの特徴をご紹介します…

mayuripon / 4659 view

HDMIセレクター(切替器)ってナニ?HDMIスプリッター(分配器)とどう違うの?

見た目はなんだか黒っぽい箱みたいだけど、いざ使ってみるととっても便利!今回は、HDMIセレクターについてご紹…

papilio / 51189 view

名刺を整理したい!便利な名刺用スキャナーの人気商品を比較

名刺交換は社会人の基本です。もらった名刺を皆さんファイリングして管理していますか?今、名刺はデータ化で管理す…

sunsun / 4023 view

机周りすっきり!壁面取付けモニターアームの設置方法

モニターに脚がついているとデスクの場所を占領してしまいます。だから使ってみたくなるのが「壁面取付けモニターア…

mashroomcat / 3072 view

旧機種と最新機種の橋渡し!!ビデオケーブル“D端子コンポーネント”の役割とは?

AV機器を使っていると、たまに旧機種と最新機種を繋げたいと思うことがあるかもしれません。そんなときに「D端子…

little flower / 2305 view

関連するキーワード