自作PCを始めたい……でも、電源コネクタってどれがいいの?
「EPS12V」や「ATX12V」などなどいっぱいあるけど、どれがどういう役割をするのかわからない!!
そんな方も少なく無いと思います。

自作パソコンもほとんどのメーカーパソコンも共通コネクタを採用していますが、様々な種類がありどんな違いなのかわからないですよね。

そこで今回は、EPS12VやATX12Vなど、電源ユニットに取り付けられている電源コネクタの種類を紹介していきたいと思います。

電源コネクタの種類と形、用途が分かれば、自分の求める電源コネクタが見つかることでしょう!!

ATXメインコネクタ

マザーボード用電源コネクタ

マザーボード用電源コネクタ

マザーボード電源用コネクタとして利用されている最も太いケーブルでまとまっているものを“ATXメインコネクタ”と言います。

ATXメインコネクタからは、“スタンバイ用電源”、“チップセット”へ電源供給がされます。

「Pentium 4世代」などの以前のものは、消耗電力増加に対応する拡張仕様が『20ピン』でしたが、2006年頃に「ATX12Vバージョン2.2」変更されてから『24ピン』へ拡張されました。
また、旧マザーボードにも対応できるように「20ピン+ 4ピン」構成のコネクタも存在します。

つまり、この形状のコネクタは“マザーボードに繋ぐ”ということです。

電源ユニットによって、「20ピン+ 4ピン」の分離可能タイプと、「24ピン固定」のタイプがあります。分離可能タイプであれば20ピンの旧式マザーボードでも接続することができます。

ATX12V・EPS12V コネクタ

CPUに電源を供給するコネクタ

CPUに電源を供給するコネクタ

ATX12Vは、CPUに電源を供給するコネクタです。

ATXメインコネクタと同様+12Vですが、ATXメインコネクタとは違う独立した出力系統になっています。
ATX12Vは基本的に4ピンのコネクタですが、8ピンのEPS12Vコネクタとして使えるように4ピンが二つになったコネクタもあります。

CPUへの給電を行うケーブルで、特に必要がなければ、分離した4ピンの内の片方はそのままにしておいて大丈夫です!

EPS12VコネクタはATX12Vコネクタの後継であり、上位互換を持つ。ATX12Vよりも高い電源供給が可能で、2CPUを搭載するシステムなど+12Vに最も大きな出力が求められる機器で必要となる。サーバーやワークステーションで主に使われる電源仕様。1CPU環境でもオーバークロック動作時、ATX12V(4ピン)では電源不足になる場合もあるため、EPS12Vコネクタを装備するマザーボードが販売されている。ハイエンドマザーボードではEPS12V × 2つを装備する製品がある。

PCI Express電源コネクタ

補助電源コネクタ

補助電源コネクタ

拡張スロットからの電源供給では電力不足となってしまうハイエンド・グラフィックカードの補助電源として使用されているのが“PCI Express電源コネクタ”です。

グラフィックカードとは、パソコンの映像や画像処理を補助するパーツで、これがハイエンドであれば、高画質な映像を楽しむことが出来ます。
最近のハイエンドPCにはだいたい搭載されていますね。

もともと6ピンですが、さらに高い電力用に8ピンのものも販売されています。
また、どちらにも対応可能な6ピンと2ピンが分離可能なコネクタも販売されています。

自作するなら、思い切ってハイエンドにしたいと考える方もいるかと思います。
そんなときに活躍するのがこのコネクタです。

ローエンド・グラフィックカードでは、PCI Express × 16 スロットからの電力で対応出来ます。その大本はATXメインコネクタからの電源(マザーボード用電源)。PCI Express電源コネクタによる補助電源は必要ありません。

適材適所のコネクタ

今回は、電源ユニットに取り付けられている電源コネクタの種類について代表的な3種類をご紹介しました。

それぞれの電源コネクタによってピン数や電源供給方法が異なります。
間違った接続をしてしまうと故障の原因やそもそも起動できないといった自体に陥ってしまうので、どのコネクタがどのパーツに繋がるのか、しっかりと確認して正しく接続されるように注意しましょう。

自分の用途にあった電源コネクタを正しく使用できれば、自作したPCもバッチリ動きますし、今後スペックアップを行う際に迷わずに済みますよね!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

今話題のUSB Type-Cって何?コネクタ形状からハブや変換アダプタのまとめ

MacBookの登場で露わになったUSB Type-C。コネクタの形状や変換アダプタをまとめてみた

ガジェットメディア編集部 / 1960 view

家の中に絶対あるはずなんだけど。置き忘れ防止グッズTileの使い方

どんな人間でも、ものをどこに置いたか忘れちゃうことってあります。そんな時に、探すのをサポートしてくれる便利グ…

pointow / 850 view

旧機種と最新機種の橋渡し!!ビデオケーブル“D端子コンポーネント”の役割とは?

AV機器を使っていると、たまに旧機種と最新機種を繋げたいと思うことがあるかもしれません。そんなときに「D端子…

little flower / 601 view

メーカーのチェックが大切!GPUの種類やNVIDIA社が提供するGeforeceシリ…

3Dグラフィックスの表示の際に必要な計算処理を実施する半導体チップのことをGPUといいます。 そのチップは…

hamunida / 1063 view

シャワールームで使うのに最適なBluetoothスピーカー

わたしが見つけたBluetoothスピーカーがもたらす小さな幸せ。

hagissh / 407 view

いらないAV機器をお金に買えよう!ショップの買取サービスがオススメ!

新しいものを買った時、古いものは粗大ゴミで捨てていませんか?まだ使えるのに捨てるなんてもったいないです。AV…

mayuripon / 1030 view

雨にも雪にも負けない!丈夫なビジネスバッグ5選

普段住んでいる場所ではあまり気にしないものの、出張先で雪の多い地域に行けば意外とバッグ選びで失敗することがあ…

pointow / 448 view

最近流行りのアクションカム!!アウトドア好きな人にオススメなビデオカメラをご紹介!!

ビデオカメラの高性能化と共に小型化も進んできた現在。アウトドア界隈で流行っているのが「アクションカム」です。…

bontaku / 695 view

圧倒的な迫力をこのスピーカーで体験しよう!今のスピーカーに不満がある方は要注目!

迫力のある映画・ゲームを自宅で楽しみむなら、スピーカーを変えてみましょう。今回は、おすすめのスピーカーについ…

little flower / 486 view

ペン型?スタンド式?スキャナーを選ぶ時はここをチェックしよう

スキャナーと一言でくくっても形状や機能など種類はさまざまです。どのスキャナーを選べば後悔しないのか・・・。今…

sunsun / 558 view

関連するキーワード