テレビとアンテナを繋ぐケーブルとして使われている「同軸ケーブル」。
普段何気なく接続しているかもしれませんが、実際、このケーブルはどういったものなのか知らない方も多いのではないでしょうか。

「同軸ケーブル」は、高周波信号を効率良く負荷側に伝送する目的で利用されています。
と言っても、いまいちピンとこないかもしれません。
簡単に言うと、UHF・VHFなどのアンテナからの信号をテレビに効率良く送るためのケーブルということです。
しかし、テレビにアンテナの信号を送るケーブルと言っても「同軸ケーブル」には、沢山の種類があります。

いざ選ぶとなると、どれを選べばいいんだろう?と迷う方も多いでしょう。
そこで今回は、同軸ケーブルの種類と選び方についてご紹介していきたいと思います。

同軸ケーブルの基本構造

同軸ケーブルの仕組み

同軸ケーブルの仕組み

まずは、「同軸ケーブル」の基本構造を簡単にご説明します。

同軸ケーブルの構造は、内部導体を中心として絶縁体、外部導体、シースを同心円状に配列した形状になっています。
これにより、外部からの信号を遮断して効率良くアンテナからの信号を送っています。

この絶縁体や外部導線、シースなどが損傷するとテレビの映りが悪くなるということです。

同軸ケーブルの記号と種類

信号によって性能が定まる

信号によって性能が定まる

同軸ケーブルは、信号の種類によって性能が異なり定められています。

「S-5C-FB」などという形で、性能を表す記号が記されています。
●S→BS/CS(2,600Hz)「S」対応
●5→網線直径が“mm”で表記されており、3・4・5・7・10が代表的
●C →インピーダンス「75Ω」 「D」50Ω
●F→発泡ポリエチレン 「2」ポリエチレン 「HF」高発泡ポリエチレン
●B→アルミ箔テープ付銅編組 「V」編組一重 「W」編組二重 「T」編組三重

以上のように同軸ケーブルには対応する性能が決まっていますので、誤ったものを選ぶと正常に信号が送られないことになります。
BS/CS対応ではないケーブルを選んでしまうと、BS/CSが映らないといったようなことです。

同軸ケーブルの選び方

特性インピーダンスがポイント

特性インピーダンスがポイント

同軸ケーブルの種類の選び方として、まず最初に“特性インピーダンス”を決める必要があります。
“特性インピーダンス”とは、信号を送る際にケーブル内で発生する電圧と電流の比です。

無線系の機器の特性インピーダンスは通常「50Ω」が一般的です。
しかし、テレビやCATVの機器は以前から「75Ω」が使用されています。

つまり、テレビなどで使う場合は「75Ω」のものを選びましょう。

同軸ケーブルの呼称と標準的な規格

同軸ケーブルの呼称と標準的な規格

信号は減衰する

減衰した信号を増幅するブースター

減衰した信号を増幅するブースター

よくあるのが、ケーブルを長くしたら映らなくなったということではないでしょうか。
実は、同軸ケーブルを通る信号は減衰しやすいんです。
特にBSなどの信号は減衰しやすいとされています。

「じゃあ、遠くにあるテレビはどうすればいいの?」と思うかもしれません。
ご安心ください、この減衰した信号を増幅するためのブースターというものが存在します。
弱くなった信号がブースターを通ることでまた増幅されて、ブースターとテレビの間のケーブルを通りますので、遠く離れた場所でもきちんと映像を受信することが出来るようになります。

しっかり選ばないとテレビが見れない

今回は、同軸ケーブルの種類・選び方についてご紹介しました。

同軸ケーブルの構造や種類はお分かりいただけたと思います。
このように、同軸ケーブルには信号の種類によって、使えるものと使えないものがあります。
地上波は見れたのに、BS/CSが映らない!!なんてことが起きないように、しっかりと対応したケーブルを選ぶことが大切です。
そして、それでも映らない場合はケーブルの長さを見直してみましょう。
長さを買えられない場合は、ブースターなどで補強してあげることで、綺麗な映像をテレビで見ることが出来るようになりますよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

モバイルOSの種類やAndoroidタブレットの特徴、オープンソースを組織として公開…

最近のスマートフォンはAndoroidやiPhone系が多大な支持を集めていますが、そもそもiPhoneやA…

hamunida / 828 view

高音質で便利なBluetooth片耳イヤホン5選

ハイレゾがもてはやされている昨今、イヤホンもそれに呼応したものが続々登場しています。その中で、昔ながらの片耳…

pointow / 16111 view

簡単に手に入る!モニターアームのずり落ち対策グッズ

デスクのスペースも増え角度調整も楽になるモニターアームは便利ですが、ひとつ難点を挙げるなら「ずり落ちる事」で…

sunsun / 859 view

最近流行りのアクションカム!!アウトドア好きな人にオススメなビデオカメラをご紹介!!

ビデオカメラの高性能化と共に小型化も進んできた現在。アウトドア界隈で流行っているのが「アクションカム」です。…

bontaku / 1412 view

飛行機に持ち込めない?空港で慌てないモバイルバッテリーの取扱いについて

飛行機における手荷物検査は年々厳しくなっていますが、身近に使用しているアイテムでも検査に引っかかることが良く…

pointow / 18788 view

雨や雪の日でも大丈夫!耐久性で選ぶビジネスバッグならこれ!

ビジネスバッグは基本的に丈夫にできているものなのですが、濡れたり負荷がかかったりするとどうしても劣化してしま…

pointow / 1846 view

iMacを買ったら揃えてパワーアップさせたいアクセサリーまとめ 2015年度版

iMac 27インチを買った際に実際に揃えた物や欲しいけど手に入らなかったアクセサリーをとめました。 iMa…

ガジェットメディア編集部 / 8469 view

実は便利!Windowsボタンの特徴を再確認!

今回は実は便利なWindowsボタンのショートカットについて確認していきます。Windowsボタンを使いこな…

gagagaet / 1039 view

長時間作業にオススメ!パソコンデスクに欲しいアームレスト

パソコン作業などデスクワークする職業が増えていますが、日々負担をかけている肘や手首はある日痛みが発生します。…

sunsun / 19161 view

震災時に通信キャリアが提供する無料サービスとは

自分が震災に見舞われた時、携帯電話は安否確認や外部の情報を得るために重宝するデバイスです。今回は震災時に通信…

sunsun / 906 view

関連するキーワード