テレビとアンテナを繋ぐケーブルとして使われている「同軸ケーブル」。
普段何気なく接続しているかもしれませんが、実際、このケーブルはどういったものなのか知らない方も多いのではないでしょうか。

「同軸ケーブル」は、高周波信号を効率良く負荷側に伝送する目的で利用されています。
と言っても、いまいちピンとこないかもしれません。
簡単に言うと、UHF・VHFなどのアンテナからの信号をテレビに効率良く送るためのケーブルということです。
しかし、テレビにアンテナの信号を送るケーブルと言っても「同軸ケーブル」には、沢山の種類があります。

いざ選ぶとなると、どれを選べばいいんだろう?と迷う方も多いでしょう。
そこで今回は、同軸ケーブルの種類と選び方についてご紹介していきたいと思います。

同軸ケーブルの基本構造

同軸ケーブルの仕組み

同軸ケーブルの仕組み

まずは、「同軸ケーブル」の基本構造を簡単にご説明します。

同軸ケーブルの構造は、内部導体を中心として絶縁体、外部導体、シースを同心円状に配列した形状になっています。
これにより、外部からの信号を遮断して効率良くアンテナからの信号を送っています。

この絶縁体や外部導線、シースなどが損傷するとテレビの映りが悪くなるということです。

同軸ケーブルの記号と種類

信号によって性能が定まる

信号によって性能が定まる

同軸ケーブルは、信号の種類によって性能が異なり定められています。

「S-5C-FB」などという形で、性能を表す記号が記されています。
●S→BS/CS(2,600Hz)「S」対応
●5→網線直径が“mm”で表記されており、3・4・5・7・10が代表的
●C →インピーダンス「75Ω」 「D」50Ω
●F→発泡ポリエチレン 「2」ポリエチレン 「HF」高発泡ポリエチレン
●B→アルミ箔テープ付銅編組 「V」編組一重 「W」編組二重 「T」編組三重

以上のように同軸ケーブルには対応する性能が決まっていますので、誤ったものを選ぶと正常に信号が送られないことになります。
BS/CS対応ではないケーブルを選んでしまうと、BS/CSが映らないといったようなことです。

同軸ケーブルの選び方

特性インピーダンスがポイント

特性インピーダンスがポイント

同軸ケーブルの種類の選び方として、まず最初に“特性インピーダンス”を決める必要があります。
“特性インピーダンス”とは、信号を送る際にケーブル内で発生する電圧と電流の比です。

無線系の機器の特性インピーダンスは通常「50Ω」が一般的です。
しかし、テレビやCATVの機器は以前から「75Ω」が使用されています。

つまり、テレビなどで使う場合は「75Ω」のものを選びましょう。

同軸ケーブルの呼称と標準的な規格

同軸ケーブルの呼称と標準的な規格

信号は減衰する

減衰した信号を増幅するブースター

減衰した信号を増幅するブースター

よくあるのが、ケーブルを長くしたら映らなくなったということではないでしょうか。
実は、同軸ケーブルを通る信号は減衰しやすいんです。
特にBSなどの信号は減衰しやすいとされています。

「じゃあ、遠くにあるテレビはどうすればいいの?」と思うかもしれません。
ご安心ください、この減衰した信号を増幅するためのブースターというものが存在します。
弱くなった信号がブースターを通ることでまた増幅されて、ブースターとテレビの間のケーブルを通りますので、遠く離れた場所でもきちんと映像を受信することが出来るようになります。

しっかり選ばないとテレビが見れない

今回は、同軸ケーブルの種類・選び方についてご紹介しました。

同軸ケーブルの構造や種類はお分かりいただけたと思います。
このように、同軸ケーブルには信号の種類によって、使えるものと使えないものがあります。
地上波は見れたのに、BS/CSが映らない!!なんてことが起きないように、しっかりと対応したケーブルを選ぶことが大切です。
そして、それでも映らない場合はケーブルの長さを見直してみましょう。
長さを買えられない場合は、ブースターなどで補強してあげることで、綺麗な映像をテレビで見ることが出来るようになりますよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

プレゼンを見る人にやさしくするのにオススメのレーザーポインター3選!

効果的なプレゼンテーションを実現!プレゼンにピッタリのレーザーポインターをご紹介。

むみょう / 3891 view

え?Blu-rayディスクが読み込めない!?意外な落とし穴から大事なデータを守る。

Blu-rayディスクは容量が大きい分、データが壊れると被害も増えてしまいます。大切なデータ・番組をしっかり…

むみょう / 57250 view

押し入れから撮影フィルムがでてきた!その場で中身が確認できるフィルムスキャナ

大量に眠っている撮影フィルム。捨てきれずに悩んでいるなら、データ化してスッキリ保存しませんか?フィルムスキャ…

sunsun / 1946 view

ポイントはズームレバー?ビデオカメラを正しく持って綺麗に撮る方法は?

動画を上手に撮影するためには、まず“持ち方”を正すことが基本。ビデオカメラの正しい持ち方をマスターして、綺麗…

little flower / 2321 view

スキャナーがなくても大丈夫!スマホでスキャン出来るアプリ3選

スキャナーというとパソコンに接続して利用するものをイメージしがちです。ただ、デジカメ同様に今ではスマートフォ…

pointow / 36076 view

カメラバッグとしても大活躍!一眼レフも入るビジネスバッグ5選

ビジネスバッグはただビジネスだけで使用するのってもったいない感じがしますよね。できればプライベートでも使用し…

pointow / 9573 view

仕事のスピードアップ!人気のデュアルモニターアームの使い方

パソコン・タブレット・テレビなどディプレイのある機器はいつの間にか増えます。デスク上に置くと作業スペースが狭…

sunsun / 1852 view

意外と知らない!?電源ユニットの切り替えスイッチの役割とは?

自作ユーザーであれば、気になる電源ユニット。その中で、“切り替えスイッチ”というものがあります。数値が2種類…

little flower / 4564 view

どれくらい必要?スマホの容量はこうやって選ぶ!

スマホの容量は何を基準に選べばいいの?という方に、スマホ容量の選び方をご紹介します!

mayuripon / 20187 view

圧倒的な迫力をこのスピーカーで体験しよう!今のスピーカーに不満がある方は要注目!

迫力のある映画・ゲームを自宅で楽しみむなら、スピーカーを変えてみましょう。今回は、おすすめのスピーカーについ…

little flower / 1252 view

関連するキーワード