テレビとアンテナを繋ぐケーブルとして使われている「同軸ケーブル」。
普段何気なく接続しているかもしれませんが、実際、このケーブルはどういったものなのか知らない方も多いのではないでしょうか。

「同軸ケーブル」は、高周波信号を効率良く負荷側に伝送する目的で利用されています。
と言っても、いまいちピンとこないかもしれません。
簡単に言うと、UHF・VHFなどのアンテナからの信号をテレビに効率良く送るためのケーブルということです。
しかし、テレビにアンテナの信号を送るケーブルと言っても「同軸ケーブル」には、沢山の種類があります。

いざ選ぶとなると、どれを選べばいいんだろう?と迷う方も多いでしょう。
そこで今回は、同軸ケーブルの種類と選び方についてご紹介していきたいと思います。

同軸ケーブルの基本構造

同軸ケーブルの仕組み

同軸ケーブルの仕組み

まずは、「同軸ケーブル」の基本構造を簡単にご説明します。

同軸ケーブルの構造は、内部導体を中心として絶縁体、外部導体、シースを同心円状に配列した形状になっています。
これにより、外部からの信号を遮断して効率良くアンテナからの信号を送っています。

この絶縁体や外部導線、シースなどが損傷するとテレビの映りが悪くなるということです。

同軸ケーブルの記号と種類

信号によって性能が定まる

信号によって性能が定まる

同軸ケーブルは、信号の種類によって性能が異なり定められています。

「S-5C-FB」などという形で、性能を表す記号が記されています。
●S→BS/CS(2,600Hz)「S」対応
●5→網線直径が“mm”で表記されており、3・4・5・7・10が代表的
●C →インピーダンス「75Ω」 「D」50Ω
●F→発泡ポリエチレン 「2」ポリエチレン 「HF」高発泡ポリエチレン
●B→アルミ箔テープ付銅編組 「V」編組一重 「W」編組二重 「T」編組三重

以上のように同軸ケーブルには対応する性能が決まっていますので、誤ったものを選ぶと正常に信号が送られないことになります。
BS/CS対応ではないケーブルを選んでしまうと、BS/CSが映らないといったようなことです。

同軸ケーブルの選び方

特性インピーダンスがポイント

特性インピーダンスがポイント

同軸ケーブルの種類の選び方として、まず最初に“特性インピーダンス”を決める必要があります。
“特性インピーダンス”とは、信号を送る際にケーブル内で発生する電圧と電流の比です。

無線系の機器の特性インピーダンスは通常「50Ω」が一般的です。
しかし、テレビやCATVの機器は以前から「75Ω」が使用されています。

つまり、テレビなどで使う場合は「75Ω」のものを選びましょう。

同軸ケーブルの呼称と標準的な規格

同軸ケーブルの呼称と標準的な規格

信号は減衰する

減衰した信号を増幅するブースター

減衰した信号を増幅するブースター

よくあるのが、ケーブルを長くしたら映らなくなったということではないでしょうか。
実は、同軸ケーブルを通る信号は減衰しやすいんです。
特にBSなどの信号は減衰しやすいとされています。

「じゃあ、遠くにあるテレビはどうすればいいの?」と思うかもしれません。
ご安心ください、この減衰した信号を増幅するためのブースターというものが存在します。
弱くなった信号がブースターを通ることでまた増幅されて、ブースターとテレビの間のケーブルを通りますので、遠く離れた場所でもきちんと映像を受信することが出来るようになります。

しっかり選ばないとテレビが見れない

今回は、同軸ケーブルの種類・選び方についてご紹介しました。

同軸ケーブルの構造や種類はお分かりいただけたと思います。
このように、同軸ケーブルには信号の種類によって、使えるものと使えないものがあります。
地上波は見れたのに、BS/CSが映らない!!なんてことが起きないように、しっかりと対応したケーブルを選ぶことが大切です。
そして、それでも映らない場合はケーブルの長さを見直してみましょう。
長さを買えられない場合は、ブースターなどで補強してあげることで、綺麗な映像をテレビで見ることが出来るようになりますよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

SDメモリカードは16GBあれば十分!16GBでこれだけのことが出来る!

スマートフォンやデジタルカメラなど普及で、SDカードの需要は大きくなってきています。しかし、初めてSDカード…

cocotan / 205765 view

目指せペーパーレス!学校のプリント整理にも便利なスキャナー活用法

学校の現場でもパソコンの活用が当たり前になってきました。ただパソコンを使用するだけでなく、スキャナーを利用す…

pointow / 2378 view

誰でも簡単に使える家庭向け「民生用ビデオカメラ」!!どれを選べばいいんだろう?

一般的にビデオカメラというと「民生用カメラ」のことを指します。運動会などでよく見かける家庭用カメラのことで、…

papilio / 1675 view

アナログだけど高画質!テレビ・ビデオケーブルの赤・青・緑の「コンポーネント端子」って…

映像を伝送するオーディオケーブルは、現在デジタルのものが増えています。これはプレーヤーなどがデジタル化してい…

papilio / 12074 view

強度?デザイン?自分にあったモニターアームの選び方

ディスプレイを好みの位置に設置することができるモニターアーム。でもどうやって選んだらあ良いのでしょうか?今回…

sunsun / 5264 view

急な出張も大丈夫!大容量ビジネスバッグ5選

容量が大きいビジネスバッグは非常に需要の高いジャンルですが、意外とどんなものを使用すればよいかが悩みますし、…

pointow / 10845 view

お父さん、お母さん必見!!子供の撮影をするのにぴったりなビデオカメラの選び方!!

ビデオカメラの購入のタイミングとしてよくあるのが、「子供が生まれたから」というものがありますよね。我が子の成…

little flower / 2648 view

無いと困る?ビデオ撮影時に必須の予備バッテリーの選び方3つの視点!

4K撮影などどんどん高画質高性能になっていくビデオカメラ。そんなビデオカメラをお持ちの皆様は予備用バッテリー…

little flower / 2175 view

綺麗な映像には綺麗な音を!!外部マイクでビデオカメラを高音質にしましょう!

4Kの登場でどんどん綺麗に撮影できるようになったビデオカメラ。しかし、実は、ビデオカメラの内臓マイクは音質が…

little flower / 5297 view

iMacを買ったら揃えてパワーアップさせたいアクセサリーまとめ 2015年度版

iMac 27インチを買った際に実際に揃えた物や欲しいけど手に入らなかったアクセサリーをとめました。 iMa…

ガジェットメディア編集部 / 12457 view

関連するキーワード