テレビとアンテナを繋ぐケーブルとして使われている「同軸ケーブル」。
普段何気なく接続しているかもしれませんが、実際、このケーブルはどういったものなのか知らない方も多いのではないでしょうか。

「同軸ケーブル」は、高周波信号を効率良く負荷側に伝送する目的で利用されています。
と言っても、いまいちピンとこないかもしれません。
簡単に言うと、UHF・VHFなどのアンテナからの信号をテレビに効率良く送るためのケーブルということです。
しかし、テレビにアンテナの信号を送るケーブルと言っても「同軸ケーブル」には、沢山の種類があります。

いざ選ぶとなると、どれを選べばいいんだろう?と迷う方も多いでしょう。
そこで今回は、同軸ケーブルの種類と選び方についてご紹介していきたいと思います。

同軸ケーブルの基本構造

同軸ケーブルの仕組み

同軸ケーブルの仕組み

まずは、「同軸ケーブル」の基本構造を簡単にご説明します。

同軸ケーブルの構造は、内部導体を中心として絶縁体、外部導体、シースを同心円状に配列した形状になっています。
これにより、外部からの信号を遮断して効率良くアンテナからの信号を送っています。

この絶縁体や外部導線、シースなどが損傷するとテレビの映りが悪くなるということです。

同軸ケーブルの記号と種類

信号によって性能が定まる

信号によって性能が定まる

同軸ケーブルは、信号の種類によって性能が異なり定められています。

「S-5C-FB」などという形で、性能を表す記号が記されています。
●S→BS/CS(2,600Hz)「S」対応
●5→網線直径が“mm”で表記されており、3・4・5・7・10が代表的
●C →インピーダンス「75Ω」 「D」50Ω
●F→発泡ポリエチレン 「2」ポリエチレン 「HF」高発泡ポリエチレン
●B→アルミ箔テープ付銅編組 「V」編組一重 「W」編組二重 「T」編組三重

以上のように同軸ケーブルには対応する性能が決まっていますので、誤ったものを選ぶと正常に信号が送られないことになります。
BS/CS対応ではないケーブルを選んでしまうと、BS/CSが映らないといったようなことです。

同軸ケーブルの選び方

特性インピーダンスがポイント

特性インピーダンスがポイント

同軸ケーブルの種類の選び方として、まず最初に“特性インピーダンス”を決める必要があります。
“特性インピーダンス”とは、信号を送る際にケーブル内で発生する電圧と電流の比です。

無線系の機器の特性インピーダンスは通常「50Ω」が一般的です。
しかし、テレビやCATVの機器は以前から「75Ω」が使用されています。

つまり、テレビなどで使う場合は「75Ω」のものを選びましょう。

同軸ケーブルの呼称と標準的な規格

同軸ケーブルの呼称と標準的な規格

信号は減衰する

減衰した信号を増幅するブースター

減衰した信号を増幅するブースター

よくあるのが、ケーブルを長くしたら映らなくなったということではないでしょうか。
実は、同軸ケーブルを通る信号は減衰しやすいんです。
特にBSなどの信号は減衰しやすいとされています。

「じゃあ、遠くにあるテレビはどうすればいいの?」と思うかもしれません。
ご安心ください、この減衰した信号を増幅するためのブースターというものが存在します。
弱くなった信号がブースターを通ることでまた増幅されて、ブースターとテレビの間のケーブルを通りますので、遠く離れた場所でもきちんと映像を受信することが出来るようになります。

しっかり選ばないとテレビが見れない

今回は、同軸ケーブルの種類・選び方についてご紹介しました。

同軸ケーブルの構造や種類はお分かりいただけたと思います。
このように、同軸ケーブルには信号の種類によって、使えるものと使えないものがあります。
地上波は見れたのに、BS/CSが映らない!!なんてことが起きないように、しっかりと対応したケーブルを選ぶことが大切です。
そして、それでも映らない場合はケーブルの長さを見直してみましょう。
長さを買えられない場合は、ブースターなどで補強してあげることで、綺麗な映像をテレビで見ることが出来るようになりますよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

年賀状の準備・作成に便利なおすすめサイト!手作りの年賀状をお世話になったあの方に送ろ…

手作りの年賀状をお世話になったあの方に送りませんか?年賀状作成にお役立ちのサイトを紹介していきます。

むみょう / 2877 view

意外に少ない?A3対応のスキャナーまとめ

紙媒体の情報保存などあると何かと便利なスキャナーですが、出回っているのはA4対応サイズばかり。今回はA3サイ…

sunsun / 7324 view

水濡れも安心!お風呂でも使えるスマートフォン向けスピーカー特集

半水浴、長風呂のお供として使えるスマートフォン向け優れデザイン&防水スピーカーでリラックスタイムを更に快適に…

gadgetman / 3260 view

お子様の運動会に大活躍!ビデオカメラの液晶モニターにフードをつけて大事な場面を逃さな…

ビデオカメラの活躍の場といえば、真っ先に思い浮かぶのがお子様の運動会の撮影ではないでしょうか。しかし、運動会…

little flower / 2197 view

できる?できない?格安SIM・格安スマホでテザリングする方法

たとえば外出先でノートPC・タブレットを使ってちょっとした仕事をしたり、暇つぶしのネット・ゲームを楽しんだり…

papilio / 903 view

ASUSには自作PC用の便利な計算サイトが存在していた!

PCやIT業界に興味がある人なら一度は自作PCを作ってみたいと思うものですよね。パーツには詳しい、組み立ても…

mashroomcat / 2645 view

スマートフォンで高音質を楽しむ!オススメスピーカーをご紹介

スマートフォンに入っている音楽をスピーカーで、更に高音質で楽しみたい方に、オススメのスピーカーをご紹介します…

mayuripon / 1003 view

英文資料もその場でスキャンして翻訳!持ち歩けるペン型ハンディスキャナがビジネスマンに…

外国語の資料が読めないという時代はもう終わり!英語がまったく読めなくてもこのアイテムを使えば読めてしまう。そ…

ヨシ / 1218 view

ワットメーターつき電源タップで電気をチェックして節約上手に!

「節電しなきゃ」と頭ではわかっていても、いざ実行するとなると意外に大変なものです。でも、現在の消費電力がひと…

papilio / 565 view

そのパソコン待って!友達に譲る前にやるべきこと

PCを友達に譲る時は、しっかりとやるべきことをやってから渡すようにしましょう。今回は、友人にPCを譲る際の注…

mayuripon / 627 view

関連するキーワード