DVDやブルーレイで映画やドラマを見る、プロジェクターでプレゼンをする、大画面でゲームを楽しむ……などなど、今やビデオケーブルの活躍場面は様々です。
しかし、いざ、それらを接続するためにケーブルの配線を行おうと思っても、種類が多すぎてわからない!!なんて方もいることでしょう。

コンポジット端子やS端子、コンポーネント端子など、ビデオケーブルには種類が様々。
ブルーレイプレイヤーなどからプロジェクターに映像を映し出したい…というときなど、どの種類のビデオケーブルを使用すればいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、わかりやすくビデオケーブルの種類についてご紹介したいと思います。

コンポジット端子

コンポジットビデオ信号出力端子

コンポジットビデオ信号出力端子

画像を見るとわかるかと思いますが、おそらくこの端子は皆さんが一度は見たことのある端子かと思います。

コンポジット端子と表記しましたが、通常は“ピン端子”、“RCA端子”と呼ばれることが多く、端子のカラーは黄色です。基本的に、音声入力端子も一緒になっていて、赤・白・黄色の三色の端子がついたケーブルです。

色分けされている点と映像のための接続が1本なので、簡単で初心者にも扱いやすい点がメリット。
デメリットとしては、各種信号が同じ線に複合しているため、良質な映像を映し出すことは難しい点です。
ドット妨害やクロスカラーといった問題現象が発生してしまいます。

つまりは、プロジェクターで映像を映すために使用する際、コンポジット端子はあまりおすすめ出来るとはいえません。

S端子

S端子ビデオ信号出力端子

S端子ビデオ信号出力端子

続いては“S端子”です。
古いテレビの高級機などに搭載されていることが多いです。
“輝度信号(Y)”と“色信号(C)”が別々に伝送されることから“S端子”と呼ばれています。
画像のように、端子のカラーは通常黒色。

“輝度信号(Y)”と“色信号(C)”が別々に伝送されるため、コンポジット端子と比べると質の良い映像を映し出すことができます。
また、端子の上下があるので差し込みの際は注意が必要です。

最近のテレビなどではS端子がついてないものが多いので、活躍の機会は少ないかもしれません。

コンポーネント端子

コンポーネントビデオ出力端子

コンポーネントビデオ出力端子

続いてはコンポーネント端子。
一見すると音声入力と一緒になったコンポジット端子かのように見えますが、これは映像のみを伝送するためのものなので、ご注意ください。

コンポーネント端子は、元々アナログハイビジョンの信号を伝送するために実用化された信号を3つに分けて伝送する方式の端子です。

端子のカラーは、緑・青・赤。
分離する信号の種類から“色差入力端子”と呼ばれることも多いです。

ハイビジョン接続用ケーブルの中では比較的安価で、ハイビジョン信号まで伝送できたり、長居ケーブルでも画質劣化がおこりにくかったりするのがメリット。
ただし、ケーブルが3本なので接続が面倒だったり、配管の中でその太さにより問題が発生することがあったりするのがデメリットです。

先ほどのコンポジット端子やS端子より綺麗に映ります。

HDMI端子

HDMI出力端子

HDMI出力端子

最後にご紹介するのはHDMI端子。

今まで紹介した端子はすべてアナログケーブルと呼ばれる種類ですが、こちらはデジタルケーブルです。
デジタルケーブルの特徴は、ケーブルの長さによる劣化が少ないこと、映像にノイズが乗りづらいことがあげられます。

このHDMI端子は、今や多くのテレビやディスプレイ、プロジェクターで採用されており、今後の定番となる端子と言えるでしょう。
映像だけでなく音声も伝送してくれるので、これ一本で済むのも嬉しい点です。
デメリットとしては、少々価格が高くなってくる点、分配が難しい点があげられます。

しかし、今後の定番として定着していき、新しい機器であればほぼ全てで対応していますので、これからのことを考えるとベストな選択といえるかと思います。
また、劣化が少ないのでプロジェクターなど再生機器と映写機が離れている場合でも安心して使用できます。

機器にあった端子を使おう

今回は、ビデオケーブルの種類の中からコンポジット端子、S端子、コンポーネント端子、HDMI端子をご紹介しました。
それぞれ特徴はありますが、大きく分けて“デジタル”と“アナログ”の2つに大別されます。
今や、デジタルでの通信が基本となっていますので、デジタル対応端子であるHDMI端子が、今後活躍の場を大きく広げていくことになるでしょう。
しかし、一昔前のものなどまだまだHDMIに対応していない機器などもありますので、そういった場合はアナログ端子を活用することで安心して、映像を楽しめることでしょう。

自分の持つ機器に合ったビデオケーブルを見つけ、素敵なライフを送ってくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ビジネスシーンで大活躍!プロジェクタースクリーンの“持ち運び・モバイルタイプ”おすす…

プロジェクタースクリーンを使ったプレゼンテーションは、大画面で視覚に訴え効果は抜群ですよね。今やビジネスシー…

little flower / 975 view

Panasonicモバイルバッテリーの特徴とオススメを厳選紹介

すっかり手放せなくなっているモバイルバッテリー。数々のメーカーの商品がありますが、安定性で言えばやっぱりパナ…

pointow / 629 view

初心者からの脱却!!ビデオカメラ初心者と熟練者ではビューファインダーの覗き方にこんな…

初心者からの脱却!あなたはビデオカメラのビューファインダーを覗く目は、右目ですか?左目ですか?実は、左右によ…

little flower / 792 view

押し入れから撮影フィルムがでてきた!その場で中身が確認できるフィルムスキャナ

大量に眠っている撮影フィルム。捨てきれずに悩んでいるなら、データ化してスッキリ保存しませんか?フィルムスキャ…

sunsun / 570 view

業務用ビデオカメラ=高画質高性能じゃない?業務用ビデオカメラのメリットとデメリットと…

業務用ビデオカメラというと、一般的に、高機能であると思われています。その名の通り、仕事用として使われることの…

little flower / 1102 view

できる?できない?格安SIM・格安スマホでテザリングする方法

たとえば外出先でノートPC・タブレットを使ってちょっとした仕事をしたり、暇つぶしのネット・ゲームを楽しんだり…

papilio / 821 view

プラグイン方式の電源ユニットってどんなの?通常の方式とどう違うの?

プラグイン方式電源ユニットを賢く使えば、ケース内のゴチャつきが解消できて本体内部に熱がこもりにくくなります。…

papilio / 594 view

モニターアームがあったらいいなと思う瞬間

PC・テレビのディスプレイに関して、不満を抱えていませんか?「ディスプレイのせいでデスクが狭くて…」「高さや…

papilio / 328 view

無いと困る?ビデオ撮影時に必須の予備バッテリーの選び方3つの視点!

4K撮影などどんどん高画質高性能になっていくビデオカメラ。そんなビデオカメラをお持ちの皆様は予備用バッテリー…

little flower / 460 view

仕事のスピードアップ!人気のデュアルモニターアームの使い方

パソコン・タブレット・テレビなどディプレイのある機器はいつの間にか増えます。デスク上に置くと作業スペースが狭…

sunsun / 380 view