テレビやレコーダー、プレーヤーを購入して「さあ、映し出そう!!」と思ったときに厄介なのがAVケーブル。
AVケーブルには、様々な種類があり、迷ってしまいます。
そんなときに家電量販店などで質問するとよく出てくるの“D端子ビデオケーブル”です。

D端子ビデオケーブルとは、簡単に言うとデジタル家電の映像をテレビに映すための“接続規格”です。
D端子ビデオケーブルにはD1~D4の種類があり解像度が異なります。

D端子って実は結構便利なんです。
そんな奥深いD端子ビデオケーブルには、どのような特徴があるのでしょうか?

特徴①メディアプレーやの映像をテレビに

メディアプレイヤーの映像をデジタルテレビに映す

メディアプレイヤーの映像をデジタルテレビに映す

D端子搭載のものに限りますが、ビデオプレイヤーなどのメディアプレイヤーをテレビに接続し、フルハイビジョンの高精細で美しい映像を映し出してくれます。

簡単に言うと、従来あった3本のコンポーネント映像ケーブル(Y/Cb/CrまたはY/Pb/Pr)の接続を、1本のケーブルだけで行なえるよう考案されたものです。
コンポーネントケーブルというのは、映像のみを伝送する赤青緑のケーブルで、映像だけで3本も使っていたのでもちろん画質が良かったのです。
D端子によってそれを1本にまとめられるようになり、より接続が簡単になりました。

アナログながらHD画質の信号にも対応した端子なので、映像に敏感な人や、綺麗な映像を好む人にはうってつけのケーブルと言えるでしょう。

特徴②パソコンの映像をテレビに

パソコンの映像を液晶に映す

パソコンの映像を液晶に映す

D端子が搭載されているグラフィックボード、またはパソコン用テレビ出力をパソコンに取り付けることでテレビにパソコンの映像を映し出すことができます。

パソコンの動画を大きな画面で見たいという方にはうれしい機能です。
実は、パソコンのディスプレイよりテレビのほうが動画や写真に強いのです。

ただし、プラズマテレビや液晶テレビ、ブラウン管テレビなどは“焼きつき防止”がされているため、パソコンの画面表示は避けましょう。

手軽に大画面に出来て、場合によってはデュアルディスプレイなんてことも簡単にできるので、D端子があればPCで環境も大幅に広がることでしょう。

特徴③アナログ方式でもキレイに

アナログなのに綺麗

アナログなのに綺麗

D端子ビデオケーブルは、アナログ方式ながら綺麗に映像を映し出すことができます。

D端子ビデオケーブルの“D”を「デジタル方式」と誤解している方を多く見ますが、D端子ビデオケーブルの名前の由来はポート部分の形がアルファベットの“D”に似ているからという、シンプルな由来です。

アナログ方式なので、デジアナ変換を必要とせず、D端子搭載機種であれば、古い端末とも接続が可能となります。
D端子が無い端末との接続も、コンポジットやコンポーネントに変換するコネクターもありますので、気軽に使用できます。

D端子ビデオケーブルでより良い映像ライフを!

もっと美しい映像でテレビや映画が見たい!という方や、パソコンの動画を大きな画面で見て迫力を感じたい!という方にはうれしい優秀な“D端子ビデオケーブル”。

冒頭でもご紹介しましたが、D端子ビデオケーブルにはD1~D4の種類があるので、自分の用途に合ったD端子ビデオケーブルを選ぶようにしましょう。
数値が上がれば、その分解像度も上がります。

また、アナログ式なので古い端末との接続にはD端子ケーブルは欠かせません!
D端子ケーブルを使って、あなたの映像ライフをより良いものにしていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう