パソコンを使っているうちに、本体や電源がびっくりするくらい熱くなっていた経験はありませんか?
パソコンにはデリケートな部品がたくさん使用されているので、しっかり熱を逃がしてあげないと作業能率の低下や故障につながることも!

パソコン周囲の環境を確認

暑い時期は特に注意

暑い時期は特に注意

パソコンには熱に弱くデリケートな部品が使用されていますが、使用中はどうしても熱が発生してしまいます。
特に、このような環境で使用すると熱がこもりやすくなります!

◆温度・湿度が高い、もしくは直射日光が当たる場所
◆ホコリが多い場所
◆本体の上や通気口周囲に物がたくさんある

通気口・ファン周辺にホコリがたまっていれば掃除する

せっかくの放熱システムも、ホコリで台無し!

せっかくの放熱システムも、ホコリで台無し!

内部で発生した熱は通気口・ファンから放出されますが、ここにホコリがたまるとうまく放出されなくなってしまいます。
ホコリを放置すると、作業効率低下や故障などの原因になることも。

外から通気口を除いて軽くホコリがたまっているようなら、掃除機などで吸引します。

掃除機などで取りきれないほどホコリがたまっているなら、カバーを外して専用ブラシ・エアダスターなどでやさしく掃除しましょう。

暑い時期なら…冷却グッズもいいけど、室温を下げるほうが確実

自己流で冷却グッズを使うと、故障の原因になることも

自己流で冷却グッズを使うと、故障の原因になることも

メーカーや型番によって、パソコン本体の形・大きさや通気口の位置はバラバラです。
最近ではパソコンそのものを冷却するグッズもたくさん出ていますが、高価な冷却グッズでもパソコンに合わない・もしくは不適切な使い方をしていると故障の原因になることもあります。

パソコンを確実かつ安全に冷却するなら、エアコンなどで室温を調整するのが一番です。

まとめ

いかがでしたか?

パソコンを快適に使って作業効率をアップさせたいなら、パソコンの使用環境にも目を向けてみましょう。
いざトラブルが起こってからアタフタするより、普段からちょっとしたことに気配りをしてトラブルを未然に防ぐほうが簡単ですよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のある記事ランキング