パソコンによくあるトラブルのひとつとして、「起動後・作業中にいきなり電源が落ちてしまう」があります。タイミングが悪ければ、大事なデータが消えてしまったりすることも…!

初心者でもいざというときに落ち着いて対処できるよう、よくある原因と対処法を知っておきましょう。

タコ足配線なら…

電力が足りなくなっちゃう!

電力が足りなくなっちゃう!

電源ユニットがとても熱い(焦げたようなニオイがする)場合、タコ足配線が考えられます。

1つのテーブルタップにいくつもプラグがつながったタコ足配線だと電力が不足し、電源ユニットに大きな負担がかかってしまうのです。

まずは、プラグを壁のコンセントにつなぎなおしてみましょう。

ファンや通気口にホコリがたまっているなら…

内部に熱がこもっちゃう!

内部に熱がこもっちゃう!

起動時の動作音が大きい場合、パソコン内部を冷却するファンや通気口などにホコリがたまっている可能性大です。

電源をシャットダウンした後に本体カバーを開け、ホコリ・ゴミがたまっていれば掃除しましょう。
回路を傷つけないよう、専用ブラシやエアダスターを使って優しく掃除するのがコツです。

ノートパソコンの場合はやや扱いが難しくなるので、自信がない方は専門業者にクリーニングしてもらいましょう。

メモリーに異常はありませんか?

メモリーの不良や故障で電源が落ちることもある

メモリーの不良や故障で電源が落ちることもある

メモリー診断ツールを使って、メモリーに異常がないかチェックしてみましょう。

Windowsなら、「プログラムとファイルの検索」欄に「メモリ診断」と入力すればツールが見つかります。
指示にしたがって再起動するとメモリーがチェックされ、もしに異常があればその旨が表示されます。

ハードディスクに異常がある場合…

ハードディスクも経年劣化する

ハードディスクも経年劣化する

経年劣化などでハードディスク(HDD)の一部に異常が起こると、処理速度が落ちていきなり電源が落ちるなどのトラブルが起こることがあります。

ハードディスク用チェックソフトを使って、状態を確認してみましょう。
とりあえず試してみるなら、フリーソフトもおすすめですよ。

まとめ

いかがでしたか?

ここでご紹介した原因・対処法はほんの一部にすぎず、ほかにもパソコンそのものが古くなっている・ウイルスに感染したなどさまざまな可能性が考えられます。
どうしても解決しない場合は、専門業者に相談してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

アクセスランキング

人気のある記事ランキング