パソコン初心者必見!
GPUってご存知ですか?

パソコンの基本とも言えるGPUには、果たしてどのような役割があるのでしょうか?

今回は、画像処理装置のひとつ“GPU”とは一体何なのかについてまとめてみました。

GPUって何?

GPUとは

GPUとは

GPUとは、“グラフィックチップ”を差します。

これは、グラフィックカードの頭脳とも言われる“ICチップ”のことで、映像を再生するときや暗号化などをするための高度な演算処理を行います。

GPUには、3Dのグラフィックのように、縦・横・奥行などの情報を計算して映像化したり、高画質の映像をより美しく滑らかに動かしたりする役割を果たしています。

キレイな映像が滑らかに動く動作は、GPUの性能によって左右されるということなのです。

GPUが高性能なら計算も早く、画像や映像を“早く”、“美しく”動かすことができますが、性能が低ければ画像処理ができず、カクカクとした動きになったり止まってしまったりします。

なぜ“GPU”と呼ばれている?

GPUの別名

GPUの別名

このように、GPUは非常に重要な働きをしています。

なぜ“GPU”と呼ばれているかというと…
「Graphics Processing Unit(画像処理回路)」
この頭文字をとり、GPUと呼ばれているのです。

グラフィックチップや、ビデオチップという言葉も良く耳にしますが、これらはすべてGPUと同じ意味です。

GPUの搭載場所

GPUはどこに搭載されるの?

GPUはどこに搭載されるの?

画像処理の役割を果たすGPUは、グラフィックボードの中に搭載される場合と、マザーボード上に直接実装される場合があります。

グラフィックボードの中に搭載されたパソコンの場合、拡張ボードが必要となってきます。

マザーボード上に直接実装されたパソコンの場合は、グラフィックボードは必要ありません。

人によっては後から必要だと感じることもあるので、そのようなときはグラフィックボードを追加しましょう。

近年は、マザーボードの画像表示機能を切れるものも多いので、追加可能な場合が多いのですが、中には切れないものもあります。こうしたものだとグラフィックボードは追加できないので注意しましょう。

そのため、最初から必要だとわかっているのであれば、パソコンを購入する際に 既にグラフィックボードが搭載されているもの を選ぶと安心だと思いますよ。

まとめ

GPUには、重要な画像処理の役割があることがわかりました。

美しい3Dグラフィックス描画や高速演算を求める方にはもちろん必要となりますが、特に高性能な処理を必要としない人にとってもGPUを搭載するメリットは大きいです。

今後、GPUはますますパソコンライフに欠かせないアイテムになりつつあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するキーワード