スティックPCとはなんぞや?

スティックPC 接続例

最近、ガジェット好きの間でじわじわと話題になってきているスティックPCですが、実際のところどんなものなのかわからないという方も多いかと思います。

スティックPCとは、USBフラッシュメモリ並の小ささでテレビや液晶ディスプレーに挿すだけでPCとして使えるPCのことです。

USBフラッシュメモリといえば、ポケットサイズのデータ保存機器でその小ささと接続が簡単であることが売りの製品ですが、スティックPCはまさにUSBフラッシュメモリと同じようにポケットサイズでUSBに挿し込むのと同じような感覚でHDMIに接続するだけでサクッとテレビやディスプレイがパソコンに早変わりする最新のPCです。

そんな小さくてまともに使えるのか?

スティックPCサイズ

スティックPCサイズ

PCといえば、小さくてもモバイルノートレベルで、それなりの大きさが必要なものであるというのが一般的な認識かと思います。デスクトップともなると結構な場所を取ってしまうというイメージが強いでしょう。
しかし、スティックPCは名前の通り、スティックサイズでスマホより小さいのです。ポケットにしまえるくらい小さいので、「本当にPCとして使えるのか?」という疑問が湧いてくることでしょう。

しかし、よく考えてください。スマホなんてPCと大差がないほどの高性能さを持っていてあのサイズです。そこから、ディスプレイやカメラ、マイクなどを取り外していけば、大きめのUSBフラッシュメモリくらいに収まると思いませんか?

高性能なスマホで考えてもこうなのですから、これだけ小さくてもPCとしてちゃんと性能を発揮してくれるということです。

さすがにデスクトップPC並の性能とまでは行きませんが、ウェブブラウジングやちょっとしたファイル作成・編集をする分には十分な性能を持っています。

一例として、「マウスコンピューターのスティック型PC m-Stick MS-NH1」は以下の様な性能です。

マウスコンピューターのスティック型PC m-Stick MS-NH1

CPUにIntel Atom Z3735Fプロセッサ 1.33GHz~1.83GHzクアッドコア、RAM 2GB、内部ストレージ32GB(MicroSDスロットは最大SDXC対応)、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 4.0+LE。OSはWindows 8.1 with Bing 32bit版。

MicroSD対応でファイル保存はいくらでもできますし、Bluetoothでマウスやキーボードを接続できます。

やっぱりお高いんでしょう?

先ほど、スマホを例にしてサイズと性能についてお話をしました。
そうなると、昨今のスマホのように価格の方もかなり高額になってるのでは?と思っている方もいることでしょう。
しかし、実はこのスティックPC、意外とお買い得な価格をしています!

例えば、Intelから発売されている「Compute Stick STCK1A32WFCR」はだいたい18,000円ほど、先ほどのマウスコンピューターのm-Stick MS-NH1は19,800円ほど、レノボのideacentre Stick 300は20,000円ほど……。
といったように、なんと20,000円程度あれば、十分購入が可能なのです!!
すでにあるテレビのHDMIに接続すればいいので、ディスプレイを買う必要はありません。操作のためにマウスとキーボードを買う必要はありますが、それを合わせても30,000円で十分賄えることでしょう。

どんどん高騰するスマホに比べて、手に入りやすいお買い得なスティックPC、ちょっと欲しくなってきませんか!?

対応してるOSは何になるの?

OSロゴ

PCを使用していく上で気になってくるのが対応OSです。
これはスティックPCでも同じですね。

スティックPCのOSは基本的にはやはりWindowsが主流です。
Windows8や8.1、最新の10などを搭載しているものが多いです。
Microsoftでは、Windows8以降タブレット端末での利用も視野に入れて開発されているので、スティックPCでも十分に機能します。
Windowsであれば、特に操作性も気にすることなく使うことが出来るでしょう。Officeソフトなども簡単に扱えますので、ファイルの作成や編集も普段のPCと同じく行えます。

また、スマートフォン・タブレットのOSであるAndroidを搭載した機種も少なからず存在しています。スマホやタブレットと同じアカウントを使うことで、データのやり取りなどもスムーズに行えることでしょう。

さらに、Googleでは独自にスティックPCとOSを開発しています。そのスティックPCに搭載されるOSがChrome OSです。Chromeといえば、言わずと知れたWebブラウザとして有名です。
なので、このChrome OSはWeb閲覧やWebサービスの利用に対して最適化されたものとなっており、簡単なウェブブラウジングをすることが多いであろうスティックPCにおいて、かなり有力なものとなることでしょう。

まとめ

如何でしたか?
最近話題のスティックPC、いつでもどこでも持っていけて、場所も取らないパソコンです。物によっては、無線LANが内蔵されていたり、USBの差込口もあったりと、結構いろんな用途で使うことが出来るのではないでしょうか?
この記事を読んでスティックPCについて少しでも理解を深められたらと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

キッチンからお風呂場まで!!家中どこでも音楽を聴くならソニーの“SRS-X1”がおす…

スマートフォンから携帯音楽プレーヤーなどなど、今やいつでもどこでも気軽に音楽が聞けるようになりました。そこで…

little flower / 4252 view

「ラグジュアリー・モバイル」Spectre 13はSSDも含めすべてがハイスペック

「ラグジュアリー・モバイル」Spectre 13はSSDも含めすべてがハイスペック

ガジェットメディア編集部 / 1215 view

AVケーブルの端子が大きくてステレオミニジャックに入らない!?差込口のサイズを合わせ…

今回は私達が日常的に触れているスマホやパソコンにある差込口「ステレオミニジャック」について紹介します。大きさ…

gagagaet / 3198 view

秋の夜長はこのガジェットで決まり!最新ガジェットおすすめ3選

夏も終わり夜の時間が長い秋がやってきました。読書の秋・運動の秋・食欲の秋・ガジェットの秋・・・・ そんなおす…

ガジェット王子 ジンパチ / 2243 view

掛ける場所があると便利なプロジェクタースクリーンは壁掛け式

今回は壁掛け式のプロジェクタースクリーンについて紹介します。自宅に壁掛け式のプロジェクタースクリーンを設置し…

gagagaet / 2674 view

最強のBluetoothスピーカー!!お風呂やアウトドアで音楽を聴くなら“OMAKE…

スマートフォンやポータブルプレーヤーなどの普及で、今やいつでもどこでも音楽を聴くのが当たり前の時代になりまし…

little flower / 1815 view

使い方で選びましょう!シームレスな音楽環境にはオススメのBluetoothスピーカー…

近年話題を呼んでいる“Bluetoothスピーカー”。外での利用に特化したもの、自宅の中のどこでも浸かるよう…

little flower / 1682 view

HDDはもう古い?これからはSSDの時代!乗り遅れないためのSSDのメリット・デメリ…

皆さんSSDって知ってますか?以前はHDDが主流でしたが、今少しずつSSDに注目が集まっているんです!今回は…

mayuripon / 7140 view

生活に音楽を。SEIKO×ONKYOのマルチサウンドクロックが熱い!

大画面&ハイコントラスト液晶を使った見やすいデジタルクロックに、スマートフォンなどのBLUETOOTH®対応…

Tokio_03 / 3595 view

関連するキーワード