3Dプリンタって結局どんなものなのさ?

3Dプリンタ エッフェル塔

3Dプリンタと一口に言っても様々な種類があり、実際3Dプリンタってどんなものなの?と思う方もいるかもしれません。
通常のプリンタというものは、コンピュータなどで作成した平面上のデータを紙など平面に映し出すといったものです。
しかし、3Dプリンタは平面ではなく3D、立体のデータを元に立体物を作成するというものです。

作成方法にはいくつか種類があります。

最近多い作成方法は、特殊な素材(樹脂)を一定の高さごとに3Dデータに合わせて排出して固めることで形作っていくものです。

別の作成方法としては、液体となっている特殊な樹脂のプールに光を当てることで樹脂を固めて、成形していく方法です。こちらは古くから存在している方法です。

他にも、粉末状の素材を一定の層ごとに敷き詰めてレーザーで固めて形を作っていくものもあります。

家庭用として多いのが最初に説明した作成方法です。
専用の樹脂などを溶かして、少しずつ形ができていくのを眺めるのはなかなかおもしろいものです。

お家で簡単にオリジナルのスマートフォンケースが作れちゃう!

3Dプリンタ スマホケース

家庭用3Dプリンタの活躍の場として多くあげられるのが、スマートフォンケースの作成です!

今やさまざまなスマートフォンケースが販売されていますが、なかなか自分好みのものに出会うのは難しいです。
また、iPhone以外のスマートフォンだとケースの種類が極端に少ないことが多く、シンプルな透明ケースなどしかないなんてことも少なくありません。
そんなときに活躍するのが3Dプリンタなのです。

自分で好きなようにデザインすることが出来る上に、大量生産では難しい成型も可能であったりと、世界に一つだけのオリジナルのスマートフォンケースを簡単に作成できます。

今では、簡単な3D作成ソフトもたくさん登場してきているので、複雑な操作が不安な方でも簡単に作成することが出来ます!

スマートフォンケースだけでなく、お家で使えるちょっとした小物など家庭用3Dプリンタがあれば、すぐに作ることが出来るでしょう。

医療現場でも大活躍!ギプスから義手まで3Dプリンタで作れる!

3Dプリンタ ギプス

3Dプリンタの活躍の場は家庭だけではありません!
医療現場においても、3Dプリンタは大活躍しています。

骨折などで患部を固定するのに活用するギプス。
その成型において3Dプリンタの活用が注目されています。

ギプスというと、石膏を固めたり熱などで固まる包帯を使ったりするイメージで、それを使うと汗で蒸れたりと着脱後に臭くなるという心配がありました。

しかし、上記の3Dプリンタで作られたギプスは網目状で通気性が高く、汗で蒸れることなく、さらには強度に関してもしっかりとしたものです。
また、患部を3Dスキャンしてしまえば、後は簡単に作成できますので、石膏が固まるの待ったり、きつく包帯を巻かなくていけないなどという心配もありません。

3Dプリンタ 義手

上記の画像は3Dプリンタで作成した義手です。
義手というと高額なイメージがありますが、この3Dプリンタ義手は案方で簡単に作ることが出来るのです。
筋肉の動きを感知するための筋電センサーの計算をスマホで処理し、義手本体は3Dプリンタで成型することで全体のコストを抑えています。
しかも、この義手、日本発なのです!

このように医療現場においても、3Dプリンタは大活躍しています。
将来、臓器なども3Dプリンタで作成できる時代が来るかもしれません!!

続々登場!!3Dプリンタ向け簡単3D作成ソフト・共有サイト!!

3D作成ソフト

3Dプリンタの敷居の高さの一つとして、3D作成ソフトが挙げられると思います。
一般的に3Dプリンタというと、高額で操作も複雑で使用するパソコンのスペックも高性能でなければならないといったイメージが強いかと思います。

実際、本格的に3Dを作成するととても高額になります。
しかし、家庭用3Dプリンタの普及を受けて、安価で簡単に3Dを作成することが出来るソフトが続々登場しています。
GoogleSketchUpやBlenderといった無料で提供されているものや3Dプリンタに付属されているソフトだったりとさまざまです。

それでも、3D作成するのが不安という方にオススメなのが、3Dデータ共有サイトです。

3Dプリンタの普及に併せて、自分の作った3Dデータを気軽に公開できるサイトが増えてきています。
これにより、3Dデータが作成できない人でも、誰かの作ったデータをダウンロードしてプリントアウトすることが出来ます。

まるでSF!?脳波から3Dデータを作りプリントアウト!

脳波 3D作成

脳波を計測してさまざまなデバイスを操作する技術や研究は日夜進化を遂げています。

その中で、脳波を計測して3Dデータを作り出すというものが登場しました!
脳は計測して3Dデータとして出力して、それを3Dプリンタでプリントアウト技術。
まるでSFのような驚きの技術ですが、すでに存在する技術なのです。

チリのベンチャーThinker Thingが、子供の脳波から感情などパターンを見つけ出し、基礎となるDNAを作り、そこからモンスターを作り出して、展示するというプロジェクトを進めています。

展示された3Dモンスター

その場ですぐに3Dプリンタを使い、オリジナルな製品を作り出せるなんて、子供の頃に夢見たSFのようなものですが、今やそれが家庭でも実現できる既存の技術なのです。
SF世界というのは意外と身近なものになってきているということでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

自宅のテレビで録画した番組を通勤中に見れるslingbox M1

自宅で撮りためた番組を、外出先で見たい!そんな欲求を満たしてくれるアイテムとして、slingbox M1があ…

pointow / 1654 view

新商品続々!忘れ物追跡ガジェットMAMORIO・TrackRほか

忘れ物や落とし物をしてしまった時、便利なアイテムがあります。アラームで場所を教えてくれたり、アプリを使って場…

takataka / 2563 view

スマホ1つで家電をコントロール!eRemoteが便利!

スマート家電を導入している家庭も多くなってきましたが、安く簡単に導入できる方法があります。

kunoichi / 4112 view

ライバルと差をつける!プレゼンの成功を呼び込むモバイルプロジェクター3選

モバイル系のアイテムの充実ぶりには目を見張るところがあるのですが、最近ではなんとプロジェクターもモバイル化し…

pointow / 1303 view

最新のスーツケースがヤバすぎる!!ガジェット的おすすめスーツケース3選

出張や旅行に欠かせないスーツケースですが、近年の最新モデルは物を入れるという域を超え、凄まじい進化を遂げてい…

torico / 1934 view

Nature Remoをクラウドファンディングで購入!現在Nature Remoで出…

赤外線リモコンの革命 IRKitの第2段 エアコン特化型のNature Remoを購入!現在出来る事のまとめ…

ガジェットメディア編集部 / 4552 view

賛否両論のiPadPro用ペンApplePencilの充電方法が驚き!

Apple Pecncilの充電方法が驚き!キャップを外すとLightningコネクタが。iPad Proと…

ガジェットメディア編集部 / 3382 view

ENEROID(エネロイド)って何?最大20本もの単3または単4充電池を自動で充電す…

「Kenko 急速自動充電器 ENEROID(エネロイド) EN20B」は、充電時のあらゆる問題を解決する単…

Tokio_03 / 4428 view

完全ワイヤレスのBluetoothイヤホン「MS-TW1」がバッテリー内蔵ケース付き…

PC周辺機器やオーディオ機器の輸入、販売等を手掛けるエム・エス・シーは、同社が展開するオーディオブランドM-…

Tokio_03 / 3362 view

関連するキーワード