クラウドサービス

今や、データ保存や受け渡し、共有の常識とも言えるクラウドサービス。
DropBoxやOneDriveなどなどさまざまな種類のクラウドサービスが存在していますが、実際どれを使えばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?
そんな人のために、オススメのクラウドサービスをご紹介していきます!

今さら聞けない!クラウドサービスってどういうものなの?

クラウドサービス イメージ

もはや当たり前のように使われている「クラウドサービス」という言葉。
多くの方はどういったものなのか知っているかもしれませんが、中にはどういう理屈でデータが保存されているのかわからないという方もいるのではないでしょうか。
そんな方のために簡単にクラウドサービスについておさらいし行きましょう。

「クラウドサービス」とは、通常、利用者が自分のコンピュータで利用していたデータやソフトウェアを、ネットワーク経由でサーバに保存するなどのことを、サービスとして利用者に提供するものです。

自分のコンピュータの中に保存するのではなく、インターネットなどのネットワークを通じて、クラウドサービスを提供する会社のサーバコンピュータに、データの保存を行うということです。

手元に保存するのではなく、信頼性の高いサービス会社に保存して、そこにログインすることで別のコンピュータでもデータにアクセスできるようになるのです。

Microsoft提供の大定番クラウドサービス「OneDrive」

OneDrive

最も有名なパソコンのOSであるWindowsを提供するMicrosoftのクラウドサービス「OneDrive」
クラウドサービスの定番とも言えるサービスです。

世界で最も普及しているOSのWindowsを作ったMicrosoftですから、このOneDriveの信頼性も高いものとなっています。

無料で15GBの容量が提供されており、その容量内で自由にファイルのやり取りが出来ます。
また、容量を増加する有料オプションもあり、必要に応じて容量を増やす際に利用しましょう。

OneDriveのいいところは、Windowsと簡単に連携できるところにあります。
わざわざブラウザや専用アプリケーションを開くことなく、エクスプローラにOneDriveへのフォルダが追加されて、いつものフォルダ管理と同じように、クラウドサービスを使うことが出来るのです。

さらに、OneDriveに保存されたWord・Excel・PowerPointのファイルは、同じくMicrosoftのサービスであるMicrosoft Office Onlineでブラウザ上で編集や保存が出来るのです!

出先の端末にMicrosoft Officeソフトが存在しなくても、OneDriveであれば、大丈夫!製品版のMicrosoft Officeより機能面で制限はありますが、簡単な編集などには十分な機能を備えています。

普段のデータ保存だけでなく、ビジネスでの利用にも十分な機能を持っているので、まさに最高のクラウドサービスといえるのではないでしょうか。

クラウドサービスといえばこれ!!スマホでもPCでも「Dropbox」

Dropbox

クラウドサービスといえばまず思い浮かぶのがこの「Dropbox」なのではないでしょうか?

iPhoneをはじめとするスマートフォンの登場で、クラウドサービスが一気に盛り上がりを見せた頃、一際大きな盛り上がりを見せたのが「Dropbox」です。PCからDropboxに保存したデータをスマートフォンアプリで簡単に閲覧出来たり、逆にスマートフォンから保存したデータをPCで閲覧できたり、スマホとPCでのデータやりとりを簡単に行えるようになりました。

このDropboxは、本当に数多くのアプリと連携されており、写真からWordやExcel、果てはWEBサイトのデータまで簡単に共有でき、さまざまな端末からアクセスすることが出来ます。

また、Dropboxでは閲覧者を復数指定して共有することもできるので、会社などのグループ内でのデータのやり取りがとても簡単に行なえ、プロジェクトの進行がスムーズになることでしょう。

無料で2GBと初期容量は少ないですが、友人知人を招待すると最大で16GBまで無料で増加させることが出来ます。
また、有料での増加も可能です。

IT業界の雄であるGoogleが提供する「Google Drive」

Google Drive

検索サイトから大きな成長を見せて、今やIT、インターネット業界の雄であるGoogleが提供するのが「Google Drive」です。

インターネットサービスの中でもっとも大きな力を持つGoogleが提供するクラウドサービスですから、その信頼性は高いものです。

無料で15GBの容量が提供されており、Gmailで受信したファイルもGoogleDriveに共有することも出来ます。

また、GoogleDriveに保存したOfficeファイルは、Googleドキュメントを使うことでブラウザ上で編集することも出来ます。

さらに、共有用にファイルを作成することが出来、特定のURLでそのファイルにアクセスすることで復数人で編集を行えるのです。

このGoogleDriveをはじめ、GmailなどさまざまなGoogleのインターネットサービスと連携することが出来、保存したファイルを様々な用途で利用することが出来るでしょう。

Appleが提供するiPhoneとの親和性の高いクラウドサービス「iCloud」

iCloud

クラウドサービスといえば、PC間だけでなくスマートフォンともデータをやり取りすることが多いと思います。

会社で作ったファイルを出先で、スマートフォンを使ってちょっとだけ編集したり、相手から送られてきたファイルを確認したり……などクラウドサービスでスマートフォンが活用される場面はさまざまです。

その中で、スマートフォンの中で大きなシェアを持っているiPhoneとの親和性が高いクラウドサービスをAppleが提供しています。
それが「iCloud」です。

iPhone上の写真やメモ、書類だけでなく、連絡帳などもまとめてiCloudに共有することが出来ます。
Windowsにも対応しており、PC上でiPhoneと同じようにファイル管理できるので、スマートフォンとPCの両方で違和感を持つことはないでしょう。

iPhoneのバックアップに使っているという方は多いかもしれませんが、これを機にその利用の幅を広げてみてもいいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

未来の通貨?ビットコインで使えるオススメウォレットアプリ

最近じわじわと利用者が増えている仮想通貨「ビットコイン」。Suicaなどの電子マネーと違って実際に紙幣やコイ…

papilio / 3219 view

Wi-Fiがなくても大丈夫!オフラインでも使える翻訳アプリ

海外旅行中に発生する問題といえば言葉の壁です。携帯でアプリを使えばOKと思いがちですが、電波が通じないエリア…

sunsun / 21828 view

自分好みにカスタマイズ!iPhoneでもキーボードアプリが使えるように!

iPhoneでもサードパーティ製のキーボードアプリが使えるようになって随分経ちましたが、まだデフォルトのキー…

gadgetman / 3796 view

たくさんありすぎ!Androidスケジュールアプリは何を使ってる?

なにかと大変なスケジュール管理も、アプリを活用すればサクサクできちゃう!今回は、Android向けのおすすめ…

papilio / 5945 view

【PR】Casetify(ケースティファイ)からファッション アプリ Chicmoj…

iMessageのステッカーやスマホケースにまで幅広く活躍する、オリジナル ファッション イラストメーカーC…

Casetify Japan / 1493 view

iOS10の新機能まとめ

2016年9月14日に最新の「iOS10」がリリースされましたが、もうアップデートはしましたか?今回は便利に…

sunsun / 2446 view

備えあれば憂いなし!災害時にが役立つAndroidスマートフォンアプリ、避難マップか…

3.11の大震災から4年、さまざま災害に見舞われることが多い日本。 台風や大雨、地震、噴火などなど予想できな…

gadgetman / 3751 view

春の悩み!花粉対策に使えるスマホアプリ5選

春の季節になると悩む人が多くなるのが「花粉症」です。くしゃみや鼻水が止まらず辛いですよね。花粉症はアプリを使…

kira / 1752 view

無料で漫画が読み放題!マンガボックスだけじゃない!オススメのスマホ漫画アプリ5選

スマートフォンで漫画を読むのってもはや当たり前のように行われています。無料で読むことができるアプリも多くあり…

pointow / 3942 view

アプリで運賃が分かる!タクシー事前運賃確定サービスの実証実験 全国タクシーアプリ

専用アプリを使用することで、予め必要な運賃が分かるサービスの社会実験が8/7(月)から始まりました。

むみょう / 3939 view

関連するキーワード