iOS9.1リリース!!

2015年10月22日未明、AppleはiOS9.1をリリースしました。
iOS9になってから3度目のアップデートになります。
iOS9.0.2での不具合やバグなどの修正、新たな機能の追加などが行われます。

詳しいアップデート情報については、「設定>一般>ソフトウェアアップデート」の「詳しい情報」から確認できます。

どこが変わるの!?変更点、改善点について

iOS9.1 新機能 機能改善 バグの修正

何がどう変わるのか、「詳しい情報」の欄を見てもいまいちピンと来ない人もいるかもしれません。
少し突っ込んで解説していきましょう。

主な変更点としてあげられるは下記になります。

Live Photosで、iPhoneを上げたり下げたりしたときの録画を自動回避するため、それらの動きをインテリジェントに感知する機能を追加
Unicode 7.0および8.0の絵文字に完全対応した、150以上の新しい絵文字
などなど

iPhone6Sシリーズから登場したLive Photosにおいて、iPhoneを上下した時の動きを感知して、録画を制御するように修正されました。
どういうことかというと、Live Photosで撮影した時に撮影後iPhoneを下ろしたときに録画をやめることで、撮影前後数秒を録画しているLive Photosで余計な部分を録画せずに済むようになります。

iOS9 新しい絵文字

もう一つの主な変更点は新しい絵文字の登場です。
Unicode7.0、8.0という端末上で絵文字などを表示させるためのプログラムに完全対応した150以上の絵文字が追加されました。
これにより、メールやSNSでの表現の幅が大きく広がることでしょう。

どうやってアップデートするの?アップデート方法について

iOS アップデート画面

新しいiOS9.1がリリースされて何が変更されたのかわかったけど、アップデートする方法がわからない!
という方も少なからずいるのではないでしょうか?
また、パソコンが必要なんじゃないの?と思っている方もいるかもしれません。

ご安心ください!
iPhoneはパソコンがなくてもアップデートが簡単に可能です!
「Over The Air」、通称OTAと呼ばれる方法です。

方法は至って簡単です。
「設定>一般>ソフトウェアアップデート」からアップデートが可能です。
ダウンロードしてインストール、もしくはインストールとなっているかと思います。
インストールだけになっているのは、すでにアップデートに必要なデータがダウンロードされているということです。
そちらをタップしていただいて、あとは指示に従って進めていけばアップデートが開始されます。

注意点として、アップデート中に電池切れが起きてしまわないように十分に充電をするか充電器に接続した状態でアップデートを行うこと、さらにアップデート中の不慮の事態によってデータが破損してしまうなども考え、アップデート前にバックアップを取ることです。
そうすることで、何か合った場合でもアップデート前の状態に戻すことができます。

アップデート中は操作ができない!どれくらいかかるの?

iOS 時計 アイコン

これまでのことを注意してアップデートを行いますが、アップデート中は基本的にiPhoneを操作することはできません。
つまり電話をかけたりメールを送信したりネットを見たりできないのです。
なので、アップデートを行う場合はそういった操作が少しの間、必要が無い時に行いましょう。

とはいえ、そう長く操作できないとこちらとしても困ってしまいます。
では、どのくらいの時間でアップデートが終わるのか、ご解説します。

まず、アップデートに必要なデータをダウンロードする必要があります。
これを行っている間は操作可能です。
回線の混雑具合によりますが、Wi-Fiなら5分程度、LTEなどでは10分以上かかることでしょう。
さらにそこから、アップデートに必要なデータをインストールするのにだいたい10分程度かかります。この間は、操作をすることができません。

早くて15分程度かかると考えて、アップデートを行いましょう。

完全にバグがなくなるわけではない。

スマートフォン、パソコンなどのアップデートにおいては常に気をつけなければならないことですが、残念ながらアップデートをしたからといって全てのバグがなくなるわけはありません。
Appleが対処したバグに関しては改善されますが、対処していない部分は改善されませんし、アップデートにより新たなバグが発生してしまうといったことは少なくありません。
また、アプリの方が対応しきれていない場合も有り得ます。

さらに、SNSなどで「ソフトウェアアップデートしたら防水対応した!」など物理的にありえない情報を流して楽しんでいる人たちもいますので、アップデートに関する情報は、しっかりと公式に発表されたものを確認して行いましょう。
アップデート情報は前述したように端末の方に直接送られてきているので、そちらで確認しましょう。

これらのことを踏まえ、しっかりとバックアップを取るなどの前準備をした上で、ソフトウェアアップデートを行いましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

YouTubeをバックグラウンドで再生する方法まとめ(iPhone編)

iPhoneでYouTubeを再生しながら同時に他の操作もしたいと思ったことはありませんか?「同時に2つのこ…

mashroomcat / 353 view

疎い人でもわかる!実際iPhone6からiPhone6Sって何がどう変わったのか?

9/9のアップルの新作発表会も無事終わり、ある程度の情報が解禁されたであろうiPhone6ですが、一体何が変…

ガジェット王子 ジンパチ / 3222 view

スピーカーを変えるだけでスマホの楽しみ方が変わる!

こんなことも楽しめちゃう!?変わり種のスマートフォン向けスピーカー・ベスト3をご紹介します!これがあれば、皆…

yumei0193 / 902 view

「Spotify」と「Apple Music」「LineMUSIC」の違いを検証

2015年頃から続々と登場しだした定額制音楽配信サービス。日本の会社ばかりが参入していたこの市場に2016年…

mashroomcat / 283 view

安いだけじゃない?メーカーが工夫を凝らす格安スマホのメリットとは

格安スマホは料金が安いだけがメリットだと思っていませんか?料金が安いのは最大のメリットですが、それ以外にもメ…

takataka / 334 view

諦めないで!iPhone・iPadでFlash動画を見る方法とは?

iPhone/iPadのちょっと残念なところ…それは「Flash動画が見られないところ」ですね。今回はなぜi…

papilio / 4147 view

作業効率アップの裏技!iPadをMacのデュアルモニターとして使ってみよう

仕事の効率化を図る上で、パソコンのデュアルモニター化は必須となっています。実は、iPadをMacのデュアルモ…

pointow / 1118 view

これは便利!iPhone6sの3Dタッチで画面をトラックパッド化してみる

iPhone6sの3D Touchを活用してメモアプリで自由にカーソル移動を試して見た

ガジェットメディア編集部 / 1197 view

今や腕から健康を知る時代!健康が気になる人向けのウェアラブルガジェットとは?

私たちが自身の健康状態を知るためには、病院で健康診断を行ったり、毎日体重計に乗って日々の変化をメモしたり………

nao吉 / 1519 view

2015年今使えるCarPlay対応のカーナビまとめ

AppleのCarPlayを今使えるナビを一挙ご紹介!

ガジェットメディア編集部 / 18393 view

関連するキーワード