ついに発売、iPhone6S!その性能は如何に!?

iPhone6S

iPhone6S

2015年9月、ついに新作iPhoneのiPhone6Sが発売されました。
Appleでは、ナンバリング(iPhone4、5、6)の次に、いつもそれらに「S」をつけた端末を発売しています。
サイズや見た目は殆ど変わらず、内部のスペックやOSを向上させたいわゆるマイナーチェンジをしています。
しかし、マイナーチェンジとは言え、スペックは大幅にアップしており、最新機種であることに変わりありません。
iPhone6Sでも、3DTouch・最新CPUのApple A9・カメラ画素数1200万画素と言った素晴らしいスペックアップを行っています。
今回はその中で注目度の高い「カメラ」の性能について解明していきたいと思います。

見た目は同じだけどどこが変わったの?

iPhone6s iPhone6S Plus 4色

iPhone6s iPhone6S Plus 4色

スペックアップしたと言われても、見た目はほぼ変わっていませんから、「どこがどう変わったの?」と思う方もいるかもしれません。

一番の変化は、感圧タッチに対応した「3DTouch」の登場です。
今まで、iPhoneは強く押そうが弱く押そうがその反応に違いはありませんでした。しかし、この3DTouchの登場で強く押した時と弱く押した時の反応を別々に設定できるのです。

さらに、カメラも大幅に性能アップしており、800万画素だったのが1200万画素にアップ、4K画質での動画撮影にも対応しました。また、先ほどの3DTouchと連携したLivePhotoという機能も搭載されました。

スマホの頭脳とも言えるCPUもApple A9という最新のものにすることで、従来のA8から70%もの能力が向上しました。より快適にスムーズに操作できます。

1200万画素!4K動画撮影!大幅にパワーアップしたカメラ

iPhone6S カメラ

iPhone6S カメラ

これだけの性能アップを果たしたiPhone6S。
その中で、特に進化を遂げたカメラについて詳しく解明していきましょう。

iPhone6までのiSightカメラ(背面カメラ)は、iPhone4S以降800万画素のままでした。しかし、iPhone6Sではついに画素数を1200万画素にアップさせました。写真の美しさは画素数だけではありませんが、画素数が多いことに越したことはありませんので、この性能向上でより美しい写真を撮ることが可能になりました。
また、向上したのは画素数だけではなく、撮影後の内部処理も改善されています。ノイズの減少やコントラストの調整が最適化され、画素数の向上以上の綺麗さを体感できることでしょう。

もう一つ、最大の進化ポイントがあります。
「4K画質での動画撮影」です。
「4K」といえば、テレビやディスプレイ業界で今盛り上がりを見せています。フルHD画質の4倍の画素数で、圧倒的な美しさを持ちます。今でこそ、デジタルビデオカメラなどで撮影できるものもありますが、スマホで対応している機種はまだまだ少ないです。細部まで綺麗に撮影できますので、大きなディスプレイで再生しても見劣りしません。

このように、今までのカメラとは比べ物にならないレベルで進化したiPhone6Sのカメラ。美しい写真を撮るためにはぜひとも体験したいですね。

具体的にどれだけ綺麗になったの?

低光量撮影

低光量撮影

左からiPhone、iPhone3G、iPhone3GS、iPhone4、iPhone4S、iPhone5、iPhone5S、iPhone6、iPhone6Sになります。

iPhoneのカメラはシリーズを通してレンズF値が向上していますが、iPhone 6sに搭載されているカメラのレンズF値はiPhone 6と変わらず2.2となっています。iPhone 6で撮影した画像の方が明るいものの、コントラストやノイズと行った部分ではiPhone 6sに軍配。

細部までノイズを少なく綺麗に撮影出来ています。

言葉でズラズラと説明しても、いまいちピンと来ない方もいるかと思います。
そこで、歴代iPhoneで同じ写真を撮って比べてみましょう。

上の画像を見ると一目瞭然かと思います。
初代から4まではもちろんのこと、画素数が800万画素で続いていた4Sから6までと比べてもその綺麗さが伺えます。

ノイズの減少によってより鮮明な写真を撮ることができますので、iPhone上やPC上だけでなく、印刷した時もその美しさは保たれます。

「Live Photo」で撮影タイミングを逃さない!

iPhone カメラ操作画面 Live Photo

iPhone カメラ操作画面 Live Photo

横向きの場合の左側、縦向きの場合の上側にある三重丸ボタンがLive Photoです。

iPhone6Sで進化したのは画質だけではありません。
新しく搭載された3DTouchを活用した撮影機能「Live Photo」が登場しました。

「Live Photo」は、シャッターを切る前後の約1.5秒ずつを動画として保存する機能です。もちろん、音声も保存されます。
撮影の瞬間をより豊かに臨場感あふれるものにする新感覚の撮影機能と言えるでしょう。
タイミングよく撮影したと思ったら、ほんの少しのタイミングがズレて逃してしまったなんてことは多々あると思いますが、これを使えば、その心配もありません!
さらに、Live Photoのすごいところは、それで撮影したものをそのまま待ち受け画面に設定できることです。
Lixe Photoで撮影したものを動くロック画面として登録でき、ロック画面
を強く押すことで再生されます。

この機能を使えば、決定的瞬間を撮影するときに一番いいタイミングを残すことが出来ます。

まとめ

ついに発売したiPhone6S。
様々なバージョンアップが施されましたが、最大の進化ポイントであるカメラは、このように圧倒的進化を遂げています。
今や、スマホで写真を撮るのは当たり前ですから、iPhoneユーザにとってこのバージョンアップは大変嬉しいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

便利だけど要注意!ApplePayを定期券として使う方法と注意点

スマートフォンシェア1位のiPhoneで、注目のサービスとしてApplePayがスタートしました。これで、つ…

pointow / 10934 view

ほしい!!iPhoneを使いやすくしてくれる便利なケース&アクセサリー!!

日本のスマートフォン業界でもっともシャアを持っているのは依然としてiPhoneです。 そんな多くの方が持って…

ガジェットム / 4681 view

写真が動く!?iPhone7「Live Photos(ライブフォト)」の撮影方法と使…

iPhone7に搭載されている「動く写真」のLive Photos(ライブフォト)、もう使っていますか?今回…

sunsun / 1685 view

「Spotify」と「Apple Music」「LineMUSIC」の違いを検証

2015年頃から続々と登場しだした定額制音楽配信サービス。日本の会社ばかりが参入していたこの市場に2016年…

mashroomcat / 1469 view

SIMフリー版iPhoneを購入する5つの方法

iPhoneがSIMフリーだと、電話回線会社を自由に選ぶことができ、通信料を抑えることができます。今回は、S…

sunsun / 669 view

マモリーノ ウォッチとは?ママ達が支持するキッズウォッチの人気の秘密は

国内では初めてとなる通話可能な時計型端末「マモリーノ ウォッチ」がついに登場!離れて過ごす子どもの安全も、こ…

papilio / 3191 view

カードも小銭も収納できる!人気のiPhone7/7Plus用手帳型ケースまとめ

スマートフォン自体のデザイン性って正直あまり代わり映えが無いですよね!もちろん斬新なデザインのものも多いので…

pointow / 868 view

クックパッドのプレミアム会員は無料会員とこんなに違う!

料理レシピの投稿・検索サービスを中心に、毎日の料理を楽しくするサービスを提供しているクックパッドのプレミアム…

sayaka / 1167 view

スマートフォンで大事なアクセサリー!どんなスマホでも対応可能のおしゃれで可愛いマルチ…

スマホを持つ楽しみの一つが可愛いアクセサリー。中でも大事なのはケースです。種類を問わないマルチケースのキュー…

cocotan / 2796 view

作業効率アップの裏技!iPadをMacのデュアルモニターとして使ってみよう

仕事の効率化を図る上で、パソコンのデュアルモニター化は必須となっています。実は、iPadをMacのデュアルモ…

pointow / 1775 view

関連するキーワード